縁側の 「逆風って気持ちいい!」

 縁側です、よろしく。首里城周辺をうろついております(^^♪ 言いたい放題させていただくブログです。酒飲みで常識もへったくれもない、常軌を逸した者が綴るブログですから、ムキにならずにお読みください。 ご意見やご批判などはこちら→samy_0363@ezweb.ne.jp

2015年07月


  本日の琉球新報「声」のページの「論壇」を紹介します。これはネットで見られないのでね。キーボード叩くの大変なんだよ、心して読め!

    普天間基地撤去と新基地反対 独立の観点から議論を
 

   今日の琉球人の眼前にある明示的なたたかいは、普天間基地撤去と辺野古新基地建設反対のたたかいである。このたたかいは将来的に必ずや全基地撤去運動へとつながっていくだろうと考えているのは、私だけではないはずだ。周知のとおり、これらはヤマトが押し付けている米国(外国)の「軍事基地」である。また、押し付けられている軍事基地といえば、宮古、石垣、与那国などの「ヤマト自衛隊基地」も例外ではない。
  本物の平和を訴える琉球人のたたかいは「日本」という国家体制における「外交」や「防衛」の進め方に根本的に対峙している。一方、外交・防衛問題については中央政府の専権事項であるというのが一般的な考え方であろう。従って、ヤマト政府はこれらの問題に関して琉球人の意見を無視し続けているのである。
  今や琉球人の多くがこの外交・防衛問題に対し実際に自己決定権を要求し、行動を起こしているということは、地方自治の領域を大きく突き破り、中央政府の専権事項に「ノー」を突き付けているということに他ならない。つまり、これは、最終的に琉球独立しかないとの想いがうねりとなり、増大してきていると言えると私は考える。
  これをさらに強固にするために、琉球人は琉球の歴史を学び、ヤマト政府のやり口を知ったうえで、自らの展望を描かなければならない。独立国琉球はどのように主権を奪われ、日本の一部の沖縄県となったのか。そして、今もなお奪われた主権を、いかに取り戻すのか。
  例えば、この取り組みを長年にわたり行ってきた照屋寛徳氏(衆議院議員)の「琉球の帰属問題に関する国会質問」(1997年)、「ウチナーンチュの法的地位などに関する質問主意書」(2007年)、「琉球王国の歴史的事実と認識に関する質問主意書」(2015年)などを琉球人は知る必要がある。そして、普天間基地撤去と辺野古新基地建設反対のたたかいなどについて、独立という観点から議論を深める必要がある。
  このような想いのもと、シンポジウム「琉球の主権と独立」(琉球民族独立総合研究学会主催)を25日(土)午後2時から5時、沖縄国際大学7号館201号室で開催する。登壇者は照屋氏の他2人。参加費千円。学生無料。事前予約必要なし。問い合わせは同学会事務局(留守番電話対応)050-3383-2609。

  琉球民族独立総合研究学会共同代表、沖国大教授 友知政樹          
                                                       以上


   
     はい、こんな人もいるんですよここには。ちなみにここ出てくる「ヤマト」は宇宙戦艦のことではない。

  この沖縄国際大学の教授様の言いたいことは、明瞭簡潔。そう琉球独立を目指そう!ということですね。

  それにしても、琉球王の子孫や高官の子孫が独立を言うのならわかるのですが、この人もおそらく先祖は平民でしょ?明治政府に解放してもらった側の人間が独立を煽るって、こりゃどーいうことだい?恩を仇で返そうってことなのですが、いちおう賛同者もいらっしゃるようですね。まだ見てない人はこれを見てね。

              https://www.youtube.com/watch?v=02zk3T4UmCg


   最初に出てくるコロンビアの麻薬シンジケートの下っ端みたいな男が上の作文の主だ。顔濃いなwwww

  視聴してわかるとおり、こいつら純血主義というのか、スーパー排外主義者ですよね。こいつらが国の中枢にいたら、やはり昔の琉球王国のごとく、下々の民は奴隷となるのでしょう。琉球新報の紙面作りと同じで、異論は排除だな。この場合の排除は消去されるってことだ。

