沖縄では、昨日のコロナ陽性が100人とのこと。コロナも生き延びたいのでしょう。みんなで騒ぎ狂ってくださいな。

 さて、本日は休日ということもあり、朝からオリオンビールを飲んでます。ツマミに我那覇真子チャンネルのコメント欄見てたらまぁ、荒れに荒れてますよね。ず~っとスクロールして見てると、なんか汚い文面のコメントがあったのですが、なんか見覚えがある。俺のブログじゃん ほんとひどい文章だよね。まぁ、ここまで荒れさせたのは、その1から大衆向けに個人のケンカを宣伝しといて、尻切れになった状態を放置している管理者たる我那覇親子にある。

 縁側もほとんど表面のコメントだけを頼りにいろいろ書いてきたが、ここで過去の経緯から見ていこうと思うわけだ。

 ということで、我那覇親子が動画上げる前のことは、我那覇・依田公開討論以外では、狼魔人日記の情報しかないので、そこを見ていくことにする。

 まず、事の発端からな。ご丁寧に「依田啓示事件」というふうにカテゴリー収録されておりましたので、わかりやすかった。やっぱ俺とは違う(~_~;)

 狼魔人日記2020・2・9日付「場外バトル勃発!言論封殺訴訟」の追記部分において初めて我那覇・依田バトルが出現する。江崎氏はこのように語っている。
 
 2月5日我那覇真子さんの陳述の前日(4日)、本裁判の当事者ではない第三者のY氏が唐突に、「この裁判の風評被害で多くの人が迷惑を被っている」と発言。 この裁判の裏事情を説明するという動画を公開した。

場外バトルである。                                

                                狼魔人日記より引用

  この頃はまだ江崎氏も場外乱闘は楽しい、というニュアンスで語り「興味津々」とも言っている。

 それから、2020・2・24日にあの我那覇・依田公開討論があったわけだ。

 この公開討論がまさに公開されたのが2020・5・5日だという。つまり二ヵ月以上も公開されていなかった。この間のことは、まったくわかりません。何があったのかね?まぁ、それはさておき、狼魔人日記の2020・5・13日付「我那覇真子VS依田啓示公開討論会の「裏事情」だって?」では、江崎氏もまだ中立を装っているようだ。この文面からそれは明らか。

   【お知らせ】

5月5日に公開のされたチャンネル桜沖縄支局「我那覇・依田公開討論」のコメント欄が社長の指示で封鎖されました。

そのために、当日記のコメント欄にも、視聴者の不満のコメントが飛び火している。

公開討論のコメント欄を封鎖してしまったのでは、公開討論の意味をなさない。

5時間余の長帳場の討論を視聴して下さった方に対し、コメント欄を開放することは、どちらの支持者に対しても、当然の礼儀と考える。

コメント欄を封鎖された読者は意見を述べる場を失って欲求不満になる恐れがある。その結果徒に感情的になり、問題の本質を見失う可能性がある。

勿論、当日記のコメント欄は「討論」を紹介している以上、どちらを支持するコメントでも排除はしない。

折角、長時間の討論をしたわけだから、討論したご両人に対しても、読者のコメントは勉強にになる筈。

当日記では「討論」関連のコメントはむしろ歓迎します。

                                狼魔人日記より引用

   微妙に我那覇寄りは前面に出してはいるものの、我那覇・依田どちらの支持者のコメントも受け付けると言ってますね。ご立派です。もっとも、最近では「依田ファン」と勝手に決めつけ強引に「荒らし」と認定してコメントの削除に余念がないご様子(-。-)y-゜゜゜


  ところが、10日後のブログから急変していきます。2020・5・23日付タイトルは「我那覇真子VS依田啓示討論、潔癖症と嘘つき野郎の対決」と、ここではすでに依田を嘘つきと断じたタイトルになっている。内容も依田が嘘をついているというものだ。

  5月13日からの10日間に、我那覇親子と話し合いでもあったのでしょうか?突然、「嘘つき野郎」ですからね。狼魔人日記はそこから、急速に変容していく。

  その後を紹介する前に、公開討論の原因をおさらい。依田が自身のユーチューブチャンネルで我那覇真子が起こしたFM21に対する損害賠償裁判を批判。それに激怒した我那覇真子が「仲間に後ろから斬りつけられた」と言って争いになり、公開討論となった。ではその公開討論の本旨は何か?江崎氏は、ブログで公開討論の本旨についてこう語っております。

  
つまり何方が嘘つきか。
 
これが討論の本質である。
 
我那覇真子氏は、係争中の裁判の口頭弁論の前日、当事者でもない依田氏が一言の連絡もなく、裁判批判の動画を公開したと主張。 まるで後ろから斬りつけられたのも同然で裁判妨害と主張、「事実と異なる」(嘘)を示す証拠を準備して討論に臨んだ。
 
我那覇氏は約十数件の「依田氏の嘘」の証拠を準備した。
 
だが、数多くの些末な「嘘」はさておき、討論の中心になる「依田氏の嘘」はこれだ。
 
「係争中の裁判の前日、依田氏が自分に一言の連絡もしないで、いきなり裁判をした我那覇氏を批判し、動画で公開した。これは意図的裁判妨害だ」
 
これに対し、依田氏は「証拠はないが、直接、間接的に我那覇氏に裁判について連絡した」と主張。
 
我那覇氏は「過去約1年間、依田氏とは音信不通の状態が続いており電話・メールその他の連絡はしてい。また間接的にも第三者の説得(裁判に関する)を受けていない」と主張。
 
