今月のあたまくらいかな、我那覇真子についてエントリーしたことがある。今回は「その2」ん?なんかどっかのチャンネルに似てる?

   前回のエントリーはこちら

          


 
   縁側が最初に我那覇真子という人物を知ったのは・・・・忘れた(~_~;) ただ、すい星のごとく出てこられたので、ある事情通の人に「なに?宗教の人?」と聞いてみた。その人は「いや違うと思う」と言っていたのを思い出した。なぜ思い出したかというと、我那覇真子チャンネルの「その13」のコメント欄にハッピーサイエンスの人と思しき方のコメントで我那覇家は「生長の家」の信者みたいなコメントがあったから。今だから言うけど縁側は当初「我那覇さんってハッピーの人なんだろうな」なんて思い込んでいた。ハッピーの皆さんごめんね。まぁ、どこの信者でも全然かまわないのだが、パパが心理療法士とかでしょ?なんか変な想像しちゃったんだよね、下衆だね俺も

  我那覇真子さんについて前回のエントリーは、演説打ってるときに違和感を覚えたという内容だったと記憶してますが、これもまた思い出したことなんですが、たしか県知事選だったのかな、桜の街宣車に乗って演説してたと思うんだけど、そういう動画を見たのを思い出した。そのとき感じたのが、「あー。この娘、世間知らねぇんだな」というもの。候補者が公約の中で「小中校生の給食費無償化」を掲げていることを批判して「給食費くらい親が払え!」と言っちゃった。これね、県内の保守政党カンカンに怒ったと思うよ。どう考えても自民系の候補者の足を引っ張っていた。依田、水島批判の際に、「依田が出馬しなければ保革逆転だった」というコメントあったけど、これはどーなの?(-。-)y-゜゜゜

  いや、言ってることは間違いだとは思いません。親が出すのが当然でしょう。でもそれはあくまで、「生き方の見本」であって、現実の社会でそうはいかない、って人は山ほどいる。

 前回のエントリーでも言ったが、彼女は講演の最後に「誰々はこのようにいっております」みたいな偉人さんの言葉を引用するのですが、それと根は同じなんだ。世間知らずのお嬢さんが、物の本で学んだ知識を御披露するのは年長者に対してはダメ! それと同じで、結婚もしてない、子育ての経験もない、今も親元で暮らしてるお嬢さんが「給食費くらい親が払え!」はないわ。それはアウトだよ真子ちゃん。

 世の中にはね、その「〇〇くらい」が捻出できない家もあるの。そしてその人も一票持ってるんだぞ、真子ちゃん。現実離れした物言いで「我々保守は~~」なんて叫んでもさー、誰も聞く耳持たねぇよ。

 我那覇真子さん、あなたたしか米国にも留学の経験あるんだよね、ふつーの家の子はそれあり得ないからね。それから都の西北早稲田出てるんだって?私立ですよ。それも沖縄から。それだって「ふつーの家の子」は行かせてもらえないわけ。沖縄って全国最下位なんだよ、所得水準。その中でここまで学を身に付けることができた・・親に感謝だよな。でもそれだけじゃ足らない。キミは言論の場にいるわけでしょ?だったら経済的に恵まれない子が進学できない現実をどう見る?「親がどーにかしろ!」だけですか?貧乏人は怒っちゃうぞ、それじゃ。

 それと、桜の番組内でFM21が出した番組内容の改善願いあったよな、あの中で「シナ、朝鮮人がどーたら、DNAがどうの」なんてラジオで言うかふつう?縁側はブログで言ってるけど(~_~;)

 実はウチの子の一人がキミと同じく早稲田なんだが、在学中に「韓国からの留学生がメッチャ頭よくてー、いろいろ教えてもらってるよ」なんて言うから「キムチと犬の食い合わせは脳にいいのか?」で、ウチの子曰く「それ差別だから。もういい歳なんだから人種差別はよくないよ!」とたしなめられた 反面教師というやつだな、辛うじてまともに育ったようですが、ウチの子のほうがラジオのパーソナリティーよりもまともに見えちゃうぞ。

  所得水準最低の沖縄で、「給食費くらい親が・・」なんて大上段からは言えないわけさ。それを選挙の最中に演説の中で言える人は、世間知らずのそしりを受けても仕方ないわけ。
キミがラジオだろうが、街頭だろうが、言うべきは「この地で皆がきちんと食べていける、子育てできるように・・」だろ?違うかい?

 現実の話をすると、ある小学校の教師曰く、「場所によってはクラスの半数近くが給食費の免除申請してるとこもある」んだぞ。そういうの知ってて言ってたのかな?

 親元で何不自由なく育った者が言論をするならもう少し想像力も働かせて、現実の社会を見る努力しなきゃダメ!

  俺を師匠と呼ぶなら、いろいろ教えてやってもいいぞ(-。-)y-゜゜゜