今日は朝から雨です。今週はずっと雨模様との予報。まぁ、湿度高い高い(-_-)

 昨日は久々のエントリーでしたが、わりと見に来てくれた人がいて感動しました。暇人は俺だけじゃねーんだなと・・m(_ _)m

 昨日予告しといたが、今日はタバコについて。

 縁側はタバコを吸う。もうかれこれ40年近く吸っている。ガキの頃からね。なんで吸ってんのかと問われれば「理由はない」だな。ただ吸わずにはおれない。習慣性というやつだ。中毒ってことだ。

 本音を言えばやめたい。メビウス6ミリ吸ってるんだけど、490円だよひと箱。1000円出して2箱買ったらお釣り20円。高いわけだよ。ひと月1万5千円だぞ。そりゃやめたくもなる。なるんだけどやめない。なぜか・・・・それは嫌煙とかいうクソったれ共がいるから。

 今のご時世タバコを吸う場所の確保が大変になってきた。東京都なんか子供のいる家の中で吸うのもご法度だというじゃねーか。固定資産税払って、タバコ税払ってなお俺たち喫煙する者らを締め出そうとしやがる。だ・か・らやめない!!

 なんかね、タバコを吸わない連中ときたらこいつら喫煙者を犯罪者のように扱うからな。縁側が友人と居酒屋で飲んでた。その店は喫煙OKの店なのだが、隣の席に観光客とおぼしき家族連れがきた。父ちゃん母ちゃんに幼児と赤子の図だよ。居酒屋だぞ?なんでくるんだ?っていちおう補足すると沖縄は気の利いた料理やなんてものがない。郷土料理食わせるとこはだいたいが居酒屋になっちまう。よって家族連れだろーが、一人だろーが居酒屋にGO!ということなんだけど、よりによって赤ちゃんと幼児連れだよ。縁側だっていちおう大人だからタバコはこの家族がいる間は遠慮したよ。それからこの家族は小一時間くらいいたのかな。俺はず~~っと我慢してたわけだ。するとその家族の父ちゃんが席を立つ前に一服始めやがった。アタマきたね。「おめー吸うんじゃねーかよ!」 アタマにきた俺は立て続けに吸ったよ、そりゃあ吸った。そしたらその家族の母ちゃんが露骨に嫌そうな顔しやがった。俺は無視して吸い続けたよ。「てめーの旦那の煙だよ、煙いのは」と言わんばかりに。

 例えば、駅周辺の喫煙所でタバコ吸ってる者らみんな納税者なんだぜ?それがあの扱い。昭和の時代はオヤジは家の居間で座卓の上にタバコと灰皿はワンセットだった。だからってみんなガンになったっていうのか?ならねーよそんなもん。副流煙だなんだ言うボケがいるが、そんなもん科学的根拠なんかねぇじゃねーか。うちの母親なんて副流煙吸いまくったけど80超えて今でも50メートル走なら俺は勝てないかもしれない(^.^)

 コロナと同じだよ。俺たち喫煙者は風評被害受けてんの!だから俺は吸い続ける。

 今どきはね、マンション買って住んでみ、ベランダじゃ吸えないし、エントランス周辺もダメ、じゃあ家の中で換気扇の下を喫煙場所にもこれまたNGなんだ。理由は排気口からタバコのにおいがするからだとよ。マンションなんか買うもんじゃねーぞ!俺はいちおう一軒家だから庭で吸うけど、それでも近所の家の洗濯物の位置は気になるわけだ、何度も言うが納税者の俺がなんで気使わなきゃならねーの?

 人はね、小さな迷惑をお互いでかけあうことで生きていけるんだけどな。現代社会はそれさえ許さないらしい。山奥に行けよ、めんどくせぇ。