  それと、このバカさー、辺野古移設についてあーだこーだ言ってますね。新左翼の連中といちおう基地反対で共闘してるけど、新左翼は独立に反対するよ(ToT)/~~~ 

  革マルや中核なんか絶対に独立なんか支持しない。縁側が手を下すまでもなく、左翼のうんこたれが潰しにかかる。高みの見物してみてーなー(-。-)y-゜゜゜

  実は、このような連中を支持する者らは若い者の中でも増えてきていると見ています。もちろん少数なんだけど、沖縄人ってさー、精神性が韓国人と似てるでしょ。だから、急増してくることだってあるかもね。

  そーいえば、私大でも国から補助金もらってるよな?この友知の給料にも少なからず国民の血税が含まれているとしたら、なんて良い国なんかね。こんな作文載せてもお咎めなしなんでしょ?この独立オナニー野郎にその認識はないのだろーからすでに医師の診断が必要なのかもしれん。

  それと、最後の方でシンポジウムの案内がありますが、公安も目ェ付けてますから、そこんとこお忘れなく。

  どのような人が何を言うのか、面白いですから行ってみるのもいいんじゃないかな。

  


  日本は長寿国です。80歳超えたからといっても普通です。平均です。それはずっと続いていくのでしょうか。長寿記録は更新され続けるのでしょうか。

 おそらく、「生きることは楽しいこと」なのでしょう。そのためにはお金がないとダメだし、健康でなきゃダメだし、若くなきゃダメだということなのでしょう。

  最近のテレビショッピングなんか、ありゃお笑い番組ですもんね。腹筋鍛える機械のなんか笑える。アンチエイジングとかいって、若づくりババアを養成する番組も多いな。ババアはババアなんだけどね(ToT)/~~~

 情報番組もグルメとかなんとかいって、食い物のことやら旅行のことやら、とにかく楽しむこと満載の昨今です。

 ところで、明治日本の産業革命遺産とかが世界文化遺産に登録されましたが、こんなこといったら怒られるかもしれませんが、その頃の日本は貧乏だったから残った遺産なんだと思うよ。未来の世で昭和・平成の文化遺産ってあると思う?縁側は残らないと思います。

  浜崎あゆみという歌手がいますが、彼女の作品にシーズンというタイトルの歌があるのですが、その一節にこのような歌詞がある。「今日がとても楽しいと、明日もきっと楽しくて、そんな日々が続いてく、そう思っていたあの頃・・・」これが、現代人のメンタリティーを言い当てていると思います。そうです、楽しいのですよ。だから楽しむための情報が満載なんですよね。

  100年後の未来に残せる平成のものってあるのでしょうか・・。100年後も同じように「楽しむこと」がもてはやされてる時代ならば、残るものってないんじゃねーの?

  現在とは違う環境のものは重宝されます。それは日々の生活でもそう。誕生日やクリスマス、バレンタインデイなどが続くのも非日常の楽しみだからでしょう。浜崎あゆみの歌の歌詞のように、毎日が楽しいと次世代に残すものってなにがあるのでしょうか・・。

  日本各地には伝統的なお祭りがありますが、それも非日常の楽しみだから残ったんじゃねーのかな。もちろん神事が絡んでるってこともあるけど。毎日がお祭りのようなら、後世に残ることはない。

 「生きることは楽しいこと」と思える社会・時代には、不幸な者は必ず存在して、それがあり得ない事で表出するということを理解しなければいけない。子供を虐待して殺す親が出るのも生きることは楽しいことだから。自殺者が多いのも生きることは楽しいことだから。楽しいはずの自分の人生が楽しくない理由を探すんだな。その理由が子供の存在なら虐待になり、元恋人や身近で好きな異性がその理由なら悪質なストーカーになる。あるいはその理由が世間であれば、無差別に人を殺したくなる。その理由が自分自身にあるなら自殺を考える。東芝も広義ではそうなのかもしれん(ToT)/~~~

  生きることが辛いことなら寿命は縮むかな~? 生きることが辛いことなら投票率上がるかな~?

