<金口木舌>私の母語は何だろう
 
 外国語を自在に操る人にあこがれる。しまくとぅばを守り伝える人には頭が下がる。語学音痴のわが身にはまぶしく見える存在だ。先日も台湾生まれの若者の話を聞き、羨望(せんぼう)と軽い嫉妬を感じた ▼彼の母語は台湾語。北京語を使う知人がおり、台湾語だけではうまく話が伝わらないので英語で会話するという。同じ中国語圏なのに、英語で意見を交わす。そんな体験を披露する彼の言葉は流ちょうな日本語だった
 ▼国際色豊かなコザにうってつけの話題に触れ、20年前に訪ねた南洋の島々を思い出した。島の高齢者は沖縄から来た若造に日本語で応じてくれた。取材ははかどったが、日本統治の残影を前にして、気分は晴れなかった
 ▼「沖縄の言葉を知っている」というロタ島の住民には戸惑った。「ニヘーデービル、酒グヮーアミ」と声を掛けられ、頭に描いたのは、かつて島で暮らした県系人との酒盛りの図
 ▼多言語を駆使する台湾の若者に接し、日本語教育の洗礼を受けた島々の歩みをたどりながら「私の母語は何だろう」と語学音痴は自問する。「しまくとぅば」と明快に答えることができず、もどかしい
 ▼しまくとぅば復興の機運が高まっている今こそ、台湾や南洋と同様に沖縄を覆った日本語教育や戦後の標準語励行の呪縛を解きたい。母語として、しまくとぅばを取り戻す確かな一歩を重ねるために。
 

 
 沖縄を日本から独立させたい琉球新報という反国家団体の思想がよく表現されたコラムだと思います。もう最近は遠慮なしだよな。剥き出しの「独立」が社会面などでも躍動感たっぷりに掲載されてたりする。
 
 たとえば、数日前の社会面の記事がこれだ
 
 自治への自覚、団結を 沖縄独立で海外識者議論
 
 気味の悪い連中の悪寒の走る集会ですね。中国の大学の先生や、石垣島出身の松島とかいう曲学阿世の徒といっていい大学教授。こんな連中の話を真に受けたのがこのコラムの執筆者と琉球新報の多くの記者様。ご愁傷様でございます(^^♪
 
 >国際色豊かなコザにうってつけの話題に触れ、20年前に訪ねた南洋の島々を思い出した。
 
 :突然、何の脈絡もなく「国際色豊かなコザ」が出てきた。意味不明である。なるほど日本語が苦手なようで・・。国語力のないこの筆者や、県内のイデオロギーまみれのマスコミ人に一言いっておくか。
 
 こいつらクソマスコミの連中がよ~く使う変な言葉に「音楽の街コザ」とか、このコラム執筆者のように「国際色豊かなコザ」などがあるのだが、なぜ音楽が盛んなのかい?なぜ国際色豊かなんだい?それは米軍が駐留してるから(T_T)/~~~
 嘉手納基地のゲート前にコザの繁華街があるためですよ。ベトナム戦争時にコザのライブハウスなどで活動した沖縄のロック歌手や楽器の演奏者など一財産築いた者は多数いる。現在でもロックフェスティバルなどコザは音楽の街とされているが、米兵をカモにして米兵の好む音楽で金を稼ぎまくったから「音楽の街」なんだよ。それとゲート前に飲食店をつくってこれまた米兵の財布の中身を狙った連中が多数いたから繁華街になったの。よって「国際色豊かなコザ」というわけだ。
 
 ということは、琉球新報の忌み嫌う米軍様が「音楽の街」の原点だし、米兵が様々な人種によって構成されているから「国際色豊か」なんだけど、縁側が琉球新報の記者なら、こう言うね。
 
 「音楽の街」などと騒いでいる沖縄人は恥を知るべきである。駐留米軍にその原点がある「音楽の街コザ」は、明らかに負の遺産であり、肯定的に捉えての「音楽の街コザ」という言葉の活用は厳に慎むべきである」とまぁ、こんな感じで沖縄人に説教するけどね(T_T)/~~~
 
 >島の高齢者は沖縄から来た若造に日本語で応じてくれた。取材ははかどったが、日本統治の残影を前にして、気分は晴れなかった
 
 :いまだに左翼学生のようなこと言う者がいる、「日本は東南アジアや南太平洋などで現地人に酷いことをした」とかね。「心の清い者」は反省猿になる必要がある、自分のように・・、ということか。
 
 >多言語を駆使する台湾の若者に接し、日本語教育の洗礼を受けた島々の歩みをたどりながら「私の母語は何だろう」と語学音痴は自問する。「しまくとぅば」と明快に答えることができず、もどかしい
 
 :はははははは、そりゃそうだろーよ。日本語も下手な上に沖縄語もできないじゃな。おめーの親を恨めよ。
 
 
 >しまくとぅば復興の機運が高まっている今こそ、台湾や南洋と同様に沖縄を覆った日本語教育や戦後の標準語励行の呪縛を解きたい。母語として、しまくとぅばを取り戻す確かな一歩を重ねるために。
 
 :何度も言うようだけど、「しまくとぅば」(島言葉:沖縄語の意)は絶対に復活しません。無駄なあがきです。もちろん沖縄地方の方言として変態化しつつ残していくことはできる。けれど、母語としての沖縄語はとっくの昔に死にました。生き返りません。
 それにしても、このコラムの執筆者様さー、自分が今まで生きてきた半生の中で使用してきた日本語をどう説明するのかね、聞きたいもんだ。って「呪縛」って書いてあるじゃん!(T_T)/~~~
 
 なるほど、かなりキツい半生だったんだろーなー。この人、語学音痴というからおそらく日本語しかできないのだろう。彼(彼女)にとって、唯一の使える言語が「外国語」かよ(T_T)/~~~ それはそれは、ほんとにご愁傷様。よくアタマがおかしくならずに生きてこられましたね、ってなんだ琉球新報の記者だったね。すでに「おかしくなってる」から、そこにいるんだよな。いや失礼<(_ _)>
 
 まぁ、暇ならこんなものもあるので視てくれ。
 
 「琉球民族独立総合研究学会」設立記者会見
 
 9:40あたりで質問してるひげ親父は産経新聞前那覇支局長(現 同社編集委員)の宮本雅史氏。実は、この記者会見のことを氏からお聞きしたのですが、お化けに遭遇したかのように虚脱しておりました(T_T)/~~~
 
 独立できたら、「琉球国を代表するクオリティーペーパー」の称号もらえるもんね。がんばれ琉球新報。