めかけの子を擁護する縁側です。というか、自民党やクソ右派連中が口にする「家族制度を守る」という詭弁に腹が立つ。
 
 月刊正論に高崎経済大の八木秀次がこの婚外子に関する最高裁判断について異論を述べている。
 
  最高裁判決に怒りの倍返しだ!婚外子「不当相続」から家族を守る民法改正の秘策
 
 まぁ、狂った脳みそをお持ちですこと。こりゃ日本の教科書って全滅だな(T_T)/~~~
 
 一読してこの八木という男のバカさが顕著となる。ぜひ読んでくれ。
 
 この駄文の中で例としてだした家族のケースなんか、チンチン勃てて従業員の女に手を出した夫が婚姻共同体を破壊したんだよね。それは明白だな。だったら残された嫡出子は、こんなクソ親父を選んだ母親を恨みなさい。そして、非嫡出子に持っていかれた相続分を自分の母親から補填してもらえ!それが筋だ。
 
 >今回の裁判のケースでも正妻の娘(嫡出子)は「死んだ母は弁護士の先生から民法の規定について教えられ、“法律が守ってくれる”といつも口にしていました。母は40年以上も地獄のような日々を送りましたが、民法の規定があることで愛人とその子に一矢報いることができる、と思っていたはずです」
 
 :これなんか「夫」に対する感情が見えないね。なぜ?家族を崩壊させた張本人を恨んでないわきゃねーわな。なぜ早々に「地獄」から抜け出さなかったんだ?死ぬの待ってたんだろ?そうとしか思えないがな。それとその夫を選んで結婚したのは誰でしたっけ?(T_T)/~~~ 自助の精神のかけらもねぇのかよ。なにが法律が守ってくれる!だ。もしかしたら、死んだダンナは妻の悪態などで精神状態が病んでいたかもしれねぇじゃねーか。もしかしたら、とんでもない浮気女だったかもしれんだろよ。
 
 要は,細かい人間関係なんか傍に置いて考えなきゃ。もちろん家族制度なんて考慮する必要はあまりないと思うぞ。そんなに家族制度守りたいなら、不貞行為をはたらいた者は死罪がいいんじゃね?それで西田や自民党のボケ共の心配する家族制度の崩壊を阻止しましょう、ってこの刑法できたら自民党議員の大半が死罪になったりしてな(T_T)/~~~
 
 それにしても、西田も他の自民党議員も金銭至上主義になって、かわいそうなお妾さんの子を世間体でも差別されてるはずなのに、法律でも縛りかけて差別しよう!ってんだから、優れた方々だよね(T_T)/~~~
 
 ヘイトスピーチと同じでね、法で縛ったらダメだよ。「法の下での平等」を大枠で決めとかなきゃ。差別は世間に任せろよ。それが世間の代表たる国会議員だと思うぞ。
 
 しかし、この八木秀次はこの駄文で執筆料いくらなのかね?
 
 あ、忘れてた。上で不貞行為により死罪になった男の方のチンチンはアヒルに食わしてから、正妻と嫡出子で鍋にして食うこと(T_T)/~~~