縁側の 「逆風って気持ちいい!」

 縁側です、よろしく。首里城周辺をうろついております(^^♪ 言いたい放題させていただくブログです。酒飲みで常識もへったくれもない、常軌を逸した者が綴るブログですから、ムキにならずにお読みください。 ご意見やご批判などはこちら→samy_0363@ezweb.ne.jp

カテゴリ: 雑感


 慰安婦の件で日韓が合意したのは、一昨年暮れ。一年半経過しても、その履行に難色を示す哀れな国、大韓民国こと、南朝鮮(悪意あり(-_-))

 韓国外交部のトップが有力視されている康京和女史。その康女史がこう言っている。

  
     平成29年6月7日付聯合ニュースより引用

  慰安婦合意 「多くの疑問感じた」=韓国外相候補

  ソウル聯合ニュース】韓国の外交部長官候補に指名されている康京和(カン・ギョンファ)元国連事務総長特別補佐官は7日、国会での人事聴聞会で、旧日本軍の慰安婦問題を巡る2015年の日本との合意について、「国連で人権を6年間担当した立場から、合意が出た際、非常に疑問を感じる部分が多くあった」と述べた。

  康氏は「被害者中心のアプローチで引き出した合意なのか、過去の歴史の教訓として残る部分をしっかり受け入れたものなのかについて疑問点が多かった」として、「大多数の国民が合意を情緒的に受け入れられない状況になった」との認識を示した。

 康氏は国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)の副代表などを務めた。

 ただ、康氏は「合意が存在していることも一つの現実であり、合意は守らなければならないというのが国際社会の慣行」として、両国の間ですでに合意が締結されている状況についても言及した。

 慰安婦問題の解決策に関しては、「前に進められる全ての方策を検討できる」として、「被害者はもちろん、団体、政府や国民、(国会)議員の知恵を集めなければならない」との見解を示した。その上で、「究極的に日本の誠意ある措置、被害者の心に寄り添う措置がなければならないと考え、そういう方向で積極的に努力したい」と強調した。

 また、「外交部の不十分なところについても長官になれば詳しく検討してみる」として、「責任を追及する部分があれば追及する」と述べた。

 康氏は2日、慰安婦被害者が共同生活を送る施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)を訪れ、慰安婦被害者らに面会した。聴聞会には同施設でもらったというバッジをつけて出席した。(引用おわり)



   誰がやっても同じですよ。だって朝鮮人なんだもの。あの民族は反省しない、非を認めない、謝らない、暴力を容認する、男尊女卑、中身はなくとも肥大化したプライドだけは前に出す、見栄っ張り、本音と建て前がありすぎる、世間を「上下」と「敵味方」でしか見ないなどなど、いえばいくらでも出てきそうです。あと、ウンコと酒を混ぜたものを「薬」だと言い張る・・・・。


  この国連の人権屋出身の女史はこんなことを言っている。


  >「国連で人権を6年間担当した立場から、合意が出た際、非常に疑問を感じる部分が多くあった」と述べた。


   :はははは、おいおい、6年間も人権を飯のタネにしといて、ライダイハンの問題は無視してきたのかよ、とんだ人権屋ですこと(-_-)/~~~ピシー!ピシー!


  >「被害者中心のアプローチで引き出した合意なのか、過去の歴史の教訓として残る部分をしっかり受け入れたものなのかについて疑問点が多かった」として、「大多数の国民が合意を情緒的に受け入れられない状況になった」との認識を示した。


   :ほらね、誰がやっても同じだということは、このコメントからわかる。つまり、「韓国人が納得する合意ではなかった。だから、私は国民の皆様の溜飲をさげるためにも日本に謝罪させてみせる!でも、地球人はなぜか《それは、韓国がおかしい!》と言うのよね」(^.^)


  >「合意が存在していることも一つの現実であり、合意は守らなければならないというのが国際社会の慣行」として、両国の間ですでに合意が締結されている状況についても言及した。


