縁側の 「逆風って気持ちいい!」

 縁側です、よろしく。首里城周辺をうろついております(^^♪ 言いたい放題させていただくブログです。酒飲みで常識もへったくれもない、常軌を逸した者が綴るブログですから、ムキにならずにお読みください。 ご意見やご批判などはこちら→samy_0363@ezweb.ne.jp

2007年10月


私が子供の頃、といっても小学生になる前ですが、米軍機が上空を飛んでいく姿

を見上げて大声でおねだりしていたのを思い出す。私と同年代の人(小学生のとき

本土復帰)は同じ経験をしていることと思うが(俺だけじゃないよな?)

「アメリカにいっておもちゃ買ってきて~!」と手を振って叫んでいた。

私の住む那覇では米軍基地被害の現実感はない。子供の頃からそうだったと記憶

している。テレビに映し出される米軍基地被害も本土での事件・事故も同じレベル

で見ていたように思う。それは今も変わってはいないように感じる。

米軍機にお願いしたものでハッキリと覚えているのが、タイガーマスクのリングセッ

ト。リングとタイガーマスクの人形、そしてその敵となるトラの穴からの刺客レスラ

ーの人形。欲しくてしょうがなかった。たしかタイガーマスクの人形は、マスクが

取り外し可能で、外すと伊達直人だったように記憶する。

クリスマスの翌朝、枕元にそれが置いてあるのを見てサンタクロースではなく

「アメリカの飛行機に乗っていた人」が買ってくれたのだと信じた。

「ギブミー・・・。」と同じ感覚だったのかはわかりませんが、幼い子供には米軍機が

「神」に感じたと言えば言いすぎかな?

私と同じ年代の沖縄の方、こんな思い出ありませんか?





生来の天邪鬼が災い?して物事を正面から見ないことが多い私ですが、確か、高

校生ぐらいの頃、定期テストの前だったと記憶しているが、先生が、「試験勉強は

夜より朝のほうがよい!早起きは三文の徳という言葉もあるくらいだ。」と、言われ

た。教師の声を子守唄代わりにしていた私だが、この言葉だけは素直に耳に入っ

た。「三文というのは今の価値でいくらぐらいなんだろう?」。子供の興味とはその

程度である。それからというもの、「三文」が、やたらと耳に飛び込んでくる。

テレビドラマを見ていても、「あの土地は二束三文で手に入れたんだ」のセリフ。

時代劇を見ていても「こんな三文芝居のどこがいいんだ?」など、「三文」はよく

耳にする言葉となった。しかしである。「早起きは三文の徳」以外に「三文」という

言葉を好意的に使っている言葉を聞かないことに気づいた。気づいてしまった。

そして私は、想像してみた。「早起きは三文の徳」と言い出した人、もしくは人々

が、どういう気持ちでこの言葉を使い始めたのかを・・。

私なりの結論として、「早起きは三文の徳」は、「無理して早起きしたってせいぜい

が、「三文」程度の価値しかないぞ!」か、「そんなむきになって早起きしたら

かえって体に悪いぞ!」というような意味だったのが時代とともにその語意が変わ

っていったのでは?との「仮説」を立ててみた。そして、周りの同級生に意見を聞い

た。「お前バカだろ!なっバカだろ!」この言葉が返ってくる。親にも聞いてみた。

「こんなバカなこと言ってるから成績が・・・」 薮蛇だった。大人になっても、職場

の同僚に話すと、あきらかにバカを見る冷たい視線が痛かった。

もともと勉強嫌いで、文献等を漁るなど、ありえない者が本気で立証してみよう、

などと思うはずがない。すっかり記憶からも消え去って歳月は流れた。

 数年前のことである。カーラジオを聞いていたら、ニュースの中で、ある国の

ある研究チームが(すいません。忘れました)、会社勤めのサラリーマンを対象に

ストレスについての追跡調査を行ったらしい。内容はというと、朝、早起きして

定時よりもかなり早く出社する人と、ギリギリまで寝て、これまた定時ギリギリ

に出社する人を比較して、どちらが多くストレスを溜め込んでいるか、という調査

だ。結果は?早起きして定時よりかなり早く出社する人のほうが、圧倒的にストレ

スを多く溜め込んでいるとのこと。運転中ではあったが、ラジオのボリュームを

いっぱいにして、食い入るように聞いていた。

「ヨッシャー!!」左コブシを強く握り、見ず知らずの外国の方に「仮説」の立証

に必要な、「必然性」を調査してもらった(タダで)ことへの感謝の気持ちでいっぱい

だった。言うまでもないが、その日から、知り合いに会うと、必ずこの話をした。

そして、現在に至っているわけだが、やはり、「三つ子の魂・・・・」。本を読むと

ページをめくるたびに勇気と忍耐を試されているようで、ストレスと睡魔が同時に

襲ってくる。そんな男が図書館や、古書店巡りなどできるはずもない。であるから、

今もって立証できずにいる。

もちろん私自身は、「仮説」ではなく「定説」と思い込んで、わが子にもそのように

教えている。(ただし、学校での使用を禁止してはいるが。)

