縁側の 「逆風って気持ちいい!」

 縁側です、よろしく。首里城周辺をうろついております(^^♪ 言いたい放題させていただくブログです。酒飲みで常識もへったくれもない、常軌を逸した者が綴るブログですから、ムキにならずにお読みください。 ご意見やご批判などはこちら→samy_0363@ezweb.ne.jp


 翁長知事が那覇市長時代から提唱しているのが、「方言復活」。

 時系列的に言うと、仲井真前知事と袂を分かつ頃からそのようなことを言い出した(^.^)/~~~

 方言復活はいいよ、できるのなら。ただ、翁長独裁の沖縄県で「それ無理でしょ」と言える者はいない。

 ならば、縁側が言ってやる。お~~い、翁長知事閣下、それ無理ですから。いくら県のお金を使ってテレビ番組まで作って方言復活を言っても方言の復活はありえません。教科書に載せてもむりですよ。バカじゃないならわかるでしょ。

  ではなぜ、無理だと分かっていて推進しているのか・・・・・。別にほんとに方言が復活してくれなくともいいんだよ。ようは、「沖縄アイデンティティー」さえ芽生えさせることに成功すればそれでよい、とお考えなのですよ。つまり、将来、沖縄が自己決定権を駆使し、日本国と距離を置こうとする若者が増えてくれればそれでよいと考えているのです。もちろん、それは翁長知事閣下のお考えではありません。ファイブスターレッドフラッグといちおう言っておこうか(-。-)y-゜゜゜

 それ以外に変節の理由がわからないし、考え付かない。考えてみ。仲井真再選の知事選挙で翁長市長(当時)は、宣伝ビラを使ってなんと言ってたか。「日本共産党などに沖縄を任せていいのか!」などとほざいて(失礼)いたんだぞ。選対本部長として陣頭指揮していた張本人が我が日本共産党をこき下ろしていたわけだ。それが知事になってみ。一変、我が日本共産党と共闘を結び、我が志位委員長とも会談してるじゃねーか。

 一人の人間がここまで変節することを世間では精神病と呼ぶのですが、彼は病気ではない。ではなぜ?
 
 彼は那覇市長時代に福州市の栄誉市民になっております。ご夫婦で福州市をお訪れ、歓迎されております。彼が言っているとおり、空港からリムジンでホテルまで信号ノンストップでなんて歓迎ですよ。VIPですよね。これは那覇市のHPに記載されていたことですから嘘ではありません。

 さて、そんな翁長市長(当時)を、我が日本共産党の弟子ともいえる中国共産党がほおっておくでしょうか。そんなことはありません。絶対にありません。栄誉市民として歓迎したからには、見返りを要求するのが中国人ですよ。それが、今行われている様々な政策(と呼べんが)ですよ。彼が知事に就任してから成し遂げたことはなに一つありません。裁判と、海外雄飛のみ。おっと、あとは「方言復活」か。もっともこれは市長時代からやってるけどね。

  さてそんな沖縄県ですが、方言は復活できるのでしょうか・・・・。結論をいうと無理です。:絶対に無理です。なぜなら、言葉とは生活そのものだからですよね。それ当然です。学問なら可能でしょう。机上でなら・・・・無理か。沖縄語は文字表記してこなかったからな。はい、やはり無理です。なんか、若いおねーちゃんたちを出演させた方言番組あるだろ?一度見たけど何じゃこりゃ!って感じた人は多いと思うよ。提供は沖縄県だというから、我々の血税を使って番組やってるわけだ。困ったもんだよ。次落とせよ。

 それで、方言なのですが、復活はないということで別に構わないのですが、って突っ込まれると困るので先に言っとくと、方言は我々の先輩方が捨てましたので取り戻せないということ。強制的に捨てられたのではありません。;自ら日本化すべく捨てたのです。いいですか、強制性はありませんでした。これは強く言っとかないと、後年、慰安婦や集団自決みたく「強制性が~~」なんてことを言うノータリンが出ないとも限らんからな。ウチナーンチュ自らが自らの言葉を葬り去ったのです。それ覚えとけ。