  生きることが辛いことなら、自殺する人って減るんじゃねーのかな~? 生きることが辛いことなら老いてくことは楽しきことじゃねーのかな~?

  昔も今も人間は何も変わらなくて、何から何まですべて同じなんだと思う。「楽しいのか、辛いのか」それだけなんじゃねーのかな?なんて無駄に考えてる今日この頃であります。ほんと無駄だな(ToT)/~~~

  
  人間は間違えます。自分は正しいと思った瞬間、間違えてることもあります。でもそれに気づいたとしてもなかなか違う方向に舵を切れないのが人間でしょう。人間以外の動物ならそこは躊躇しない。人間と動物の違いとはそこなんじゃねーのかな。人間は、「自分は間違ってるかもしれない」と思いつつも、別の違った行動をとれる生き物です。進化とはそこなんじゃねーかと思うね。

  安保法制が衆院を通過しました。参院で可決され成立するまで、マスコミは安倍叩きを止めないでしょう。

  それにしても、国会で安保法制に反対の議員と呼ぶのも気恥しくなる連中の道化ぶりを見ていて、サンデーモーニングや、ニュース23に出てる毎日新聞の主筆のジジイが言うところの「政治の劣化」という言葉を思い出したよ。カメラに向けて「反対」のプラカードを掲げるピエロたちをNHKのお昼のニュースは報じていた。あの醜態をなぜテレビに出てるコメンテーターはバカにしないのかね。

  いちおう言っとくと、民主党や我が日本共産党などの野党、それに今回は維新もかな、今国会でおそらく成立するであろう安保法制に反対の立場を貫く者どもがだ、仮に次の総選挙で自民党・公明党が惨敗して、野党連合が政権を奪取したとしよう。それじゃあ、彼らは今国会で成立するであろう安保法制を廃止もしくは改正すると思いますか?絶対にそんなことしないよ。あのプラカード掲げてるのを見てもわかる。彼らはポーズでしか反対してないんだよ。ですからもし政権奪取したとしても、安保法制は無視するでしょう。それはトンちゃんこと村山富市が自社さ政権時に「自衛隊は合憲」と言明したことからも明らかでしょう。民主党執行部の本心なんかミエミエでしょう、それが。「いや~、自公政権でこの法案成立してもらってよかったよ」。これが本音だよ。ただただ、マスコミを利用して、自公叩きの道具として使ってるだけだ。そんなに9条の精神が好きならまずは国内の法整備が先でしょう。そうですよ、警察官の拳銃所持に反対しないと。警棒だって携行しちゃダメだよな。人質籠城事件なんか、絶対に強行突入してはいけませんよ。警官死ぬかもしれないもの。「教え子を戦場に行かせるな」を合言葉にした日教組などは、まず国内で「教え子を危険な事件に向かわせるな」といい、右翼の街宣車に大会を妨害されても、警官を気遣い、警察に通報なんかしてはいけませんし、事前に治安維持で出張ってきた機動隊も気持ち良く「結構です。ここは危険ですからお帰りください」と言わなきゃダメだろう。9条の精神で右翼を蹴散らすことは造作ないことだと思うぞ(ToT)/~~~

  我が日本共産党や他の野党の皆さんも、やっぱり人間なんだよね。自分は間違ってるんじゃないのか・・とか少しでもアタマをよぎったとしても、簡単に軌道修正できないんだよね。しがらみや生活があるしな。下等動物ではないことを証明してるってわけだ。でもね、間違ってるかも・・・と自らに問いかけることをしない真正のバカも多く生息してるのが我が日本共産党を含めた野党であることもまた事実なんだなこれが。願わくば安倍さんも「自分は正しくないのかもしれない」という思いは持っていてほしいものです。

