今朝の琉球新報社説です。呆れてしまいました。
 
 
  学校移転発言 優先すべきは住民生活だ
 
  平穏な生活を求める県民の思いを全く取り違えている。本末転倒も甚だしい発言だ。
 来県した前原誠司外相は、米軍普天間飛行場移設問題に関連し、移設までの間の危険性除去対策として県が要望すれば、学校など周辺施設の移転を政府は検討する旨の発言をした。
 これは「基地があるから、周辺住民は出て行け」と言っているのに等しい。基地優先の姿勢をあらわにしたものだ。
 学校や病院などを移転させることでは、何ら根本的な解決には結び付かない。
 前原外相は「移設先を決めるまでは普天間飛行場が使用され続けることになる。万が一、事故が起きた場合、被害を最小限にするため」と、学校、病院などの移設理由を挙げている。
 米軍事故で「市民の多少の犠牲もやむなし」とも聞こえる。そもそも住民生活から遠く離れた場所に、学校や病院を移転すること自体が矛盾した発想だ。
 通学や通院の不便が日常化し、基地の危険性も放置される。全く話にならない。
 普天間移設が行き詰まった場合、政府は「学校や病院などを移転しているから、危険性は小さくなった。だから移設なしでも構わない」と、固定化を押し付ける論理にもなりかねない。
 安里猛宜野湾市長が言うようにまず、米軍に日米間で取り決めた騒音防止協定や飛行ルートを守らせ、安全基準を満たすべきだ。
 市の度重なる要望にかかわらず、騒音防止協定、飛行ルートを守らないで、好き勝手に基地の運用を続けている現状を見ると、政府がそれを米側に徹底して申し入れているのか、疑問だ。
 住民生活の平穏を守るため、やるべきことをやらず、唐突に基地周辺施設の移転を口にしても県民の理解など得られるはずはない。
 菅直人首相、前原外相に対し、仲井真弘多知事は普天間移設先を名護市辺野古とした日米合意見直しを求め、県外移設を申し入れた。
 危険な普天間飛行場は県外に移設せよというのが沖縄の民意だ。それは県民大会や県知事選などを通じて何度も示されている。
 菅首相、前原外相はじめ政府は、なぜ沖縄の声に耳を傾けようとしないのか。
 優先すべきは住民生活で、移転し撤去すべきは危険な基地だ。(引用おわり)



 
 >平穏な生活を求める県民の思いを全く取り違えている。本末転倒も甚だしい発言だ。

 
  :平穏な生活を求める県民の思い・・・・・ですか。俺は平穏に生活してるよ。騒音ねぇ、じゃあなんで基地周辺には今でもアパートや住宅が建築され続けて人口が増え続けてるのかね~(T_T)/~~~
 
  >来県した前原誠司外相は、米軍普天間飛行場移設問題に関連し、移設までの間の危険性除去対策として県が要望すれば、学校など周辺施設の移転を政府は検討する旨の発言をした。

 
  :ここでの肝は「県が望めば」ですね。望まないなら移転に協力する必要はない。というか、そもそもなんで基地の側に学校建てたの?建てる必要があった理由はというと、基地の周辺に住み始めた人たちが増えて、それを市側も許可していたということなんだけどね。あー、恥ずかしい人たちですこと。「県が望めば」ですが、縁側は望まないね。そのまんまでいい。危険?笑わせるな!危険でも何でもない。我が子の安全考えるならなんでアパートが建てられて、そこに家族が引っ越してくるんだ?テメーで越してきといて、「うるさい!」ってか?その声のほうがよっぽど「うるせぇ!」ちなみに縁側は家の中のほうがより危険だ(T_T)/~~~。
 
 >これは「基地があるから、周辺住民は出て行け」と言っているのに等しい。基地優先の姿勢をあらわにしたものだ。

 
 :そうですけどそれが何か?1億3千万のために、数万人の人が少しだけ我慢するのは仕方ない。他の地域の人はその代わりに税金の負担で協力してもらう。それでなにか文句あるのでしょうか。それが嫌ならこの国から出て行けばいい。
 
 >そもそも住民生活から遠く離れた場所に、学校や病院を移転すること自体が矛盾した発想だ。

 
 :学校に関しては近傍に移転計画があったけど、平和団体が住民そそのかして潰したよね。そのときはたしか共産党も頑張っていたよね(^_^)v。よって危険でも何でもいいから学校は固定化させましょう。もっとはっきり嫌われてもいいから言うけど
 
 「俺の子じゃねーもの、考えるべきは普天間で子を持つ親たちであって俺は関係ねぇ。危険だと思うなら動けばいい。国は『協力する』と言ってるぞ。その地域の主権ですよこれは。今まで動かないということは危険じゃねぇってことなの。だから学校は固定化して税金はなるべく使わないほうがよい」
 
 >通学や通院の不便が日常化し、基地の危険性も放置される。全く話にならない。

 
 :引越しましょうね!
 
 >普天間移設が行き詰まった場合、政府は「学校や病院などを移転しているから、危険性は小さくなった。だから移設なしでも構わない」と、固定化を押し付ける論理にもなりかねない。

 
 :この論説委員は国語力あるんか?前原外相は「県が望めば」と言っているんだろ?だったら琉球新報は県に「望むな!」と言えばいいだけじゃねーか。無理やり学校移転させようなんて誰も言ってねぇぞ、ドアホ!
 
  >安里猛宜野湾市長が言うようにまず、米軍に日米間で取り決めた騒音防止協定や飛行ルートを守らせ、安全基準を満たすべきだ。
 市の度重なる要望にかかわらず、騒音防止協定、飛行ルートを守らないで、好き勝手に基地の運用を続けている現状を見ると、政府がそれを米側に徹底して申し入れているのか、疑問だ。

 
  :はい、騒音は防止できませんね、なんせ輸送機のエンジンにはまだEV開発されてないもの(T_T)/~~~。それと飛行ルートをどういじっても危険の軽減にはなりません。落ちたら誰かが死ぬでしょう。それが何か?
 
 何度も言うけど、縁側は普天間が固定化しても痛痒を感じない。私の家の上空を毎日輸送機が低空で飛んでるけどテレビの音が一瞬聞こえない程度で我慢とも言わない。私の親は普天間基地のフェンスの側5メートルの所に住んでるが私は固定化でいい。親もそう言ってる「中国は怖い」とね(台湾人でした)。親の近所の人とも話したが「金くれるなら基地があってもいい」らしいぞ。もちろん総意かどうかは知らん。そういう人も多いわけだ。金って凄いね、命懸けってか?(T_T)/~~~
 
 それとね、これはもう遠い過去のことだけど、明治政府が「沖縄県」を設置したのがそもそも悪い。地図見ろよ、小さな島じゃねーか。離島だよ。ひとつの県とするほどのもんじゃねぇ。外れの田舎でよかったんだよ。県にしたのは失政だと思うぞ。