  で、方言ですが、最近の若者の言葉を聞いていて、非常に腹立たしいのが、差別語、侮蔑語を方言だと思って使ってること。タイトルにもある言葉「ないちゃー」です。辛淑玉がないちゃーなんとかのビラ作ってたな。ニュース女子で見たぞ。間違いが遠く東京まで届いているということだ。若い者に言っとくぞ。「ないちゃー」は差別語であり、侮蔑語でしかない。どうしても方言を使いたければ、「やまとぅんちゅ」と言いなさい。これは大丈夫です。ですが、差別的な要素はあるぞ。つまり、この言葉には「沖縄以外の日本人」という意味がありますので、沖縄側がそれ以外の地域の者を分けて見ているということになる。もっとも地図を見れば分けて見てもいいのかな、なんて思いはするがな。

  でも、「ないちゃー」は絶対に使うなよ。驚いたことに、最近では辛淑玉ではないが、「私ないちゃーなんです」などと言う本土からの移住者もいたりするからな。縁側は必ず教えることにしている。「あなたね、ないちゃーは侮蔑語だと知ってるのか?」lと「自分で卑下してどーするよ」とね。何にも知らない若い者が適当な沖縄方言を使うからこのようなことが起こる。

  ところが、若い者の中には縁側が気に入らないらしく、「ないちゃーでよい」という者がいる。だいたい米軍基地反対運動とか、琉球独立運動とかしてるアタマのいかれた連中にそのような者は多く生息しているようだ。ほんと嘆かわしいかぎりだがな。ちなみにこのような連中が大好きな人は福島瑞穂とかだな。親川志奈子みたいな人も「ないちゃー」と言ってなんら差し支えないと縁側に言明したからな。皆の衆、覚えておくように。いちおうググっておくように。ちなみに親川志奈子とは、琉球人になりたくて、なりたくてうずうずしている女性です。きっと、出自は琉球王朝時代に士族の偉い人、そうだなー、最低でも親雲上あたりだったのでしょう。士族以外の出自で琉球に戻りたいなんて思うはずがないですからね。だって農奴ですから。なんの楽しみもない学もない働くだけで死んでいく・・・。まさかそんなご先祖だったら絶対に琉球独立なんて言い出さないよな。

  話はだいぶそれましたが、言葉というのは、生活そのものです。ですから偉い学者がなんと言おうと、復活することはありません。日本語のほうが流暢なのに無理やり方言使うの図は滑稽なだけですよ、閣下。

  皆さんは日本人ですから、どんどん日本語を学びましょう。方言は使えなくなった世代が三代続いておりますので、学問として研究される人がいてもよいが、生活の中に無理やり組み込まれても迷惑なだけだ。

  ちなみに縁側は首里駅近辺の生まれでして、鳥堀産婆院で生まれました、って余計か(^.^)

  親と話すときは方言使いますが、それでも世間では使いきれません。丁寧語を流暢に話すのは無理ですから。であれば日本語で話すほうがよいということだ。

  皆さんも、使えないなら使わないように。「ないちゃー」みたいなことはもう御免です。

  昔のことですが、小学校の頃は今と真逆で方言を使うと先生に怒られました。同世代の人はそうでしょ?縁側がクラスメートの男子に、「えー、あきらー、ちまーに」と言っただけで、「悪口カード」を首からぶら下げられましたよ。今でも覚えている。理不尽でしょ?当時はそうなのです。今は方言復活?バカか!あの時の先生をみんな粛清してからやれ、ドアホ!ということだ。


  最近は韓国ネタが多くなってしまいましたが、それはそれでしょーがないか~という感じです。卑下する気持ちなど微塵もありません。
  皆さんは、ヘイトスピーチ対策法(規制法)というのを御存知でしょうか?