   :何にもできなかったときの言い訳を前もって準備するあたり、朝鮮人らしい女である。


  >慰安婦問題の解決策に関しては、「前に進められる全ての方策を検討できる」として、「被害者はもちろん、団体、政府や国民、(国会)議員の知恵を集めなければならない」との見解を示した。その上で、「究極的に日本の誠意ある措置、被害者の心に寄り添う措置がなければならないと考え、そういう方向で積極的に努力したい」と強調した。


  :これ何が言いたいかわかりますか?そうです。「日本が悪いのだから、日本がこの問題を解決するために努力しなければならない!」と言ってるにすぎません。無視で結構だな。


  >「外交部の不十分なところについても長官になれば詳しく検討してみる」として、「責任を追及する部分があれば追及する」と述べた。


  :これも翻訳すれば、日本の親韓派国会議員に裏から手を回すとか、マネートラップ・ハニートラップは使ったのか?日本のマスコミを利用したのか?そこを追及したい」まぁ、こんな訳でいいだろう。


  結局、朝鮮人には、条約とか国家間の合意なんて高尚なことはできないんだよ。殺戮と謀略、どうやってだまくらかすかということに躍起になる連中なんですよ。


  北朝鮮問題で、「THAAD」(高高度防衛ミサイル)で、また米国を怒らせた模様。守ってもらっておきながら、こいつらほんとに上から下まで脳みそついてるんか?という状態(-_-)/~~~ピシー!ピシー!


  実は、韓国軍内でクーデター計画が持ち上がっているかもしれんぞ。青瓦台のやり方に不満を持つ軍人が暴発するかもしれんということだ。


        http://news.livedoor.com/article/detail/13175622/



  米国が逃げ出したら、日本も早々に断交したほうがよい。


  


  縁側が2日にヘイトスピーチについてエントリーしたら早速琉球新報が社説で恐ろしいことを・・・。

  平成29年6月4日付琉球新報電子版より引用

     《社説》 ヘイト対策法1年 包括的な法整備の検討を

  ヘイトスピーチ(憎悪表現)対策法の施行から1年を迎えた。警察庁によると、差別をあおるなどの右派系市民グループによるデモは、昨年6月3日の施行から今年4月末までに35件を確認し、前年同期の61件からおよそ半数近くに減った。一定の効果が出ているとも映るが、デモは続いている。対策法の限界を指摘する声もあり、さまざまな施策を進める必要がある。
 対策法は国外出身者とその子孫への差別を助長する著しい侮辱などを「不当な差別的言動」と定義し「許されない」と宣言した。国や自治体に相談体制の整備や教育、啓発を実施するよう求めている。ただし憲法が保障する表現の自由を侵害する恐れがあるとして、禁止規定や罰則はもうけられていない。
 法務省は自治体に対して「○○人は殺せ」「祖国へ帰れ」などの文言や、人をゴキブリなどに例える言動をヘイトスピーチの具体例として提示している。ところがデモをする側が対策法に認定されないよう文言を変えている。
 福岡市の街頭宣伝ではプラカードの書き込みを「朝鮮人死ね」ではなく「朝鮮死ね」に変えたり、叫ぶ言葉も「日本海にたたき込め」ではなく「日本海に入ってください」に変えたりしている。憎悪表現による攻撃をしていることに変わりない。法逃れだけ進んで、こうした街宣が続くとしたら、標的にされる人々はこれからも傷つき、恐怖を抱き続けるだろう。
 一部の自治体では抑止条例制定の動きがみられる。公的施設でのヘイト禁止を明記するなどの対策に乗り出すところもある。その一方で、ほとんどの自治体は対策法で努力義務となっている相談窓口の整備を既存の制度活用にとどめている。対策が進んでいるとは言い難い。
 法務省によると、2016年に全国の法務局が救済手続きを始めたインターネット上の人権侵害は1909件(前年比10%増)で、過去最多となった。デモは半減したが、ネット空間での差別が横行している状況を放置するわけにはいかない。
 沖縄では米軍基地建設に反対する人々に対して、ヘイトスピーチとしか言いようがない攻撃も相次いでいる。米軍北部訓練場のヘリパッド建設現場では大阪府の機動隊員が反対運動をしている市民に「土人」と発言した。
 東京のローカルテレビ局の東京メトロポリタンテレビジョンはヘリパッド建設に反対する市民を「テロリスト」に例える番組を放映した。
 デモやネットだけでなく、公共放送や警察官までもがヘイトスピーチに手を染めている。極めて深刻な状況だ。
 対策法施行から1年がたち、課題も見えてきた。民族、出自、障がいなど全ての差別を網羅する差別禁止法制定の必要性を指摘する声もある。包括的な法整備の検討も含め、今後議論を深めたい。(引用おわり)

