縁側の 「逆風って気持ちいい!」

 縁側です、よろしく。首里城周辺をうろついております(^^♪ 言いたい放題させていただくブログです。酒飲みで常識もへったくれもない、常軌を逸した者が綴るブログですから、ムキにならずにお読みください。 ご意見やご批判などはこちら→samy_0363@ezweb.ne.jp

2008年06月

慰霊の日(沖縄戦の組織的戦闘終結日)の翌日の琉球新報に興味深い記事が載っ

た。最近の地元紙の異常報道は、反日団体の機関紙を彷彿させるものだっただけに

特に目立った。

首相に「靖国参拝を」 仲宗根遺族連合会長

県遺族連合会の仲宗根義尚会長は二十三日、糸満市摩文仁で行われた「沖縄全戦

没者追悼式」の追悼のことばで福田康夫首相に「早急に靖国神社を参拝され、感謝の

誠を捧げられ世界恒久平和を祈願してくださいますよう強くお願い申し上げる」と求めた

「小泉元総理は参拝し、諸霊や遺族、国民から感謝された。安倍前総理は参拝しなか

った。残念でならない」と強調した。

う~ん、沖縄の新聞がベタ記事とはいえ載せましたか。遺族連合会は毎年首相の靖国

参拝を要請してるという話は聞いていたが記事を見たのは初めてですね。

正直驚きです。

そして、最も興味深い記事がこれ。

激しい戦況克明に 永岡隊記録小冊子に

沖縄戦当時、主に首里在住の教師や行政職員を中心に編成された「沖縄特設警備

二二三中隊」(俗称:永岡隊)。当時、太平山安国寺の住職でもあった永岡敬淳隊長の

孫婿・永岡理秀住職らが、同隊の召集から永岡隊長が自決するまでの記録を記した

小冊子をまとめ、安国寺で二十三日午前に行われた慰霊祭で配布した。編纂した

讃井正美さんによると、同隊員は約二百人おり、生き残ったのはわずか四十数人だっ

たという。讃井さんは「同隊は三つの現地徴用部隊の中でも、シュガーローフや弁ヶ嶽

(那覇市内)など激戦地にいた。現地部隊の手記をまとめるのはあまり例がない」と話

す。小冊子は、県が保管していた同隊生き残りの故・仲地喜俊さんら二人の手記と、

看護要員として従軍した翁長安子さんの手記を基にまとめた。激しい戦況や米軍の

馬乗り攻撃などが克明に記されている。沖縄戦当時、十五歳だった翁長さんは「『君

たちは若い。死んではいけない。武器を捨てて壕を出なさい』との隊長の一言で、今ま

で生かされてきた」と語った。永岡住職は「戦争は絶対にしてはいけない。人々の記憶

が薄れゆく中、平和を発信したいと小冊子を発行した」と願いを込めた。

私がここで想起するのは、旧日本軍はわが身かわいさで住民を壕から追い出した

という話。しかし上の記事中の話はあきらかに趣を異にする。そもそも壕とは防空壕

のことだと思うのだが、艦砲射撃や空爆、艦載機からの機銃掃射などの攻撃からは

避難場所として最適だったのだろう。しかし、米軍が上陸して地上戦が繰り広げられて

から壕は最適な避難場所足り得たのか?という疑問がわく。上の記事にもあるように

米軍は「馬乗り攻撃」つまり壕の外から手榴弾やバズーカ砲などで、壕の入り口から

攻撃し、壕内壁や壕天井を破壊してから火炎放射器で皆殺しという残忍な手法をとっ

たようである。そのような戦況で壕が安心できる場だったとはいえないだろう。とすると

沖縄の地元紙が悪の軍団としたい旧日本軍が住民を壕から追い出したのは、我が身

かわいさからなのか?それとも、住民の生命を大事にしたいがためなのか?断言でき

ないのではないだろうか。もちろん、地元紙はなにがなんでも旧日本軍を「悪」にしたい

ようであるが・・。(本音は現在の日本軍たる自衛隊も「悪」にしたいようである)

