縁側の 「逆風って気持ちいい!」

 縁側です、よろしく。首里城周辺をうろついております(^^♪ 言いたい放題させていただくブログです。酒飲みで常識もへったくれもない、常軌を逸した者が綴るブログですから、ムキにならずにお読みください。 ご意見やご批判などはこちら→samy_0363@ezweb.ne.jp

2017年04月

 
 就寝時にエアコンのいらないここ沖縄、梅雨になる前の今頃はいい季節だとかんじている今日この頃であります。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

   北朝鮮問題が予断を許さない状況で、核シェルターが売れ、防毒マスクが売れているらしい。シェルター自体は数百万円から買えるようだぞ。もっとも、工事代は別ね。あと、土地がなきゃダメダメですからご注意を(^.^) 防毒マスクは数万円らしい。売り切れ前にどーぞ。縁側は買わないけどね。1時間くらいしかもたないようだしな。

 米空母カールビンソンがどのあたりを航行してるのかは知らないが、日本海に入ってから北がどうでるのか・・。

 安倍総理がプーチンとの会談で何が話し合われたのかはわからんが、この会談を最も気にして情報がほしい者は金正恩だろう。米国がこのまま引いてくれて、核開発およびICBM開発の時間稼ぎさえできれば、いくら南側が騒ごうが喚こうがアンタッチャブル国家として世界に宣言できるわけだからな。

  父親の金正日時代からず~~~~~っと核開発について取沙汰されてきたわけだけど、当事国の腰の引けた対応がこの独裁国家に強力な矛を与えることとなったわけだ。

  よくヒトラーが台頭してきた1930年代との比較を聞くが、周辺当事国のへっぴり腰が招いたという点では同じだとおもう。

  我が国の安倍総理のいう「対話と圧力」は無駄だったということ。圧力を差し引いた、「対話」、外交努力と言い換えてもいいが、朝日などがいうそれなど論外ということだ。これまでの宗主国(朝鮮戦争以来のな)たる中共でさえ、手に余る状態であることから、何が何でも核保有国となることを目指しているわけです。これはもうどこのどんな国が圧力をかけても無理。例えば今回の日露首脳会談後にプーチンが北朝鮮に何らかのアクションを起こして、自制を求めるとしても、表面上のことであり、米国に届く核弾頭付きの弾道ミサイルは絶対に完成・配備まで歩を進める。それはもう間違いない。

  経済援助をちらつかせての、核放棄を言う人もいるが、それはあり得ない。もうこの段階まできたら、いつ北を叩くか、金をいつ殺すか、(斬首作戦というのか?)、我が国の被害をいかにして少なくするか、もうそこまできている。クソの悪臭ぷんぷんする琉球新報など、いまだに外交努力で危機を乗り切れだとさ(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

  我が国は憲法の制約があり、先制攻撃ができません。ま、先制攻撃の定義も難しいとこだけどな。ただ拉致被害者を奪還するためならば、先制攻撃とは言わない。我が国は、我が国同胞を北朝鮮という国に誘拐されている現在進行形で国家の主権を侵害されている状態ですので、軍事力で主権を回復できます。論理的には。

  もちろんICBMの脅威にさらされようとしている米国と、韓国とが協力しあわなければ作戦は成功しない。
  集団的自衛権などというものとは関係ない。これは国家主権の回復、同胞奪還であるので個別の問題であり、米国と韓国とはその目的が根本的に違う。ただ、共同作戦というのみ。

 巷でいわれるように、北から多くのミサイルが飛んでくる。たくさんの人が死ぬかもしれない。いままでそれがあるから地団駄踏んでいたわけです。しかし、それで時間を稼げる北朝鮮という狂犬を野放しにしてきたから、このありさまなのです。どこかで行動を起こさなければ、さらに悲惨な結末が待っているかもしれん。

 ですから、やるなら今をおいて他にない。米国から核を買うなどという人もいるが、それは北朝鮮には通用しない。数千発の核を持つ米国に対してさえ、弾道ミサイルで脅してきている国だぞ。日本がいまさら核を保有したからといって北朝鮮が動じることはない。ここは反撃を受けて被害が出ることも想定されるが、完全体となる前に叩くしかない。北朝鮮人を大量に殺すということだ。もちろん金一族は皆殺しにしなければならない。

 まぁ、殺伐とした話ではありますが、ひとつ納得のいかない点がある。そう、韓国という国だ。

 朝鮮半島は現在休戦状態であり、戦争は終結しておりません。北朝鮮と韓国の戦争ですね。当事国たる韓国は今何をしてるのかというと、大統領選(-_-) さらに言えば、これだけ危険水位が増す中で、よりによって親北の候補者が有利だという。