    やはり、マスコミはこのようなことを言い出すんだよ。ちなみに2日にエントリーしたのはこちら

  >法務省は自治体に対して「○○人は殺せ」「祖国へ帰れ」などの文言や、人をゴキブリなどに例える言動をヘイトスピーチの具体例として提示している。

   :テロ等準備罪の審議では、やれ花見の場合はとか、ピアノ教室がどーだと、くだらない質問をしてた連中が、このヘイト法に関してはまったく議論していない。超党派で提出したものだからということなんだろう。自民の西田昌司と民進の百田潰しの有田らが出したもんだ。それは覚えておこう。ここで言ってる「〇〇人は殺せ」はまぁ誰でも耳障りでしょうが、無視してたら自然にやめてくはずなんだけどね。反対する団体が出てきたから騒ぎになるんだよ。それはそうと、「ゴキブリ」呼ばわりはダメか?そりゃゴキブリがかわいそうだよ。また「祖国へ帰れ」もダメ?なんででしょう? ね!、だからこんな法律は恐ろしいんだよ。

  
 >福岡市の街頭宣伝ではプラカードの書き込みを「朝鮮人死ね」ではなく「朝鮮死ね」に変えたり、叫ぶ言葉も「日本海にたたき込め」ではなく「日本海に入ってください」に変えたりしている。憎悪表現による攻撃をしていることに変わりない。

   :ほら、街頭デモやる連中も、いろいろ考えて表現を変えても、マスコミが「ヘイトだ~!」と言えばヘイトになっちゃうんだよ。どんどん、ソフトな言い回しに変えても「ヘイトだ!」の一言でアウトになる。最初からわかってたことなんだよ。もう遅いけどね。

 
 >沖縄では米軍基地建設に反対する人々に対して、ヘイトスピーチとしか言いようがない攻撃も相次いでいる。米軍北部訓練場のヘリパッド建設現場では大阪府の機動隊員が反対運動をしている市民に「土人」と発言した。

   :ほら、こんなことまでヘイト法の適用内だと言ってるよ。人間というのは、瞬間的な怒りで自分で自覚してない悪口が飛び出す場合もあるんだよ。それをヘイトだ!といわれたら、生活は委縮、不自由感バリバリでしょう。でももう遅いな。

 >東京のローカルテレビ局の東京メトロポリタンテレビジョンはヘリパッド建設に反対する市民を「テロリスト」に例える番組を放映した。
 デモやネットだけでなく、公共放送や警察官までもがヘイトスピーチに手を染めている。極めて深刻な状況だ。

   :これ「ニュース女子」のことだな。テロリストをテロリストと呼んでもヘイトになるらしい。なんという悪法だよ。公共放送や警察官もヘイトスピーチって、テロリスト可愛さから言ってるとしても言いすぎだよ。キミたちはテロリストを庇うどころか英雄にしてるんですが・・・。新聞を購読してるじーさん、ばーさんは騙せても、ネットの世界はキミたちのように朝刊だけで済む甘い世界ではない。いつの日か後悔する日がくるぞ。

 >対策法施行から1年がたち、課題も見えてきた。民族、出自、障がいなど全ての差別を網羅する差別禁止法制定の必要性を指摘する声もある。包括的な法整備の検討も含め、今後議論を深めたい。