  縁側はこのような法律はほんとにほんとに廃止してほしい。テロ等準備罪にあれほど反対してたマスコミやクソッタレ田原や小林やその一味の者らの誰が反対したよ。誰もしてねぇ。小林よしのりにしてからが、「仕方ない」とヌカしやがってたはずだ。よーは、与野党含めたみ~~んなで賛成した気持ちの悪い法律です。以下掲載。

      本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律

 前文 我が国においては、近年、本邦の域外にある国又は地域の出身であることを理由として、適法に居住するその出身者又はその子孫を、我が国の地域社会から排除することを煽動する不当な差別的言動が行われ、その出身者又はその子孫が多大な苦痛を強いられるとともに、当該地域社会に深刻な亀裂を生じさせている。
 もとより、このような差別的言動はあってはならず、こうした事態をこのまま看過することは、国際社会において我が国が占める地位に照らしても、ふさわしいものではない。
 ここに、このような不当な差別的言動は許されないことを宣言するとともに、更なる人権教育と人権啓発などを通じて、国民に周知を図り、その理解と協力を得つつ、不当な差別的言動の解消に向けた取組を推進すべく、この法律を制定する。

 第一条 この法律は、本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消が喫緊の課題であることに鑑み、その解消に向けた取組について、基本理念を定め、及び国等の責務を明らかにするとともに、基本的施策を定め、これを推進することを目的とする。
 第二条 この法律において「本邦外出身者に対する不当な差別的言動」とは、専ら本邦の域外にある国若しくは地域の出身である者又はその子孫であって適法に居住するもの(以下この条文において「本邦外出身者」という。)に対する差別的意識を助長し又は誘発する目的で公然とその生命、身体、自由、名誉若しくは財産に危害を加える旨を告知し又は本邦外出身者を著しく侮蔑するなど、本邦の域外にある国又は地域の出身であることを理由として、本邦外出身者を地域社会から排除することを煽動する不当な差別的言動をいう。
 第三条 国民は、本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消の必要性に対する理解を深めるとともに、本邦外出身者に対する不当な差別的言動のない社会の実現に寄与するよう努めなければならない。
 第四条(一項) 国は、本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組に関する施策を実施するとともに、地方公共団体が実施する本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に関する施策を推進するために必要な助言その他の措置を講ずる責務を有する。
     (二項) 地方公共団体は、本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組に関し、国との適切な役割分担を踏まえて、当該地域の実情に応じた施策を講ずるよう努めるものとする。
 第五条(一項) 国は、本邦外出身者に対する不当な差別的言動に関する相談に的確に応ずるとともに、これに関する紛争の防止又は解決を図ることができるよう、必要な体制を整備するものとする。
     (二項) 地方公共団体は、国との適切な役割分担を踏まえて、当該地域の実情に応じ、本邦外出身者に対する不当な差別的言動に関する相談に的確に応ずるとともに、これに関する紛争の防止又は解決を図ることができるよう、必要な体制を整備するよう努めるものとする。
 第六条(一項) 国は、本邦外出身者に対する不当な差別的言動を解消するための教育活動を実施するとともに、そのために必要な取組を行うものとする。
     (二項) 地方公共団体は、国との適切な役割分担を踏まえて、当該地域の実情に応じ、本邦外出身者に対する不当な差別的言動を解消するための教育活動を実施するとともに、そのために必要な取組を行うよう努めるものとする。
 第七条(一項) 国は、本邦外出身者に対する差別的言動の解消の必要性について、国民に周知し、その理解を深めることを目的とする広報その他の啓発活動を実施するとともに、そのために必要な取組を行うものとする。
     (二項) 地方公共団体は、国との適切な役割分担を踏まえて、当該地域の実情に応じ、本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消の必要性について、住民に周知し、その理解を深めることを目的とする広報その他の啓発活動を実施するとともに、そのために必要な取組を行うよう努めるものとする。
 附則 (一項) この法律は、公布の日から施行する。
     (二項) 不当な差別的言動に係る取組については、この法律の施行後における本邦外出身者に対する差別的言動の実態等を勘案し、必要に応じ、検討が加えられるものとする。

