竹富町が八重山採択地区協議会が答申した育鵬社の教科書を採択せずに、東京書籍の教科書を使用しているという、「違法行為」に対して、文科省から県の教育委員会に再三にわたる是正要求がありながら、それに従わないことで、ついに文科省の堪忍袋の緒が切れたようだ。大なたを振るうことを決めたようです。まぁ、バカ相手に理屈で物言ったって通りゃしねーってことが、よ~~くわかったのでしょう。

 

  

教科書是正 竹富町に直接要求へ 文科省、県通さず

2013.12.19 08:53

 沖縄県竹富町が法に反し、教科書採択地区協議会の答申とは別の中学公民教科書を使用している問題で、文部科学省は18日、竹富町に直接是正要求を行う方向で検討に入った。文科省はこれまで、竹富町に是正要求するよう沖縄県教育委員会に指示していたが、同県教委が従わないため、新たな対応が必要と判断した。国が都道府県を通さず市町村に直接是正要求するのは初めて。年明けにも手続きに入るとみられる。

 この問題で竹富町は、同町と石垣市、与那国町で構成する八重山採択地区協議会が平成23年8月に選定した育鵬社の中学公民教科書を採択せず、別の教科書を使用している。

 教科書無償措置法では、地区内で同一の教科書採択を定めており、文科省は竹富町の対応を法律違反と判断。今年10月18日には下村博文文科相が沖縄県教委に対し、竹富町に地方自治法に基づく是正要求を行うよう指示した。しかし県教委は結論を出さず、事実上、国の指示を拒んできた。

 文科省は11月28日、県教委の諸見里明教育長を同省に呼び、上野通子政務官が強く指導したが、18日に開かれた県教委の定例会でも結論は先送りされ、事態は進展しなかった。判断の先送りはこれで3回目。このため文科省は、このまま県教委に対応を任せても問題解決には至らないと判断した。地方自治法によれば、国の是正要求は都道府県に行われるが、「特に必要と認めるとき」は市町村に直接できると規定している。文科省はこの規定に従い、新たな対応の検討を始めた。

 文科省は近く、県教委に国の指示に従うよう、強く指導する。しかし、事態が進展しなければ、来年1月中に期限を定め、官邸とも協議の上、竹富町に直接是正要求するとみられる。


 

  昨日もエントリーしたが、今朝の琉球新報で詳しく載っている。沖縄県教育委員の程度の低さと知見のなさが露呈した格好だ。

 

  竹富教科書是正要求、県教委が質問書送付へ 

 県教育委員会(新垣和歌子委員長)は18日、県教育庁で12月定例会を開き、八重山教科書問題で文部科学省から竹富町教委への是正要求の指示を受けていることについて、是正要求に対する疑問点をまとめた質問書を文科省に送付することを決めた。質問書の内容は1月定例会で決定する。
 文科省の教科書検定基準に合格した2教科書の一方を否定する正当性、教育現場に大きな問題が生じていない竹富町に是正を求める必要性などについて、定例会では委員から疑問の声が相次いだ。新垣委員長は「疑問点に対する文科省の考えを直接聞けていない。委員が納得した段階で結論を出したい」と話した。
 諸見里明県教育長は、11月に上野通子文科大臣政務官と面談した内容を委員に報告した。諸見里県教育長に上野政務官が明確な回答をせず、教科書無償措置法に沿って対応するよう再度求めたことに、石嶺伝一郎委員は「議論がかみ合ってない」と指摘し、宮城奈々委員は「教育的配慮が全く見られないのが残念だ」と話した。
 富川盛武委員は「法律論や行政手続きを超え、本質論で議論すべき問題だ」と強調し、泉川良範委員は「是正要求が引き起こす事態について判断する材料がまだ足りていない」と述べた。
 


 

  >八重山教科書問題で文部科学省から竹富町教委への是正要求の指示を受けていることについて、是正要求に対する疑問点をまとめた質問書を文科省に送付することを決めた。質問書の内容は1月定例会で決定する。
 

  :泥棒が警察官の取調べに対して、「おいマッポ!おめーの言ってることは意味がよくわからんから、こっちから質問書出すから答えろ!」ということなのだろう・・orz  それにだ、その質問書の提出どころか、内容を翌1月の定例会で話し合うらしいから、これを聞いた文科省が「もうバカを相手にはできん」と、1月中に期限を決めて県教委をパッシングする腹積もりだろう、当然だであり遅すぎるくらいだよ。

 

  >文科省の教科書検定基準に合格した2教科書の一方を否定する正当性、教育現場に大きな問題が生じていない竹富町に是正を求める必要性などについて、定例会では委員から疑問の声が相次いだ。新垣委員長は「疑問点に対する文科省の考えを直接聞けていない。委員が納得した段階で結論を出したい」と話した。
 

   :はははははは、・・・・orz はは・・・・ははは~~~~はははは~~~(T_T)

 

 ルールを守りましょう!という標語は沖縄県では通用しないことがわかりましたね(^^) なるほど、だから沖縄人ってケダモノみたいに理性のない狂人が多いのね<(_ _)>

 

 

  >石嶺伝一郎委員は「議論がかみ合ってない」

 

    :電気屋のボケが。身の程をわきまえろ!おめーなんかに教育行政官が務まるわきゃねーだろがカス!

 

   >宮城奈々委員は「教育的配慮が全く見られないのが残念だ」

    :う~ん、沖縄県内の優等生にありがちな、沖縄イズムの典型的な継承者ですね。縁側は息子にこのような人が近くにいたら「しっ!しっ!」と言うように躾けております(T_T)/~~~

 

  >富川盛武委員は「法律論や行政手続きを超え、本質論で議論すべき問題だ」と強調

 

   :こいつがこの痴呆教育委員会を引っかきまわす元凶。法律や行政手続きは二の次でいいんだよ!・・と教育委員が言っちゃったよ・・・・orz     沖縄県教育委員会よ・・ご愁傷様・・チーン!もう終わりだ、キミら。

 

 文科省にケツの毛まで抜かれて、くたばってしまえ!