  :ほらこれだよ。これがあるから怖いんだよ。必ず改正法案が出てくると言ったよな。もう琉球新報が言い出した。大手の新聞社が言い出し、テレビが悪意の報道をすれば改正案作って罰則規定設けて、「外国人擁護の日本人狩り」という恐ろしい法律ができるんだぞ。テロ等準備罪なんて一般市民には関係ないが、このヘイト法はいくらでも改正して乱用できるんだよ。当然デモなども事前検閲されるぞ。外国人はこの法律の外にいるので、辛淑玉みたいな外国人は網にかからない。

  何度もいうようだけど、この法律は日本人だけをターゲットにした法律ですからね。それに罰則規定なんか設けられてみ?外国人と言い合いになり、日本人が外国人に対し「本国に帰れ!」と言った瞬間ヘイト!で逮捕と。

 こんな恐ろしい法律が国会で全会一致ですよ。イヤな時代の到来かもしれんぞ。とにかくこの法律を改正なんて話がでたら潰さなきゃならない。これこそ現代の治安維持法になる。ん?違うな。外国人といってもほぼ朝鮮人が対象ですから、「現代の生類憐みの令」がより正確か?(-。-)y-゜゜゜




  縁側はあまり好きではない百田尚樹氏が一橋大での講演会を中止に追い込まれたようです。

 左翼団体と反日団体による妨害活動が原因だという。反日団体には朝鮮人という地球外生命体も関わっているようですね。

  国立文系学部では最高峰といえる一橋大の純粋な若人ですから、左翼学生やら、反日朝鮮人がワーワーすれば恐怖に固まってしまうのは当然でしょう。反対する活動家を一人ずつ毎夜毎夜襲って多摩川に沈めるという計画などは縁側のような下等下劣で下品な者しか思いつかないのでしょうね。優等生だからな・・・。

 まぁ、民民の反対活動であれば、言論封殺だなんだとは言わないのでしょうが、これに国会議員が加わっていたとしたら話は違うぞ。

  ネットで見る限りにおいては、民進党の有田議員が、百田講演会潰しに前々から参画してるのは明白。原口議員が国会議員も関わってる旨のツィートをしたら、「俺のことか?」と同僚議員である原口氏に食って掛かるしまつ。てめーで白状してどーするよ、バカ議員!

  しかしこれは捨て置けない。仮にも国会議員の資質のない有田でもいちおう国会議員です。三権の一役を担う者です。つまり国家権力の一部に属する者が民間人の講演会を裏から表から妨害したとなると、これは完全に言論封殺となり、憲法が保障する言論の自由に完璧に抵触します。

  この問題は、うやむやにせず、国会で取り上げるべきであり、議員辞職を視野に入れて追及しなければならない。このような、傲慢不遜の輩が国会議員であるなど日本国の恥である。それと、朝鮮系の連中とも連携しているというから、そのあたりも追及する必要があるでしょう。

  とにかく、有田のような何が何でも日本たたきをしたがる国会議員には厳正な態度で臨んでいただきたい。

  この男を国会に関わらせることが、いかに恥ずかしいことか認識するべきでしょう。最低の男有田、しばき隊の後見人有田、朝鮮人の代弁者有田、何一つ日本の国益のために働かない国会議員有田。ヘイトスピーチ対策法を自民の西田と協同で成立させた有田、さっさと永田町から追い出しましょう。

  何度も言いますが、これは簡単に済む話ではありません。権力側が民間人の講演会という言論を封殺したのです。絶対に許してはいけません。

  もちろん、護憲派と呼ばれるひとたちは、有田を許さないでしょう・・・(-。-)y-゜゜゜

  なにしろ護憲派ですから。日ごろから言論弾圧を許すな~~!憲法を守れ~~!と主張なさっておられるわけですからね。我が日本共産党などは率先して有田に辞職勧告しなきゃならないでしょう。もちろん民進党も党籍はく奪くらいはしなくては示しががつかないでしょう。二重三重国籍で揺れる代表も、隠れ蓑になるはずですから、手を抜かずにね!