  「間違っているかも」と思いつつも、「正しいと信じること」に向かって進んでいくのが人間ですからね。後世の人たちが審判するってのも変な話ですから、やはりここは「神様のいうとおり」なのでしょう。ん?なんかカルビン派っぽいかな?(ToT)/~~~

  100年後も、1000年後も、いまだこのような議論が展開されてる「平和な世」が続いてることを願います。

 
 酒飲んでるので、短めに。

 百田発言で県議会が、あーだこーだは論外ですので無視しますが、では正しいのか?と言われれば??ですね。

  「沖縄二紙はつぶさないといけない」は縁側の気持ちと同じ。でも、ネタがなくなるのであってもいいかな(ToT)/~~~

  あと、普天間基地は田んぼで、基地ができてから住民が寄ってきた、という発言には違和感がある。

 確かに、そのようなことだったのかもしれないが、だからといって今になって「基地が先、住民は後」という論理をかざす人(惠さんとかな)は恥ずかしくねーのか?

 いちおう、そうだったとしても戦争に負けたからそうなったんじゃねーか!!

 
片方で「特攻隊の英霊に感謝」だの言っといて、もう片方では米軍の占領を肯定しやがる心性が気に入らない。

 戦争終わってから、いなくなったことないのですよ!!!!わかる?百田さん。もちろん、現在の米軍基地の必要性はわかってるよ。だからといって、「田んぼだったから」は、言いすぎだろよ、ボケ野郎!

 70年間、外国の軍隊が駐留して、それはこれからも続くわけだ。少し想像してしゃべれ!

 まぁ、「だから何?いいじゃねーか、金もらってるんだから」と言えるなら別にいいけど。

 でもはっきり言っとくぞ。その思考の先に待ってるのは、大江健三郎みたいなクソだけだぞ!右も左も関係ないのだよ。そこで大事なのは「誇り」だと思うけどね。誇りがないのなら、別に中国に侵略されてそれでも食べていければいいわけですからね。米国や欧州に引っ越すとかな。そこに帰結すると思うぞ。

 百田さんさー、恥ずかしくねぇ? 特攻で散華された方々に胸張って言える?

 日本の国土に外国の軍隊が駐留するのは日米安保があるから。そして日米安保は我が国の安全保障上大事な条約ですね。ですが、太平洋戦争中から現在まで駐留し続ける地域の人からすればそれは「占領軍」なのですよ。そこを無視して言いたい放題すれば批判は免れません。

 あとね、戦後の日本で米軍をカモにして金を稼いだ人はなにも宜野湾市住民だけではない。沖縄以外でも米軍が駐留してるとこなら、米軍基地の近くが栄えてるはずだよ。それは生きていくためでしょ?何が悪いの?

  那覇市内に豚を飼ってる人がいた。養豚業だな。その人は、近隣に住宅もない原野のようなとこに豚小屋建ててその脇に住宅があった。しかし、人口の増加でそこも開発の手が入った。近隣に住宅がバンバン建ってきた。近隣の住民は役所に苦情を申し立てた。「豚小屋が臭い」とね。圧倒的なチカラの差で、養豚業を営んでいた人は追放されました。これは、縁側の住む首里のはずれでの出来事です。さぁ、それ悪党は誰?(ToT)/~~~

 結局さー、チカラ関係なんだよ理屈も。負けたら屁理屈になるわけ。

 よーするに百田さんは、先にいた養豚業者を擁護してる格好だよ。でもそれでは都市開発はできない。それでも「後から来た人は我慢しろー」といえるかな。言えるのなら高速道路つくるから立ち退きなんてのも全部悪ということになる。今話題の国立競技場だって昔は住宅あったんじゃねーの?