私には当時の戦闘がどのようなものだったのか想像できないが、少なくとも、「日本軍

がいたから沖縄に米軍がきた」は、でたらめであることが米国公文書から明らかである

。日本軍がいようがいまいが沖縄を占領することはずっと前に決定していたようであ

る。(沖縄戦の数年前から沖縄占領の青写真はできていて、将校クラスにはその旨模

擬トレーニングがなされていた)集団自決だって日本軍がいたから起きたのではない。

また、未曾有の悲惨な戦闘と言われた沖縄戦のさなか、米軍から食料をもらったり、投

降を呼びかける者をスパイと断定し殺害する行為を非難できるのか?とも考える。

話を戻すが、上の記事中の翁長安子さんは、「『君たちは若い。死んではいけない。武

器を捨てて壕を出なさい』との隊長の一言で、今まで生かされてきた」と仰っている以上

壕追い出しを否定的に見るだけでは沖縄戦の本当の姿は見えてこないのではないだ

ろうか。


追記:「永岡隊」の小冊子500円也で購入してきました。購入先は那覇市首里
    の安国寺。ついでに当時の新聞記事のコピーまでいただいちゃいました。
    




沖縄では今、マングースを駆除している。根絶プロジェクトチームまであるようだ。

なんでも、ノグチゲラやヤンバルクイナなどの希少種を捕食しているからだという。

もともと、マングースはインドあたりから、ハブ退治用に人間の勝手で連れてこられた

動物だ。しかし期待に反してハブ退治してくれない。そんなの当たり前で、噛まれたら

ヤバいハブ捕るより、ネズミやモグラ、鳥類を捕食したほうがいいに決まってる。そんな

マングースが邪魔らしい。外来種は絶滅したほうがいい!という論理だが、在来種が

絶滅して、食物連鎖による生態系が破壊され人間の生活が脅かされるのであれば

頷ける。外来種駆除に賛成してもいい。が、ノグチゲラやヤンバルクイナがすでに

希少種になっている今、なにか我々の生活に不都合が生じているのだろうか。

私の生活圏(那覇市)では、マングースはよく見かける。しかし、ノグチゲラやヤンバル

クイナは実物をいまだかつて見たことがない。したがって、親しみを感じるのは、マング

ースだ。そんなマングースを駆除する理由として、「天然記念物である、ノグチゲラや

ヤンバルクイナが絶滅すると、やんばるの森の価値が下がるから」だとさ。それと、天

敵がいないらしい、(人間以外の動物には・・。)