  結局、朝鮮人はいつでもそうなんだ。感情のままに動いて、自分たちでひっちゃかめっちゃかにして、周りの国に「いっしょにやろ!」(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

  そもそも。朝鮮戦争だって、自ら招いた戦争じゃねーか。確かに38度線で分断はされました。これは米ソの思惑です。それはそうなのですが、当時の米国もソ連も戦争に乗り気ではなかった。朝鮮人指導者同士の醜い権力争いにつぐ争い、そして暗殺、粛清・・・はぁ~~~~~イヤになる。

  これは断言できますが、こいつらには絶対南北統一なんてできません。周辺国が統治するかたちでしか成立しない。金日成にしても、李承晩にしてもテメーの権力掌握だけしか考えのないポン太郎じゃねーか。というよりも、誰かの下で終わるなんてことができない民族なんだよ。必ずトップ争いでもめる。南北分断後の動き然り、韓国大統領然り、北の近親殺戮然り、もっと言えば、ロッテ然り、サムスン然り、あっ、空手の極真会もだな、あと旧日本プロレス(力道山死後)然り。調べればもっと出てくるはずだ。これはね、もう個人がどーのとかの問題ではない。朝鮮民族というもの自体が、協調という言葉とは遠くかけ離れて、暴力と謀略の歴史をたどってきたということ。それがDNAレベルにまで達しているということ。

 我が国を北から守るためには、米国と協調して、北朝鮮と密約を交わすしかないか。つまり、朝鮮戦争が再度始まっても、米軍は動かない旨のね。当然その密約には中共とロシアにも加わってもらう。拉致されてる日本人もそこで全員帰国してもらうことも入れてな。あと核の不使用もだ。要するに朝鮮半島有事に周辺国は不干渉とする密約だよ。もちろん韓国は外すよ。みんなで目をつぶっておればよい。縁側はこれマジで思ってます。

  お互いで潰しあってもらい、戦争終結後に日米ロ中で統一朝鮮について話し合う。ほんとは平壌あたりから、大きいノコギリでギーコギーコと半島を沈めるのが後に禍根を残さなくていいのだがな。

 とにかくね、戦争相手の韓国がテメーの問題を「米韓」とか、「日米」、「米中」に丸投げして最終的には被害者ヅラしかねない連中だということだよ。

  日本が戦争に敗れ、朝鮮統治が終わったときに、つまり分断後に祖国統一目指していれば、戦争も起こらず、ドイツのように平和裏に統一できたはずなんだけどね。ん~~~~~、朝鮮民族には無理か、永遠に。

 
  皆様こんばんは、久しぶりのエントリーです。PC依存症にならないようにPCを遠ざけていたのですが、それも「まっいいか!」ということで、始めたいと思います。よろしく。

 縁側が休んでいる間に様々なことが起こりました。最近では北朝鮮にスポットが当たってますね。でもこれ数十年前からあったことで、今になって騒ぐのはおかしい。このようなことは想定内だったといわなきゃいけない。

 沖縄にミサイル向いてるなら嘉手納でしょうが、ミサイルは数キロの誤差もあるというから、縁側の家に落ちる可能性もあるわけだ。撃ち落としてくれ、頼む(^.^)

 最近の地元紙の連中の劣化はすごいぞ~。今日の沖縄タイムスコラム「大弦小弦」はその典型。以下転載。


   海の声が知りたくて 君の声を探してる…〉。携帯電話のCMソングにもなってヒットした県出身グループ・ビギンの「海の声」の印象的なフレーズである。海に足を運べば自然に口ずさんでしまうだろう

▼通信手段がなかった遠い昔、人は好きな人に会いたい時、風や波の音に耳を澄ませて相手の声を探し、自分の声を届けようとしたのかもしれない。恵みの海は、たくさんの記憶が残る場でもあった

▼そんな「海」が、目の前で殺されていく。名護市辺野古での新基地建設に向け、袋に詰められた石材がクレーンにつるされ、大浦湾に次々と沈められていく光景をテレビで見ながら息を飲んだ

▼目を疑ったのは、日米の関係者が石材を投入する前のセレモニーで、工事開始を告げるスイッチを笑顔で押していたことだ。「海を殺す」ことに心が痛まないのだろうか。いや痛むまい。所詮(しょせん)彼らにとって目の前の海は、工事現場でしかないのだから