  
   
いちおう全文掲載しました。あ~、しんど(-_-)

   コンパクトかつ抽象的にまとめられた法律ですが、こういうのが危ない。テロ等準備罪で、民進党や東大の井上などが、277もの対象犯罪は多すぎだ~、なんて言ってたけど、あーいうのは逆に怖くない。

  ほんとに怖い法律は、上のように簡略化されたやつ。どーとでもできる。これこそ思想・結社・表現の自由を根こそぎ侵害していく危険性があるんだよ。

  国も今はめんどくさいから、地方に丸投げで「学校教育や地域でよろしく!」というスタンスですが、いつか、この法律を違うカタチで使用するための改正案がだされることもありうる。

  マスコミもこの法律に関しては、軽くいなした程度だ。なぜかというと、朝鮮人に対するヘイトスピーチは、日本国が許さない!という言質をとったことで、ストック完了。後の世でいくらでも恣意的に利用できるからな。

 
  >このような不当な差別的言動は許されないことを宣言するとともに、更なる人権教育と人権啓発などを通じて、国民に周知を図り、その理解と協力を得つつ、不当な差別的言動の解消に向けた取組を推進すべく、この法律を制定する。

   
:この前文のようなものが、「〇〇宣言」のように法律とは違うものであるなら、まぁ捨て置けるんだが、法律という装いですからね、これ。そこで、推進すると言ってる。お~こわっ。

  >本邦外出身者に対する不当な差別的言動に関する相談に的確に応ずるとともに、これに関する紛争の防止又は解決を図ることができるよう、必要な体制を整備するよう努めるものとする。

    
:これは、第五条からの抜粋ですが、縁側はこれが恐ろしいね。ようは、在日朝鮮人の相談にのり、紛争の防止又は解決を図る。そのための体制を整備する。これ怖くないですか。紛争の解決ならなんとなく理解できるが、紛争防止ですよ、防止・・・・、事が起こる前に事前に策を講ずるということか?なにが待ってるのか考えるだけで恐ろしくなる。朝鮮人アンタッチャブルということになるのか・・。朝鮮人に対してはノーガードでヨロシク!ということか・・。

  最後の附則の二項なんかはどうとでも読めるぞ。

   >(二項) 不当な差別的言動に係る取組については、この法律の施行後における本邦外出身者に対する差別的言動の実態等を勘案し、必要に応じ、検討が加えられるものとする。

   
:在日朝鮮人がヘイトだと言えば、それを踏まえ必要に応じ検討・・・・。必要に応じ検討・・・。必要に応じ検討・・・。鳥肌もんだな。

  縁側は数年前にも、ヘイトスピーチに関してエントリーしてみた。ヘイトスピーチ

   表現の自由や、言論の自由、結社の自由、思想信条の自由は、侵されたくないですよね。しかし、耳障りだという理由だけで法制化し、その自由が脅かされているのが怖い。なんでこんなことに・・・。なんで特定の外国人をここまで厚遇するのか・・。いちおうこの法律では「本邦外出身者とその子孫」ということになってますが、明らかに在日朝鮮人を守る法律です。小林よしのりなどは、「在特会が悪いからこのような法律ができた、仕方ない」と言ってるが、そのような言いぐさが朝鮮風だと気付いてない(^.^) 在日の朝鮮人と何の絡みもなく生活されている方々は在特会が単なるレイシストと見るでしょう。小林もそうだ。縁側は絡んでみて、「こいつ最低の人間だ」と思わされ、他の同じ思いをした人との共通点の多いことに驚いたわけだ。それで断定的に、この連中は・・・という結論になった。後戻りはない。