 惠さんがよく言ってることを引用したんだろうけど、縁側からすれば??????ですね、悪いけど。
 

 
    沖縄の新聞が生きていけるのはなぜか?

  簡単な話で、沖縄人が購読してるからですね。こんなクズ紙に金払う奇特な沖縄人のなんと多いことか。

  でもやっぱり徐々に部数は落ち込んでいってるし、広告収入も激減ですね。最近じゃあ、お悔やみ欄の値引きもないそうですからね。そこの収入がデカいんだとか。少し前なんか50%引きなんて当たり前だったのにね。いまじゃそれもなしみたいよ。笑ったのが、大高美貴さんの著書の広告がデカデカと載ってたのをみたとき。ありゃ笑ったわ。よっぽど困ってんだな。あと少しかなww

 でもまぁ、ヤバくなったら県民に泣きつくんだろうな。「皆さんの声を政府に訴えることができるのは我々の紙面しかありません!」なんて感じか。そして助け舟を出してやるのも沖縄人なのだろう。

  なぜこのクズ紙が生き残っていられるのか・・・。琉球処分の間違った歴史観が発端だと見てるよ。

  琉球王国という、およそ国の体を成してない集団なんか、近隣の強国に吸収されるのは当然なんだけど、そこを「侵略された」というツラの皮の厚さがあつかましい。被害者史観を言いだしたボケは首里や那覇の士族階級であることは間違いないんだけど、それがいまだに言われ続けてるのが沖縄の悲劇だよな。

  外交らしきものをやってたから王国と見る人いるけど、それ違うと思うよ。琉球は国民がいないもの。

  日本では、寺子屋などで、武士以外の子も読み書きを学べた。徳川幕府はそこを規制してない。琉球はというと、士族だけが読み書きできて、平民はもちろん文盲。江戸時代に町人文化が栄えたのに対して、琉球は、それ皆無。

  日本には、民百姓に気を使う政策も取られたが、琉球は皆無。

  琉球の王様って言ってもね、これは縁側の勝手な想像だけど、中世ヨーロッパの王のような、貴族の中のキャプテンくらいの権力しかなかったんじゃねーのかな?と見てる。首里や那覇の士族に俸禄も出さなきゃならないし、貿易の権利も高官にくれてやる。くれてやらなきゃクーデターが怖いもの。王家の財政は潤うことはなかったわけだよ。逆に薩摩に財政援助してもらうわけだよ(;一_一)

  今の世界を見回して見て、琉球の体制に近い国は~~~、あっ、あった。北朝鮮!!(ToT)/~~~

  
金一族が琉球王家。士族階級が朝鮮労働党だな。国民?奴隷はいたっけかww(ToT)/~~~

  だから、百姓なんか、「もーあしび」するしかなかったわけ。文化的なことなんてさーないない。ちなみに、もーあしびって、最近では野外で酒飲んで楽しむ程度に言われてますが、簡単に言うと「乱交パーティー」ですからね。そこ誤解のないように(^-^)

  麗しの琉球なんてさー、幻想も良いとこですよ。もちろん、士族階級の連中にとっては「いい国」だったんでしょうね。だから、最後の王尚泰が言ったとされる「嘆くなよ臣下、命どぅ宝」という言葉があるじゃん。これって、「臣下の者たちよ、明治政府に逆らって命を落とすことになったら、それこそ無駄死にだよ。今までの栄華は忘れなさい。平民になったって命さえあれば、いいこともあるさ。命あっての物種だよ」とまぁ、こんなとこだろう。

  多くの琉球の民は搾取され続けていたわけです。琉球独立なんて言ってる大バカ者に言っとくぞ。そうしたければ、そのときの身分に戻せよな。確か石垣島出身の教授も独立学会にいたな。よ~し、お前、縁側の召使い決定!(-。-)y-゜゜゜