  最後に、なんで百田さん嫌いかというと、関西芸人ののりが嫌いだから(-。-)y-゜゜゜


  縁側は格闘技が好きです。子供にも小さい頃から柔道や相撲などを奨励していました。息子など今でも総合格闘技の試合に出てたりしてます。

  縁側が子供の頃に憧れた格闘家といえば故大山倍達氏。極真空手の創始者ですね。「ゴッドハンド」の異名を持ち、素手で猛牛を倒した男・・・。格闘技好きの少年が憧れを抱くのは当然でしょう。

  兄も格闘技が好きだったので、「空手バカ一代」のコミック本を全巻揃えてましたので、縁側はむさぼるように読みふけっておりました。何巻の何ページは何のシーンと記憶できるほどでした。夢中だったんですね。

  大山氏関連の著作も多数あり、それも読んでいました。わからない漢字はすっ飛ばして読んでたのを覚えています。

  その大山氏の自著に感銘を受けて「俺も極真会に入門するぞ!」と夢を膨らませていた小学生の頃、本のタイトルは忘れましたが、大山氏の書かれた著書の中に違和感を覚える内容が記されていました。

  記憶をたどるとこうです、大山氏は何か雑誌記者のインタビューで、怖いと思ったことはありますか?の問いに「怖いのは飢えです」と答えていた。飢えだけはどうにもならない。というようなことが書かれており、その後に終戦直後、闇市の闇米を食べることを拒否して餓死した判事のことを引き合いに出し、「食ってなんぼ、生きてなんぼ」というようなニュアンスのことが書いてありました。もちろんそれが間違ってるとは思いません。思いませんが、当時完全無欠のヒーロー、最強のヒーローだった大山氏のこの判事に対する見解に疑問を持ったのは事実です。
  ちなみにその判事とはこの人ですhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E8%89%AF%E5%BF%A0 出典ウィキペディア

  
  このことは縁側のアタマから離れず、現在まで引きずっておりますが、私的な言葉としてなら、「闇米だろーがなんだろーが食わなきゃ死んじまう」で全然問題ないでしょう。縁側は間違いなく食ってた。しかし、著書の中で、青少年に向けての言葉である以上(当時若い人に多く読まれていたらしい)、その判事の職責に対する誠実さや、矜持などを称賛するべきではないかと思うのですが、大人になり、在日朝鮮人と付き合うようになった頃に大山氏が韓国人だと聞いたときに合点がいきました。「生きてなんぼ」は大陸の人たちにとっては当たり前のこと。闇米だろうが何だろうが関係ないわけです。

  ここで言いたいことは、判事という仕事をしている以上、闇米は口にしない!と言い切り餓死した人を日本人は立派だと思い、朝鮮人はバカだと思うということです。日本人はこのような立派な人を後の世まで語り伝えたいと思い、朝鮮人はバカな奴がいたと伝えるわけです。著名人で、武道家である者でさえ、著作で「立派な死に様だった」とは言わないわけです。

  そのように思うようになったのは、前にも書きましたが、仕事先の上司の在日朝鮮人と付き合うようになってから。彼ら朝鮮人はとにかく「上下関係」を徹底する。昼飯食いに行くときに少し前を歩いただけで、「おい、俺の前を歩くな!」ですよ(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

  日本人の下で働くのはもちろん嫌ですし、同胞の朝鮮人といっしょでも仲違いは普通のこと。「上下」の上にならなきゃ居心地悪いと考えるのが彼らの性質。それがよくわかるのが「南北分断」。統一なんかしたってすぐ喧嘩して分断ですよ。これは簡単な予言でしょう。

  それから、「のりこえねっと」とかいう反日団体の辛淑玉がなぜ沖縄くんだりまで来てネイティブな沖縄人を洗脳しようとしているかというと、彼女ら朝鮮人は本土日本では差別されてると思ってるらしく、沖縄だと逆に差別する側に回れると思ってるからですよ。朝鮮人と付き合えばそれはすぐに分かる。偏見ではありません。事実です。ちなみに縁側のいた会社では、日本人の事務の女の子が在日のクソ野郎に会社の中で強姦されましたね。翌日そのクソは上司に「辞めます」と電話入れて雲隠れしましたが。こんな話はありすぎて驚きもないはずですよ。