▼今後工事が進めば、護岸で埋め立て予定地の周りを囲み、年度内にも大量の土砂が投入される。貴重なサンゴの生態系は脅かされ、絶滅危惧種のジュゴンにも致命的な影響を与えるだろう

▼壊されるのは自然だけではない。人々の記憶もそうだろう。「さようなら」「助けて」。静かな海に耳を澄ませば、そんな悲痛な声が聞こえてくる。(稲嶺幸弘)転載おわり


   近々の誰かの評価を気にしてのくだらない駄文に利用されてるビギンのメンバーはこりゃもう被害者だな。


  > 海の声が知りたくて 君の声を探してる…〉。携帯電話のCMソングにもなってヒットした県出身グループ・ビギンの「海の声」の印象的なフレーズである。海に足を運べば自然に口ずさんでしまうだろう

▼通信手段がなかった遠い昔、人は好きな人に会いたい時、風や波の音に耳を澄ませて相手の声を探し、自分の声を届けようとしたのかもしれない。恵みの海は、たくさんの記憶が残る場でもあった


   :はい、そんな不便を解消したいがために、人間は知恵を絞り船を造った。そして船の乗り降りがこれまた便利になるように港をつくったわけ。わかるよな?


  >▼そんな「海」が、目の前で殺されていく。名護市辺野古での新基地建設に向け、袋に詰められた石材がクレーンにつるされ、大浦湾に次々と沈められていく光景をテレビで見ながら息を飲んだ


   :「海は広いな大きいな」のフレーズなら誰でも知ってるでしょう。そうです、海は大きいから死なないのです。海の自浄力をナメないでいただきたい。


  >▼目を疑ったのは、日米の関係者が石材を投入する前のセレモニーで、工事開始を告げるスイッチを笑顔で押していたことだ。「海を殺す」ことに心が痛まないのだろうか。いや痛むまい。所詮(しょせん)彼らにとって目の前の海は、工事現場でしかないのだから


   :その通り。全然痛みません。痛んでる人は病院に行ったほうがいい。わざわざ辺野古まで出向いて「痛いよ~~」と叫ぶバカたれは精神の方の病院を受診されるように(-。-)y-゜゜゜それとね、これ書いた稲嶺さんはタイムスの記者だから、こんな駄文書いても給料もらえるわけで幸せな人なわけよ、工事関係者もね、飯食うためには仕事しなきゃならないわけ。それを偉そうに高みから見下して「所詮彼らにとっては工事現場でしかない」だと?どんだけ傲慢なんだこの稲嶺。こんな恥知らずなコラム書いても飯が食えるオメーにはわからないんだよ。


  >▼今後工事が進めば、護岸で埋め立て予定地の周りを囲み、年度内にも大量の土砂が投入される。貴重なサンゴの生態系は脅かされ、絶滅危惧種のジュゴンにも致命的な影響を与えるだろう


   :心配には及びません。サンゴも自然界で生きているのでそりゃあ強いよ。卵もたくさん産んでるから復活します。ご心配なく。それとジュゴンは工事の音もうるさいし、反対運動のアホウのがなり声もうるさいから、他所にいますので、これまた大丈夫です。そうね、完成してから数年後に調査してみ、サンゴがみられるからね(^.^)


  >▼壊されるのは自然だけではない。人々の記憶もそうだろう。「さようなら」「助けて」。静かな海に耳を澄ませば、そんな悲痛な声が聞こえてくる。


   :はははははは、大丈夫だよそれ。基地反対運動の活動家は辺野古が終われば、またどっかで何かを見つけて活動に精を出すので忙しくて、感傷にひたる時間的余裕はない。それに、取り締まりにあたる警察官との数々の武勇伝を大勢の人に語ることで記憶はより鮮明になる。あとね、「さようなら」とか「助けて」って、まさかそれって海の声なんですかい????もしそうなら稲嶺さん、あんたタイムス辞めてさかなクンの助手にでもなりなさい。


   与那国島の近くに海底遺跡らしきものがあり、調査してる人もいるし、観光で潜る人もいる。人工物であるのなら、環境破壊されたはずだな。ところが世界遺産に、なんて人もいるのはなぜ?そこんとこよ~~~~~く考えてほしいもんだ。例えば辺野古に滑走路ができてから数百年後の未来で、辺野古基地建設反対の活動をしてる人の子孫が、「世界遺産に登録しよう」の運動するかもしれんしな(T_T)/~~~

↑このページのトップヘ