  ちなみに、上の尚泰の言葉とされる一節は、縁側の父の曾祖母だから、縁側のひいひいばーさんか、が、父が子供の頃に話してくれたとのこと。琉球王国時代に生きてた人の話だから、まぁ事実としてみてもいいのかもしれん。

  話を戻すと、琉球処分の歴史観が現在の沖縄の歪な社会を形成するのに一役かってるということ。誰も言わないから言うけどルサンチマンってやつだよ。本土人に対する憎悪だな。それが根底にある。それは朝鮮人の根底にあるものとそうは変わらないと思うぞ。もちろん、その感情がないものも多い。がしかし、沖縄二紙が叩かれたことで県議会が「沖縄に謝罪しろ!」を決議したことを見れば、まだまだそれは色濃く残ってるんだよ。

  ニュースにしても、縁側の知り合いはこう言ってたよ。「古館さんの番組も、もっと筑紫さんが生きてたときみたくちゃんと沖縄を見てくれなきゃ」とね。なんじゃそりゃ?「俺たち沖縄土人にもっと優しくしろ~」ってことか?バカもいい加減にしないと舌抜くぞ、バカ者!

  縁側が若いころ、っていっても、現在も若いつもりなのですが、もっと若いころ、本土に進学や就職で都会に出た沖縄人は評判悪かった。「群れて行動する」とかな。縁側はそのような批判が嫌で群れなかった。なぜなら、沖縄に移住してきた本土人はほとんどが「群れていた」から。それの逆なんだろうな~なんて理解してた。

  那覇の気のきいた料理屋(日本料理屋)なんか、今でも本土から移住してきた人や、転勤族の社交場だったりする。沖縄人が入っていくと妙に違和感がある。このような例は、飲み屋でもある。客の全部が本土人なんて店はあちらこちらにある。

  おそらく、彼らも当初は、沖縄人社会に入ろうとしたんだろうけど、得体のしれないバリヤーに阻まれたんだと思うよ。そのような声はよく聞く。もちろん、郷に入っては、というからこちら式に従うことも必要なんだろうけど、見えない壁を感じるのだろう。学校現場でもそうだ。転勤族が多く居住してる地域の小学校(ってこれも変だよな)なんかでも、ママ友みんな本土からの転勤族なんてのは当たり前のようだしな。

  つまり、外国なんだよ。他の地域とは違う何かが彼らを群れさせるんだと思う。それってなんだろうね?

  それって、やはり沖縄人がもつコンプレックスというのか、日本人を寄せ付けにくい何かがあるんだろう。

  縁側はそれを韓国に見る。韓国を見てると「あー、沖縄と同じじゃん」と思ったりする。韓国で生活する日本人も普段は仲良くするんだけど、ある瞬間に壁を感じるという。韓国の場合も沖縄の場合も歴史観の差異なんだろうな。金もらっても当然。歴史を持ち出してきて言いたい放題。常に被害者。悪いのは日本。自分らは正しい。まさに韓国そのもの(ToT)/~~~

  翁長さんと朴大統領の言い方なんてクリソツだろ。朝鮮日報と琉球新報も読み比べてみ類似点多いぞ。

 まぁ、よーするにだ、沖縄二紙が生きていけるのも、沖縄人の持つ本土への憎悪が根底ってこと。これは間違いないと思うよ。異論のある方はどーぞ。

  もちろん、沖縄人のすべてがそうだとは言わない。ただ、沖縄二紙を愛する県民の多くは、上に書いたようなことだということ。だから沖縄二紙は生き残る。

 
  追記: 昔、稲嶺一郎という人(稲嶺元知事のお父上)が参議院議員の頃、「沖縄には左寄りの新聞しかない」と嘆いて誘致したのが「世界日報」。そこはいろいろご意見のあるところでしょうがスルーしときますね。単なる歴史として記しました(^-^)

 

  

↑このページのトップヘ