  とにかく在日を悪くいいたいエントリーになりましたが、そのとおりデス(-。-)y-゜゜゜

  だいたい辛淑玉みたいな悪党はね、外国人のくせに自分たち朝鮮人がもっと暮らしやすい環境にするために、日本人が委縮することは大歓迎で、自分たちが外国人だと意識する瞬間がとにかく気に入らないわけです。では帰化すれば?と言われればそれは嫌なわけです。考えてみてくれよ、在日5世とか6世ってなんじゃそりゃ?日本語しかできない外国人だぞ?ド左翼の小林よしのりなどは在日特権など幻想だというが、それは嘘だよ。他の外国人に比べて特別だよ。だから5世6世でも帰化しないんじゃねーの?教育もあるけどな、つまり「日本人にはなるな!」サッカーの李忠成が韓国でいじめられて帰ってきたことは有名な話。そこで日本代表になるためにも日本国籍を取得しなきゃいけないわけですが、親戚が猛反対だったらしい。日本語しかできないのに意味がわかりません。野球でいえば元巨人の新浦。韓国プロ野球に移籍したときものすごいいじめがあったと告白している。同胞なのにね。ほんと悲しい民族だよ。

  日本人が外国に移民して、その国で嫌われ続けてるなんてことはない。皆無です。しかし、朝鮮人は現在進行形で嫌われている。欧米には売春婦が出稼ぎに行って大迷惑、これは廬武鉉政権下で性売買禁止の法律ができたことで、国内で商売できなくなった売春婦が日本や欧米に出稼ぎに出たことで起こっている。韓国政府は知らん顔(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

  在日の人がいくら何を言おうと、素行の悪さが地球規模で拡大しているわけだよ。昔、ロサンゼルスで起きたいわゆる「ロス暴動」だって、原因を作ったのは韓国系(-_-)

  野蛮人が文明に接すると、こうなるの典型でしょう。

  ほんと、申し訳ないが、「いい朝鮮人」に会ったことがないんですよ。すぐキレるくせに、こっちが同じようにキレたら「そんな怒らなくても・・」となる人多し。昔、有楽町を友人三人で歩いてたら、前から入れ墨が見え隠れするヤクザと遭遇。縁側に少しぶつかったので、縁側は「あっ、どーも」と言って通り過ぎたら「おいこら、待て」だよ。友人が「こんなの相手にするな」と言ったもんだから、そのヤクザ怒ったね。「やんのかコラァ」ですよ。友人の一人が空手の達人でして、そいつが、肘をヤクザの胸に当てて「かかってこい」と言ったらそいつ「おい、お前ら仲間だろ?こいつ止めろよ」だ。典型的な朝鮮顔のその人みたいなのって、堅気でもいっしょ。こんなのばっかり、多くの人は関わりたくないですから、「すいません」で済ますわけです。それをいいことに・・。ということですね。
  小林よしのりやその他の、在日に優しい人たちは、彼らに迷惑かけられたことないんだよ。嫌な思いをしたことないんだよね。自民党の西田も同じ、というかあの人は朝鮮人との関係濃い人でしょう。

  何が言いたいのかわからなくなってきました。そろそろ酒がまわってきてます(^.^)

  辛淑玉のような特別永住者の特権をはく奪してくれんかなー。それとせめて犯罪犯したときは、通名禁止にしてくれなきゃ、縁側も逮捕されたときに通名使うぞ。「チチ・ロドリゲス」なんかいいな(^.^)

    それと、格闘技の話で恐縮ですが、大山倍達の神話の嘘やその他日本における格闘技の裏話がもりだくさんの「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」は面白いです。ぜひ読んでください。


 昨日に続き、女系天皇容認を言う連中がいるので一言。

 縁側は皇統に対して無知である。そしてそれは恥ずかしいことではないと思う。無知を恥ずかしいと考えるのは庶民の生活のレベルの話。2677年も連綿と続いてこられた天皇について知識をひけらかすのは学者ならいいでしょうが、偉そうに庶民の分際で・・・なんて思うわけです。

