婚外子の遺産相続分が嫡出子と同等でないのは違憲と最高裁が判断した。それを受けて現行の民法を改正しなきゃならないのですが、自民党がゴネている。なんでも、
 
 「親が亡くなった途端に、親の面倒を見ていない(事実婚の)子供が遺産相続に現れることがあるが、許されるのか」
 
       とか、
 
 
 「自民党は昨年の衆院選で『日本や家族の絆を取り戻す』と訴えて勝利した。家族制度を促す価値観をつくるのが立法府の仕事だ」
 
  などと、たわけたことを言ってるようだ。
 
   「家族制度を守れるのか」婚外子相続の民法改正、自民から慎重論噴出
 
 今朝のフジテレビ報道2001では、自民党の西田昌司氏が出演して、意味不明の発言を連発していた。この御仁は何様なのだろう?
 
 なぜ一政党が我々の家族観にまで口を挟んでくるのだろう。
 
 そもそも最高裁判決は、日本の家族制度まで言及してないでしょう。嫡出子と非嫡出子の遺産相続分が同等でないの違憲だとしてるだけだ。それを踏まえての議論になぜ、「不倫助長」や「家族制度崩壊」がでてくる?意味がわからん。
 
 おそらく、多くの自民党議員には愛人がいるのだろう。愛人がコンドームに穴なんか開けるという工作にでてこられた場合を想定してるんじゃねーのか?そうでなければ説明がつかない。
 
 「憲法が悪い」なんて言う議員まででてきてるらしい。こいつらに憲法改正案をまかせていいのか?
 
 報道2001で西田のボケは、「不倫助長だ」とか、非嫡出子の割合は2%台だから、多くの国民は「普通に」結婚して「普通に」子を産み育てているとほざいていた。だからなんだよ?ボケ!
 
 それはそれでしょよ。最高裁判決とは何の関係もない。要は、婚外子に同等の権利を与えるように民法改正しろ!ってことだ。なにが問題なんだよ。保守政党?はははあはは、笑わせるな!こんな問題に保守もリベラルもねんだよ。ドアホ!
 
 >「親が亡くなった途端に、親の面倒を見ていない(事実婚の)子供が遺産相続に現れることがあるが、許されるのか」 
 
 :もうこんな議員いらねぇ。だったら、嫡出子でも、中学出てから40年くらい実家に連絡もせず、行方不明状態でやりたい放題した息子が親が死んだ途端、「おう、財産分与だ、よこせ!」はいいのか?ドアホ!
 
 細かい人間関係を言い出したらきりがねぇだろよ。その親の子であるならば、同等の権利を!というのは自然の流れだと思うがな。
 
 西田のボケがいう日本の家族制度の中で、日本人が例えば涙する話としては、花登筐のドラマなどで、おめかけさんの子が本妻の子との差別で苦しみながらも力強く生きていく、みたいなのあったでしょ。その差別がいいとでもいいたいのか?
 
 それとこの問題は田中真紀子に聞いたほうがいい。週刊誌ネタでは角栄の腹違いの子の財産分与が真紀子によってかなりキツかったとあったからな(T_T)/~~~
 
 自民党は少し勘違いしだしてないか?大枠として非嫡出子の財産分与は同等であると改正して、日本人の道徳観や家族観が崩壊するとしたらそれは別の問題なんだよ。法が変われば家族観まで変わるってんなら、いったい「家族にとって一番よかった時期」とはいつだ?戦前の家長制度がよかったのか?あるいは男女の差が少なかった江戸時代に遡るか?それに家族制度もなんもかんも自民党のさじ加減で日本人の精神まで変えられるとお思いか?思い上がりも甚だしい。おい西田!おめーはバカだよ。
 
 >「自民党は昨年の衆院選で『日本や家族の絆を取り戻す』と訴えて勝利した。家族制度を促す価値観をつくるのが立法府
 
 :これを言った自民党議員よ、名乗り出ろ!おめーらに俺の家族観という心の問題をいじれるとでも思ってるのか?クソボケ野郎。何様のつもりだ?「家族制度を促す価値観」だと?おいおいふざけたことをぬかすなよ、おい自民党。おめーらに憲法いじられるのは危険なのかもしれんな。こりゃ我が日本共産党と共に自民党に「NO!」を突きつけていくしかないのかもしれん。
 
 家族制度を信号機のない交差点と見立てた場合、その真ん中に立ってる「おまわりさん」は自由民主党である、なんて思ってるなら、この日本から消えることを望む。