縁側の 「逆風って気持ちいい!」

 縁側です、よろしく。首里城周辺をうろついております(^^♪ 言いたい放題させていただくブログです。酒飲みで常識もへったくれもない、常軌を逸した者が綴るブログですから、ムキにならずにお読みください。 ご意見やご批判などはこちら→samy_0363@ezweb.ne.jp

2007年09月

とうとう昨日、宜野湾市において、教科書検定意見撤回を求める県民大会を開催してしまいました。吐いた唾は戻せません。その後をしっかり見聞しなければ・・。

これは、読解力の問題ですが、昨日の琉球新報の朝刊を舐めるようにみましたが、軍命、絶対的強制(戦地で軍からの指令は即、生死に関わる重要なもののはずですから、「死になさい!」「イヤです!」「じゃあ勝手にしろ!」は強制とはいいません)を裏付けるような証言は皆無でした。残念!!

この問題が「勃発」してすぐのころ、ビートたけしの昔のギャグを思い出しました。

飛び降り自殺するためにビルの屋上から身を乗り出している男に「バカな真似はやめろ!」 「いや死なせてくれ!」 「あっそう。」で、後ろから押してあげたら、自殺希望者の男が「馬鹿野郎!アブねえじゃねーか。あ~死ぬかと思った!」というギャグ。

つまり、権力者が、「皆の前でオナニーしろ!」 「イヤです!」 「逆らうと殺す!」
「わかりました。それじゃぁ、シコシコ」(すいません、下品で。)

この場合は、あきらかに「命令」の効果がでております。が、

「米軍が上陸した。潔く死になさい!」 「イヤです!」 「逆らうと殺す!」
「わかりました。それじゃぁ、死にます。バーン」

この会話は明らかにおかしい。命令に、従順でも、逆らっても、結果が変わらない場合、まして、生死に関わる場合に従順であることを選択するとは思えません。
沖縄の民は、従順になることを選択し、家族に手をかけたと、左翼学者や、目取真俊はいっているのです。当時の空気を想像してもわたしには、愛する家族を前に、従順を選択することなどできないと思います。

たぶん、「関与」という言葉の解釈がこの問題の落としどころになるのでは?

余談ですが、昨日、県民大会当日ですが、わたしは、県民の「醜態」を詫びつつ、慰霊の意味も込めて、沖縄県護国神社に参拝してきました。休日に時間があれば
よく行くのですが、昨日は県民大会!五万人は集める!と豪語していたので、戦没された方々への慰霊の心をもつ人々が多数詰め掛けているだろう(午前中に)と思っていました。ところが、予想に反して、参拝して帰るまで人間とすれ違うことはありませんでした。「歴史歪曲を許すな!」も、戦没者を脇において、無視した状態での県民大会が、子供達の教育にいいとは思えません。
皆さんはどうお考えになりますか?

文中のギャグは、戦没者および、ご遺族を中傷したものではありません。誤解のないように付記します。

今日の夕方、琉球朝日放送の地元向けニュースを見てたら、早速、教科書検定問題関連、うんざりした気持ちでいたのですが、番組の最後のほうで、自由主義史観研究会の藤岡信勝代表が映し出され、「いままでの教科書が事実と違っていたのであり、今回の検定で修正意見が出たのは、遅きに失したぐらいで、正しい方向にむかうものである」と述べていました。

沖縄にある民放で唯一「軍命なかった派」の知識人を映像で映し出したことは、画期的なことだと思います。もっとも、県民の怒りの炎にガソリン撒きたいだけかも・・。

しかし、県民のなかで、一人でも、立ち止まって思考してみよう、と思った人がいたとしたらうれしいですね!(朝日系列のやることはよくわかりません)

自民党の次期総裁選挙戦が熱を帯びてきた。が、なんとなく報道内容から福田さんで決まりです、と言わんばかりで、体の力が抜けていきます。

福田さんが総理大臣になれば、まちがいなく、北朝鮮にたいして宥和政策を実行し、特亜に対する姿勢も共生の名の下に腰砕け政策に陥るのは目にみえています。

早くもブレーンの顔ぶれがとても気になります。NHKでやってた記者会見で福田さんは、男女共同参画社会の実現に向けて改革を推し進めるとのこと。この男、ほんとは、共産党のスパイじゃないのか?と勘繰ってしまうが・・。麻生さんのほうがナンボかましですな。

もし、福田さんに決まったら、この日本という国の真の独立、自存自衛はさらに遠のいてしまいます。朝日の皆さん、お願いだから、安倍叩き以上の攻撃を、福田さんに・・・。って無理か!

夕方の小宮のえっちゃんのニュース見てたら、な、なんと、次期総裁は「断定的に、福田さんということで、今後の展開を予測したい」と言ってしまった。朝日新聞の星という編集委員もいい感じ?ですね。さすが朝日というところ。

自民党の総裁レースの本命が福田さん?古館がいやらしそうに言ってた。朝日は、福田のほうがいいんだろうな。この国にとっては、よくないが・・・。

↑このページのトップヘ