  この法律制定に反対した政党ってあったのか?自民・公明は賛成、社民・我が日本共産党・民主などなど、全会一致じゃねーか。まぁ、自民以外の政党は賛成したことに驚くことはないが、日ごろ国民政党だとぬかす自民党も大いに前向きに賛成してるじゃねーか、クソが。特にこの件で奔走したであろう西田昌司。この男は嫌いだ。縁側とはことごとく意見が違う。だから嫌い。                      文句ないよな(-。-)y-゜゜゜

 チャンネル桜だったか、なにかの動画でこの法律の趣旨についてこの西田は大嘘をついている。

       出典:ユーチューブ【西田昌司】閉会した国会の総括とヘイトスピーチ解消法の意義[桜H28/6/2]

  この中で西田は、罰則規定はないが、国が法制化してるので、公務執行妨害や道路交通法などで取り締まれるから、在日の皆さんご安心を。と言ってる。それと、政治活動としてのデモなどは規制の対象外だと言ってるが、そんなことは当たり前で、日本国民が怒っているのは、在日の特権をどうにかしろ!と言ってるわけだよ。在特会のデモを動画で見てても、確かにヒドイことを言ってる者らがいる、しかしそれはほんとのところは、日本政府に対して言っても無駄、マスコミはもっと無駄、ではどうするか・・・ということで生まれたデモだと見るがね。行政やマスコミの対応が悪いから国民は苛立ち、デモになるんだと思うけどね。持って行き場がないんだぞ。普通の外国人として、通名を個人的に使う分にはいいが、犯罪を犯した際に通名で報道されるは、他の外国人とは違う存在として特権を持つ者もいるわ、辺野古での逮捕者の一割が韓国籍だわ、そんな報道もない。一般の日本国民が「何かおかしい」と思うのは当然ですよ。

  それについて西田は興味もないから、「公妨」や「道交法」で、日本人を処罰できまっせ!と言いっ放し!

  ヘイトスピーチは悪い!おめーに言われなくてもわかってる。ボケてんのか?おめーの好き嫌いを法律に結び付けるな!ドアホ!それと、西田はこの動画で差別のない社会を作ろう、などとほざいているが、おめーは、「嫡出子と非嫡出子」を差別してたじゃねーか!!日本の家族制度を守るために!!なんて、御託並べてたじゃねーか。大嘘つき野郎!ほんとアタマにくる野郎だよ。川崎の件だって完全に憲法に違反してるんだぜ。行政側の判断というから、完全に憲法違反だな。でも西田はそれを称賛している。売国奴と言われても仕方ないだろう。

   それとね、チャンネル桜でこの西田はとんでもない大嘘をついている。見てくれ。

   出典:ユーチューブFront Japan 桜】爆弾証言!舛添問題 / 激白!西田昌司議員~ヘイトスピーチ解消法 / 台湾総統就任式報告(永山英樹)[桜H28/5/26]

  この西田と水島氏の対談の49:20からの数秒に見苦しい大嘘がみられる。この法律は、条文を読んでも、どこをどう読んでも日本人を取り締まる法律です。外国人、特に在日朝鮮人はこの法律の外にいます。西田はそこは逃げたいのでさらっとかわした。恐ろしい男だよ。水島氏も、もっと追い詰めなきゃ。このような輩は、とにかく切りたくてうずうずしてる外科医みたいなもんだ(誤解しないでね、全てのじゃねーから)。とにかく法律作りたくて、実績作りたくてうずうずしてたんだよ。それにケチつけられたもんだから、おもしろくないんだろう。市井の国民が在日と関わって嫌な思いをしてるのはスルー。この動画でも言ってるようにしばき隊の存在も無視。とにかく在特会ターゲットを絞った法律だと吐露しやがった。日本人全員に網をかけたんだぜ。在日はスルー。京都の朝鮮学校が公園を不法占拠してたのだって、おめーらが無視してたから、ヘイトスピーチといわれるやり方で取り戻したんじゃねーか。無能をひけらかしやがっておめーこそアタマおかしいんだよ。こいつこの動画で「私を批判し《ヘイトデモ》するという人はアタマおかしい」とはっきり言ってるからな。54:36から、はっきり言ってる。何様のつもりだよ。