私など、単純に「価値が下がるなら下がっちまえ!沖縄人がハブ恐さに勝手で連れて

来ておいて、いまさら何言ってやがる!」と思ってしまう。やんばるの森近辺に住んで

いるじーさん、ばーさんにとってノグチゲラやヤンバルクイナは新種でもなんでもない。

「ガキの頃からいたよ」である。が、学者にとっては新種だ。でも、新種ともてはやされ

るずっと前にマングースは沖縄にいた。図鑑に載ったのはマングースがずっと早い。

人間は身勝手な生き物だなー。などと言うつもりはないが、マングースが不憫でならな

い。ああ、マングースよ。卑怯で、汚い人間になぞ捕まっちゃいけないよ。頑張って、

ノグチゲラやヤンバルクイナを食いまくって絶滅させなさい。そーすれば、やんばるの

森に価値がなくなり、あなたがたを駆除しようとする希少種至上主義者も手を出さなく

なると思いますよ。そうして、人間が見向きもしなくなったやんばるの森は伐採もされず

手を加えられることもなく、自然が自然のままで残っていくのでした。




格差社会という言葉が出現してから数年経ったが、よく聞くのが格差の固定化。要する

に、親が裕福なら子も裕福に、親が貧乏なら子もまた貧乏ということらしい。なんでも、

子供を東大(東京大根ではない)に通わせている親のほとんどが、年収1000万円を

超えているとのこと、だから格差なんだということみたいね。おバカ連中の戯言ですが。

たしかに、進学するには金がかかる。東大に入るために、小学生の頃から、有名塾に

入れて中学受験、中高一貫の有名校で猛勉強し東大や、京大というのが一般的なの

かな?それに金がかかっているから金出せる家庭とそうでない家庭に格差が生じてい

るということなのだろう。が、本当にそうなのか?私にはどーもそうは思えない。もともと

格差はあったはずで、バブルの頃だってかなりの「差」はあった。もちろんそのずっと

前からあった。子供の頃にクラスの子の誕生日に呼ばれた。親父さんが会社社長とか

で、外車数台ガレージにあった。家の中といえばお城のようで、唖然としたことを覚えて

いる。そこに、きれいな洋服を着た母親が、「ケーキが焼きあがりました、召し上がれ」

私は、ケーキはケーキ屋が専門に作るもので、家で作れるなどとは夢にも思っていな

かったので、感動したと同時に「ここに長居してはいけない」と子供ながらに感じたもの

です。昔から格差はあった。ある言論人は「親父が汗水流して頑張れば、昔は家を買

い、子供を進学させて一家を養っていけた。また、貧乏でも明るい未来に向かっていく

希望のようなものがあった。しかし今はその両方がダメになった。だから格差なんだ」

と言う。果たして本当にそうなのか?私見で勝手に言わせてもらうと、格差は昔ほど

ではなくなったと思っている。コンビニで買い食いしてる高校生や中学生の親はすべて

1000万円以上の年収なのか?違う。居酒屋で仕事帰りに一杯ひっかけている親父

たちはみんな1000万円以上の年収か?違う。国産でも300万以上するクルマに乗っ

ている人は皆1000万円以上の年収か?違う。ランチで1000円以上使う人は1000

万円以上の年収か?違う。単に昔よりも金をかけられる対象が増えただけだ。

本当に格差がひろがり、二極化しているのなら、コンビニなんか倒産してしまう。中流

以下をターゲットにしてるはずだし。高級ブランドだってぜんぜん似合わないガキが持

ってる。「飯代削ってもヴィトンのショルダーが欲しい」という女子大生がいる国に格

差?あるかそんなもん!

翻って、教育費の件、これなんかも「金かかるんでしょ?ウチは無理!」といいつつ

TVショッピングで無駄な物買い漁る人、住宅やクルマで贅沢していて「大学は自力で

な!」なんていう親もいる。スーパーで食材買って調理したほうが安くつくのにコンビニ

やほか弁の弁当を買ってくる主婦。(すべて私の身近な者)

最近では学校給食費の未納者も増えてきたようだが、ホントに払えない家庭はごく少

数だとか。親がだらしなくなってきた!そして覚悟もなくした。そういうことでしょ?

「子供には悪いけど、私だって幸せになりたいの!」という母親が多くなってるそうだ。

何をかいわんやだな。子供できたら「女」は終いなの!母親としてのみ生きなきゃ。

男も同じだろうな。仕事人としての顔も必要だが。しかし最近は変な人がTVで「子を持

つ母親も我慢しないで自分の女としての幸せをみつけるべきだわ」という、狂人だな。変

なのは男女共同参画推進者に多いと勝手に思っている。話がどんどん逸れていくが、

ようは、子ができた時点で自分の幸せとかはもういいの!動物よりなんぼかましなとこ

みせなきゃならない。覚悟が必要だな。昔のTVドラマなんか見てみ、息子が東京の一

流大学に進学するといって、親は家屋敷売って金工面したり、親戚から借りたり、そし

て言うね 「こっちのことは気にせず頑張って来い」 う~ん泣かせるぜ!(T_T)。

それにね、この国はいい国で都道府県や市町村には奨学金制度もあるし、育英会とか

探せばいろんな奨学制度がある。親子で本気ならできるんだよ。自分のことで恐縮だ

が、私には3人の子がいる。上の二人(高校生と中学生)は九州の学校に行ってる。

本人に目標があり、本気だと感じた。だから行かせた。私の月収に匹敵する額を毎月

送金している。そりゃあキツいですよ。でもね、縦軸を意識していくと、わが子に手渡す

バトンを何にするか?を考えた。やっぱ財産もないから教育しかないっしょ。だから金

は惜しまない。だから歳とってから食えなくなってもいい。覚悟してる。日本のどこかで

あるいは地球のどこかで汗かいて働いてくれてりゃそれでいい。あとはなんもいらん

ね。マジで。そうと決めるとね、楽だよ。難しいこと考えないもの。


追記:前のエントリーで風俗(ソープ等)の話があったが、 結婚前のはなしですから。
    誤解のないようにm(__)m。






↑このページのトップヘ