  縁側の先輩に、昔左翼活動してた者がいる。もう60代後半になるのかな。じじぃだよ。その人が縁側にこう言った。「左翼思想は好きになれないが、理論で彼らに太刀打ちできないんだよね、それは今も」などと言っていた。まぁ、くだらない話である。理論で勝つ必要もないし、またそれは危険なことだと思いますよ。

  例えば、靖国参拝の件。中国や朝鮮が我が国の首相に「行くな!」という。それを理論で説明しようとする輩が話を難しくしながら、解決を妨げているのは明白。国内的にも「行かないほうが・・・」なんてことになる。そうではない。日本国の首相が靖国だろうがなんだろうが、国内のどの場所に行くのも他国が制限してはならないし、それに従う必要もない。要は「日本のことは日本が決める!」だけでいいんだよ。「いやそれはちょっと・・」なんてクソの話など聞く必要ないではないか。その場で首をはねたっていいくらいだ。当たり前のことをするのに難解な理論が必要なのか?ということだ。クソしてケツ拭くときに左右どちらの手を使うか理論で解決するか?どっちだっていいだろ?つまり、「てめーで決めろ!」ということだ。

  話は少しそれるが、西洋から輸入された粗悪品の決定版である「男女平等」について。男女は平等である・・・なるほど、耳によく響く言葉ではある。あるが、これほど粗悪な輸入品もないだろう。おそらくとしか言えないが、昔の日本人にとって男女の差なんて意識して生きていた者はいない。そしてそれに不満を持って生きていた者が多数を占めていた時代もないと思うぞ。

  シナ大陸の人が日本の軍人が戦争中にシナ人を殺してから煮て食べたなんてことを言い出した。日本人からすりゃ「なに言ってんだ?」となるのですよ。日本の悪事を言おうと探すが、せいぜい家の中の食い物を奪われた程度ではインパクトがないから、日本軍がシナ人を食ったことにするわけだが、日本にそのような文化はない。まぁ、もしかしたら・・があるので「一般的ではない」と言っておこう。ところがシナ人はそれ一般的なんだよ。奴らは食うんだよ。憎い者を殺して食う文化があるから、「我々だって食うんだから、日本人も食うはずだ」ということで、こんな嘘話がプロパガンダとして叫ばれるわけ。

  夫婦でも同じ。てめーが浮気してるから、相手の行動が気になる。カミさんが夜遅くなった。友人たちとの話が盛り上がることはよくある。遅く帰ったカミさんを旦那が叱責する。「フツーじゃない!」とね。でもこれ、フツーとかの問題じゃないよね。自分と同じことをしてるんじゃないか?という疑心暗鬼にかられての言葉なんだ。上のシナ人同様、自分のやってることを他者との同一性を重視した結果ということだな。

  西洋から輸入された男女平等ですが、西洋の人曰く「日本の女性は虐げられている」。
  ほんとにそうか・・。例えば武士は戦場から帰ったら父より先に母親に無事を知らせる。江戸時代の庶民は女が男を選ぶ、なんて聞いたな。ん?今と一緒か(~_~;)

  日本の女性が虐げられている、などというのは、開国して外国人が表面的なところだけを見て批判したに過ぎず、それは新渡戸稲造が「武士道」の中で論破している。新渡戸が言うには、(ちなみに新渡戸はクリスチャンであり、妻は白人女性)欧米の男女は恋愛しているとき、関係がうまくいっている時には呆れるほど愛をささやき合う。また他人に対して、妻は夫のことを、夫は妻のことをホメまくる。そのことを新渡戸は「耳障り」だと言っている。また、西洋の人々が自分のことを自分でホメるのを我々日本人からすれば「悪趣味」だと断じている。