  こんな男は落選させなきゃダメ!何が五か条の御誓文だ。インチキのくせに。

  チャンネル桜の水島氏もはっきりと売国議員のレッテルを貼れよ。なんでこの男をかばって、在特会を叩くんだ?わけわかんねーぞ。在特会の手柄はスルーないし、小さく扱い、ヘイトスピーチはダメ!だけをことさら強調するのは西田と同じだとみられるぞ。

  他の外国人はどーか知らんが、朝鮮人という生き物は、他人の家に招かれてもそこの主人を殴りつける連中です。一昨日の埼玉スタジアムのサッカーだってそうじゃねーか。縁側は最初これ見たとき、韓国国内でやってると思ったもの。浦和はアウェーだからこの対応もしょーがないな、と思ったらなんとホームじゃねーかよ。あれが朝鮮人なんだよ。福沢先生も言ってる朝鮮人なんだよ。相模原で殺しまくった植松だって、最近帰化した朝鮮人だとなぜメディアは放送しない?朝日は橋下の出自を調べて報道するくせになんで植松やその他の朝鮮からの帰化人や通名で日本人づらしてる連中の出自を暴かない。だ・か・ら、在特会のような団体が出てくる。トランプ現象と同じで、在特会よくやった!と見てる隠れ在特会ファンがいたりするんだよ。実際に西田より国民の役に立ってるのは事実だ。

  この、いわゆるヘイトスピーチ対策法は、将来、辛淑玉みたいな気持ち悪い連中に悪用されかねないんだぞ。西田のバカは罰則もないということを強調し、宣言みたいな中身だからと言うが、この法律をたたき台にして、将来改正案が出てきてだ、その時の政権が支持してみ。日本にいながらにして、在日朝鮮人が親方日の丸といい、日本人が委縮する日がきたら、西田よ、どう落とし前つけるんだ?売国奴が。

  自民党という政党も実はこんな感じなんだよ。いったい政党政治というのは、正しい政治形態なのかね?大いに疑問であります。コスト面だけ見ても何も解決できんし、こりゃ難しいね。

  まぁ、上の動画の西田の言い訳っぷりがこの法律の怪しいところだとみたほうがよい。それにしても、こんな恐ろしい法律を大マスコミはテロ等準備罪並みに反対しなきゃならないはずなのに、なぜ・・・。

      
 



 縁側が子供の頃よく見てたテレビ番組に「野生の王国」というのがあった。アフリカのサバンナで動物学者が動物の生態について語る番組だ。

   この番組を思い起こさせてくれるのが韓国。国民上げて野生。服着てるのが不思議な連中だ。

  サッカーのアジアチャンピオンズリーグでまたまた韓国人が野生の本能というのか、カプサイシンと犬肉の食べ合わせからくる異常行動とでもいうのか、おおよそ人間の行動パターンでは測れない凶暴性をいかんなく発揮したようだ。持ち味を十二分に出し切ったということだろう。おそらくですが、試合後に韓国人の出場選手に「今日の試合はどーでした?」なんて質問したらだ、「ん?試合?俺って何の選手?」と答えるだろう。彼らは狩りか、テリトリー争いかなんかと勘違いしていたはずだ。不思議なのは、時計を読めるということ(^.^)                      
     【韓国】5/31ACL浦和vs済洲試合後に乱闘騒ぎ!エルボーや追いかけられるなど! 出典:ユーチューブ

  朝鮮人といういちおうヒト科の生物がもし野生の王国という番組で紹介されていたらどのように解説されていたでしょう。これだけ社会が進歩しても、いまだ未開人としての性根だけは失っていないところなど、人類がたどった歴史を覆すような人種であることは、多くの地球の民が共有する思い。火病という銀河系ではあまりみられない発作を引き起こす種族は、はるか宇宙においてでさえ類似する病気を見つけることができないのではないでしょうか・・。

