教科書検定問題で、左翼学者や、左翼教師、左翼マスコミが、流布している

ものの中に、「主語が抜けた!」がある。

検定前後の白表紙本を読み比べて、そー言っているようだ。

日本国民に文法のお勉強でも、というわけではないだろうが、「軍命あり」を前提

にしている以上、歯が抜けた!より、説得力が弱い。

ところで、「主語」で思い出したのですが、広島平和記念公園の石碑!

   「安らかにお眠りください 過ちは繰り返しませんから」

に、「主語」がない、と最初に言ったのは、パール判事でしたっけ?(教えて!)

広島にも沖縄に勝るとも劣らぬ数の左翼教師がいるとのこと。

ついでと言ってはあれですが、「主語」に、「アメリカ」を入れるとぶちまける。

もちろん左翼は、「アメリカだけではなく、日本軍を入れろ!」とくる。

広島代理戦争勃発!



そして私は、想う。

 
       我々アングロサクソンは

  にしとけ!と。