  新渡戸が言いたいことはこういうことだ。西洋の男女は個人主義に伴う別人格。当然、権利も別々に持つ。しかし、日本人の例えば夫婦は「一心同体」であり、他人に対し我が妻をホメることは、自分をホメることと同義であり、日本では礼儀知らずとなる、ということ。だから他人には「愚妻」といい、「拙者」というのだと。

  縁側は、最近の若い連中には上の新渡戸の話をもっとわかりやすく言う。
  人間はだいたい左利きと右利きにわかれている。多くの人は使いやすい利き手を多用する。箸を持つのは利き手。鉛筆持つのも利き手。包丁持つのも利き手。その他多くのことで利き手が使われている。ではだからといって、利き手ではない方の手は無用の長物か?ということだよ。そんなことはない。両手を使って行うほうが容易いことは人類なら知っている。「おい、左手クン、キミは僕の半分も仕事してないじゃないか!、僕だけに働かせないでキミも手伝え!」なんて言うか?男女も同じだ。やれ共働きは家事半分半分だ、やれ育児も半分半分だなど実にくだらない。できる者や上手な者、時間がある者がやればいい。それだけだろ?それを「今日は私がやったから明日はあなたね」、[え~~、明日俺残業なんだけど」で喧嘩になるなど愚の骨頂。悪いけど、北欧の回し者のような屁理屈こねてる連中の多さに新渡戸も泣いていることだろうよ。働いて収入得るのが男がいいか、女がいいかなんてどーでもいいことで、どっちだっていいんだよ。左利きもいれば右利きもいる。そんだけのこと。男女差とか男女比なんてことを言い出すのはおかしいんだよ。それは、「我が国は右利きが多いのはおかしい、同数にしろ!」と、同じくらいくだらないことですよ。縁側は血液型O型ですが、なんでO型だけみんなに与えられるのに、O型はO型からだけかよ、不公平だ~!なんて言うやついないでしょ。俺にも子供産ませろ!不公平だ~!なんて言うか?テレビに出てくる粗悪な輸入品オタクの似非フェミニスト共がインチキを撒き散らかしていますが、こいつらに「ウンコしたらどの手で拭いたらいいですか?フェミニストのお立場からお答えください」と問え!!「ん~~、インドでは左は不浄だし、心臓の位置は左側?ん~~~、・・・」なんて言ったら井上尚哉の左のカウンターを入れてやれ!

  利き手とそうでない手、男と女、血液型も出産も、誰かが理論的に作ったものではありません。そういうことに決まってるのです。というのが、上述した60代の先輩への左翼思想に対する答えでしょう。ちなみに言っときますが縁側は手のない人を差別するような考えは微塵もないことを言い添えておきます。

  話がだいぶ、だいぶそれてしまいましたが、皇統に対する国民の考えなどは、基本いりません。過去に生きた人々が、知恵を絞ってどのようになされてきたのかを、重く受け止めるだけでしょう。中世ヨーロッパの「永遠の昨日」を模倣しろ、ではありません。2677年もの長い歳月で唯一不変なもの。それは偶然の産物ではない。「男系の男子でなければならない」という強い意志が連綿と紡いできた結果として現在があることを知るべきだ。女系容認論者の所氏や田中氏やよしりん真理教信者と、小林よしのりの漫画で洗脳された哀れな人々は、自分がいかに左翼的な理論武装を女系容認の為だけにしているのかを考えてみたほうがいい。2677年もの長きにわたり「女系の天皇はいなかった」ということの重みを忘れての理論武装は、三匹の子ぶたの長男ぶた次男ぶたが建てた家と同じで、ピューっと吹けば飛んでしまう。神話から続く2677年の重みとは、たかだか数十年しか生きてない現代人の理論の外にあるんだよ。だから現代を生きる我々のできることは、過去から未来に続く皇室の不変の伝統をただ次の世代にバトンタッチするだけでよいのです。たまたま今を生きているだけの日本人が革新的に変えていいはずないということだ。我々は、数珠の珠のひとつなんだと考えればわかりやすいかな。

  なんか俺も実は偉そうに言ってる小林と同じかな~?なんて反省もしたりしてます、少しm(_ _)m

↑このページのトップヘ