  この朝鮮人という生き物は、地球にとって百害あって一利もないと断言できます。FIFAも、もうそろそろ、韓国という犯罪組織を追放するべきではないでしょうか。それと、地球の民が協力して朝鮮半島の生き物を囲い込む必要があると思います。

  「いい人もいる」・・・・・この偽善が地球環境を破壊するのです。






  テロ等準備罪が参議院での審議入り。とっとと会期内成立してもらいたいものだ。

  縁側はこの法律で注文を付けるとしたら可視化。これはぜひやってくれ。どんな政権が出現してもいいように、耐性だけは確保してもらわんと困る。

  辺野古での妨害活動に勤しむ(?)老害や、極左の連中、特に極左の連中の摘発に乗り出してほしいんですよね。こいつらは、息をするのも罪だと思うので辺野古に向かってクルマを走らせただけで逮捕してよし。それからなんだっけ、辛淑玉ののりこえねっととかいう連中も一網打尽にしてもらいたいもんだ。

 さて、そのテロ等準備罪に対し恐れおののいてるのが琉球新報。なぜなら、こいつら社員の中には革マルシンパなのか、現役の構成員なのかは知らんが、いるのは間違いない。縁側はこいつらくそ革マルに取り囲まれた経験があるので、とにかく嫌いだ。ちなみに言うと、現役の小中学校の先生は多いぞ~。これマジ。かなりいる。沖縄のすべての学校に一人はいるレベルである。

 そんな極左の後押しをしている琉球新報のコラムを読めばこいつらの狼狽ぶりがうかがえるというもの。

                平成29年5月28日付《金口木舌》より引用
   銀行口座を解約される。宅配便や出前の配達を拒否される。幼稚園の登園を断られる-。これらは反社会的勢力と言われるヤクザとその家族が置かれた状況である

▼東海テレビが半年間、ヤクザに密着したドキュメンタリー映画「ヤクザと憲法」の一場面だ。組の幹部が全国から集めた暴力団排除条例(暴排条例)の“実害”を説明する。「ヤクザとその家族は人権侵害を受けている」
▼次のシーンで法の下の平等をうたう憲法14条が映し出される。見方によっては憲法違反ともとれる暴排条例。ヤクザに人権はあるのか。家族には?
▼暴排条例を人ごとと思っていたが、別の法律がブーメランのように自分の身に降りかかろうとしている。衆院で可決された「共謀罪」の趣旨を含んだ「組織犯罪処罰法改正案」である
▼犯罪の実行前に逮捕可能な共謀罪。どんな思想を持ち行動しているのか、監視が強まる懸念がある。憲法が保障する思想・良心、表現の自由を侵害しかねない。監視対象とするか否かは当局次第。暴排条例同様、自分には関係ないと言いきれるのか
▼監督は、暴排条例が暴力団の存続危機となるほど効果を上げたのは「アウトかセーフの不明確な『線引き』だ。あいまいな規則の方が効果的だと条例は教えてくれる」と著書で指摘する。金田勝年法相のあいまいな答弁の理由の一つが鮮明になった。(引用おわり)


   ついに自分たちが応援してる団体はヤクザ組織並みの犯罪組織だと白状したみたいだな(^.^)


    >暴排条例を人ごとと思っていたが、別の法律がブーメランのように自分の身に降りかかろうとしている。衆院で可決された「共謀罪」の趣旨を含んだ「組織犯罪処罰法改正案」である。


    :言っちゃったよ。読者の皆さんはこういうとこ見逃しちゃダメですよ。ここでの「自分」は当然このコラムを書いてる琉球新報の記者だな。彼か彼女かは署名がないので定かではないが、明らかに犯罪組織の構成員であることを吐露している。だってね、ふつうの国民が「自分に降りかかる」なんて思うかい?思わねーだろ?ところがこいつは心配してるんだよ。よってこいつは、犯罪組織の一員と確定!(-_-)/~~~ピシー!ピシー!