「言った」「聞いていない」の堂々巡りが続いた。
 
その間、依田氏は自分がメールした言い張り「自分のメールのアカウントは変更したので証拠はない」と主張した。
 
我那覇氏は「自分のメールアカウントを調べたが、依田氏と裁判について話した記録はない」と自身のスマホを証拠として提示して反論。
 
通常の討論だったら、証拠を突き付けて議論する我那覇氏が、証拠もないのに「連絡した」と主張する依田氏の「嘘」を粉砕した、ということになる。
                                狼魔人日記より引用


  これどう思うよ。些末な嘘は置いといて討論の中心になるのが、動画挙げる前に連絡したか、してないかだとさ\(◎o◎)/!それこそ些末でしょよ。要は、この公開討論って、「依田がユーチューブ動画挙げる前に一言連絡入れてたらやる必要はなかった」と言ってるわけですよ・・・。世間の皆さんはこの討論会の本旨を見てどう思いますか?大の大人の討論会と呼べますか?討論に勝ったぞ~!なんて恥ずかしくて言える?江崎氏はブログで依田の嘘を粉砕した、というから、この勝負我那覇真子の勝ち~~~!と言いたいのでしょう。もう一度言うけど、世間の皆さん、どう思います?

  狼魔人日記の得意技というのか、よく使われている手法に他の第三者で自らに肯定的な人の動画やブログを用いるというのがある。直近では、鍛冶だな。それと水間もそうか。あと左翼ブログという者。このあたりから「嘘つき野郎」が出てきたのも、出自は左翼ブログらしい。それをコピペして我那覇側の主張を補強している。次のエントリーでもさらにそれは続く。

  2020・5・24日付「第2編!我那覇真子VS依田啓示討論、潔癖症と嘘つき野郎の対決、慢性的に平然と嘘をつく」では、冒頭からこの左翼ブログに氏などと敬称まで入れてきた。仲間に引き込んだの図だな。ここで「サイコパス」という言葉が出てきた。もちろん「依田はサイコパスだ」とは言っていない。が、依田はサイコパスだ、とする印象を植え付けるためにかなりの紙面を割いている。

 さて、このエントリーですよ。ここから依田を糾弾するシリーズが幕を開けたと言っても過言ではないでしょう。それを示す理由としてコメント欄を見てほしい。今現在このエントリーにおけるコメント総数13。依田2回、江崎氏2回のコメントです。一瞥してガキのケンカ感は否めませんが、縁側が興味を持ったくだりがあった。依田が江崎氏に対してのコメントの一部です、ここだ。

  もしかして、あなたが我那覇真子さん、お父様のことをカルト呼ばわりし、子供を洗脳している、真子はブスだ!と様々悪態をついていた車内での会話もお忘れでしょうか?

我那覇家の異常性を一番近い存在として誰よりも語っていたのを聞いた人達は僕一人ではありません。まさか、みんな引っ張ってきて、証言させないとお認めになりませんか?
                           狼魔人日記コメント欄より引用


  江崎氏は、飯をおごられたことや、送迎については反論しているが、誰がどうみても、いの一番に反論しなければならない「我那覇親子に対する江崎氏の評価」の部分。ここスルーは変だよね。飯をおごられたのなら「あーあの時はごちそうさん」でいいし、送迎なら「車代払おうか?」で済むようなどうでもいいこと。しかし、盟友である我那覇親子に対する侮辱ともとれる発言をしたとする依田のコメントになぜスルーしたのか・・・・??

  実は、縁側がこのエントリーで一番書きたかったのがここです。

 江崎氏は、水島との討論を、水島・我那覇の1対1でやるべきだと強く主張している。勝手な憶測で申し訳ないが、このあたりに原因があるのではないかと疑念をもちます。いちおう憶測ですからね、野次馬のね。そうだろ!なんて言ってませんからね。これ言っとかないと後で何言われるかわかったもんじゃないからな。

 その後も依田がコメント連発したそうですが、お得意の削除をしたようです。内容はわかりません。

 え~っと、縁側なりの「嘘」についての見解ですが、精神疾患のある人の言うのは嘘とは言いません。それ病気ですからね。依田が病気でないことを前提に言うと、江崎氏が我那覇パパをカルト呼ばわり・・これが事実でないなら依田は病気でしょう。こんな途方もない嘘は通常つけません。また娘を洗脳しているも同じレベルといっていいでしょう。事実でないなら病気ですよ。逆に言えば、この発言は事実の可能性が高いと考えるほうが自然だということ。病気でないというのが前提ですよ。

 仮に、縁側が江崎氏だったとして、依田がコメント欄に「縁側は、我那覇パパをカルト、娘を洗脳している」なんて書いたとする、さてどう反応するか・・「そんなこと言った覚えもないし、頭にもない。お前は嘘つきを通り越して病気だよ!」と言うけどなー。だって盟友なんでしょ?弟子なんでしょ?依田への返信内容に異議あり、ということを言いたかったのが今回のエントリーでした。

 今朝、なぜこのブログあげたかというと、昨夜だったかな、狼魔人日記に「しま~ぐわぁ~」という人のコメントが削除されたのを見てから。それは2020・8・6日付「CH桜沖縄問題の全ての根源は「依田問題」である、依田氏の行状を・・」というエントリーでした。今でもコメント欄に「管理人」(江崎氏)のコメントが残っているのでご覧ください。管理人のコメントは2回ほどあるので見てね。傲慢以外の言葉がみつかりません。ちなみにこの中にでてくる依田の行状を時系列に並べて江崎氏の援護射撃をしているamai yookanなる者、笑ってしまうのですが、彼か彼女かは知りませんが、過去の狼魔人日記ではこうコメントしております。「沖縄の良心=依田さんを支援します」(-_-)/~~~ピシー!ピシー! まぁ、頑張ってください。