この「仮説」について皆々様からのご高説を賜わりたく存じ上げます。


追記:バカにしないでください、打たれ弱いので。

    「バカをバカだと言う者がバカである」 は、「定説」 である。









亀田の試合に対する処分や、連日のマスコミの報道、新聞の投稿欄での亀田批

判、なにかあの試合を見ていたとき以上に気持ちが悪くなる。

あんなバカ親に育てられた子供に少しは同情しろよ。あの親父の元で、小さい頃か

らボクシング漬け、一般的な社会常識なんか教わってるわけない。それになんたっ

て18歳でしょ。親離れしてない子供ですよ。

例えは悪いが、少女売春が摘発された際、買春した大人が道義的、社会的に

罪を問われるのは当たり前だが、売春した側の未成年の女の子は被害者として

扱われる。交渉を持ちかけてきたのが女の子であってもだ。現在の社会通念上

はそうらしい。それからいけば、今回の「亀田問題」は幼稚な心のままの18歳

のボクサーよりも、無謀な試合をマッチメイクした協栄ジムの会長と、亀田兄弟

をそれはそれは持ち上げ、煽り続けてきたTBSこそが断罪されるべき「買春者」

じゃないか?今回の試合でもでっかく稼いだんじゃないのか?TBSなどは、自らの

罪はほっかむりして、試合の翌日からは「亀田バッシング」してやがる。

恥知らずなカネの亡者どもだ!テレビのコメンテーターも、日頃、「子供の教育

は・・・・。」などといってるやつが18歳の親の保護を必要としている子供を

バッシングする側に回っている。だったら、売春した未成年の女の子も、カメラ

で追い掛け回してバッシングしろよ。「最低の女ですね~」や「こんな淫売女には

重い処分を与えなさい!」「こんなふしだらな女にした親をぶち込め!」

ぐらい言わなきゃ。なんたってどちらも同じ「プロ」なんだからな。

まぁ、上の「暴論」はけっして試合中の「あの行為」を正当なものだと言っているわ

けではありません。悪いのは悪い。当たり前のことです。それを反省させて、これ

から教育していけばいいと思う。ただしあの親父抜きで。

全国あちこちでこの「亀田問題」が話題になっていることと思うが、「あの憎らしい亀

田が、誰の目にも明らかな反則技」をしたことで、マスコミを含めた一般大衆は絶

対正義を享受し、言いたい放題!沖縄では、文科省が教科書検定で「旧日本軍」と

いう主語を、「我々に断りもなく削除した」として、マスコミと一部世論が絶対正義を

享受したと思い込み、政府や、文科省に言いたい放題!  

なんかこの二つの話題早く終わってほしい。気持ち悪くて・・・。



追記:上の暴論へのご批判はご遠慮願います。

    私も未熟な男ゆえ、バッシングに耐えられるか不安ですので。失礼!
                     














沖縄から160人を超える要請団が上京し、記述の回復と検定意見の撤回を求めている。

高校生に教える内容がどのくらい詳しくなければいけないのかは意見の分かれるところでしょうが、私は、集団自決などの悲惨な事実があったというレベルで十分だろうと思う。

我々は、時空間の中で生き、そこから逃れることは誰にもできはしない。
歴史教育の中で沖縄戦だけを殊更強調するのも「時」の制約を受けるのは仕方のないことだ。
100年後の歴史教科書に同じ紙幅で記述されている歴史的事実などないはずだ。

まして歴史の教科書は、週刊誌やトンデモ本とは違う。学校での授業は「犯人探し」の場でもないはずだ。集団自決という事実を記述している現在の教科書は、十分その役目を果たしているといえる。

「未来の子ども達に正しい歴史教育を!」と叫んだとて、歴史の蓄積には逆らえないのだから、六法全書以上の、紙幅の教科書を子どもに使用させるわけには
いかないはずだ。

歴史の研究は大学にいってから専門的にすればよい。
したがって今回の問題で文科省は「要請団」におもねる理由などない。

彼らに教科書検定を妨害できる権利という既成事実を与えてはいけない。
わが国の未来の子ども達のために!


教科書検定問題で、左翼学者や、左翼教師、左翼マスコミが、流布している

ものの中に、「主語が抜けた!」がある。

検定前後の白表紙本を読み比べて、そー言っているようだ。

日本国民に文法のお勉強でも、というわけではないだろうが、「軍命あり」を前提

にしている以上、歯が抜けた!より、説得力が弱い。

ところで、「主語」で思い出したのですが、広島平和記念公園の石碑!

   「安らかにお眠りください 過ちは繰り返しませんから」

に、「主語」がない、と最初に言ったのは、パール判事でしたっけ?(教えて!)

広島にも沖縄に勝るとも劣らぬ数の左翼教師がいるとのこと。

ついでと言ってはあれですが、「主語」に、「アメリカ」を入れるとぶちまける。

もちろん左翼は、「アメリカだけではなく、日本軍を入れろ!」とくる。

広島代理戦争勃発!



そして私は、想う。

 
       我々アングロサクソンは

  にしとけ!と。

↑このページのトップヘ