    >犯罪の実行前に逮捕可能な共謀罪。どんな思想を持ち行動しているのか、監視が強まる懸念がある。憲法が保障する思想・良心、表現の自由を侵害しかねない。監視対象とするか否かは当局次第。暴排条例同様、自分には関係ないと言いきれるのか


    :縁側は、そのような犯罪集団の一味ではないので、関係ないと言い切れます。ところが、この「自分」さんは、心配してる。それと、この自分さんさー、当たり前のことを懸念してるんだが、どーいうつもりなのかね。監視対象とするか否かを当局以外の誰が決めるんだよ!おめーに相談しろってか?ドアホ! いちおう言っておきますが、公安調査庁の内部では、これはおそらくですよ、おそらく、琉球新報内部の誰が革マル派なのかなんてことは、とっくに調査済みです。沖縄タイムスの誰が我が日本共産党の党員であるかなんてことも知ってるよ。


  恐れおののけ!学校の職員室で極左活動家が逮捕されるとこを見てみたいもんだな。「教育現場への警察介入を許すな!」なんてことを言いだすだろう。ちなみに、校内暴力などで警察を介入させなかった過去がありますが、あれはね、中核派や革マル派のクソ共が反対したから。いじめ問題のときもだいたいこいつらが反対してんだよ。こういう連中は朝鮮人活動家ともども駆逐するべきだし、そのために少し監視されたからって、縁側はなんの痛痒も感じましぇん(^.^)/~~~


   


 


  またまた韓国について。

   韓国については、完全無視で、自滅を待てばよいものを、こっちから手を差し伸べるんだから、ホント自己都合の匂いがプンプンする人だと思うよ。

              自民・二階氏が訪韓へ 文大統領との首脳会談調整:出典ユーチューブ


   なんで余計なことするかなー。この二階って昔から評判の悪いことでは定評のある政治家。なぜ二階が幹事長なのか・・・そこに自民党の闇があるんだよな。もっとも、政局に強そうな政治家が自民党内にいないという現実もあるんだろう。態度と裏に問題はあっても、どうにか使っていこうというところでしょうがね。

  おそらく韓国では、慰安婦の件で韓国に寄り添いながら、話を進めていくのでしょう。なんせ二階ですから(-_-)

  朝日新聞の記事によると、二階は文氏当選直後の10日の記者会見で記者からの質問にこう答えている。

   「振り出しに話を戻すことが仮に必要であれば、よくこれから慎重に話し合っていきたい」

  この人が韓国に来ると聞いて、韓国高官は手を叩いて喜んでいるでしょう。「話になる」とね。

  安倍首相に韓国の立場を考えてくれ的なご注進はするでしょうよ。よくもまぁ、こんな人を・・・。

  自民党も世代交代しないと、こんな古だぬきに頼っていてはいけません。裏取引と寝技が得意なジジィに用はないと言える人が出てこなきゃな。ただ問題を調整して処理するのは得意でしょうから、ここらあたりなんだよな。沖縄でいえば安慶田光男みたいな人でしょう。闇のデカさは安慶田の比ではないんだろうがな。

  韓国という国は、人治国家ですから、マスコミの報道に左右される。それではこの件で朝鮮日報はなんと言ってるか。
           平成29年5月31日付朝鮮日報日本語電子版より引用自民・二階氏が政府特使で訪韓へ 慰安婦合意めぐり糸口つかめるか

   二階の訪韓について、韓国側の期待の高さがうかがえる内容ですね。これを読んで当然韓国国民は期待する。二階を口説き落とすために、金や女を使うなんてことは朝飯前でしょう。なんせ韓国ですから。二階に随行する者がキチンと二階の動向についても首相に報告してもらいたいね。って、随行員にもトラップ仕掛けるからなー・・・。ほんとなんでこの時期に行くかね?せっかく王手飛車取りだったのに、むざむざと逃がすようなことを。あーあ、ほんと闇は深いよ。

  

↑このページのトップヘ