縁側の 「逆風って気持ちいい!」

 縁側です、よろしく。首里城周辺をうろついております(^^♪ 言いたい放題させていただくブログです。酒飲みで常識もへったくれもない、常軌を逸した者が綴るブログですから、ムキにならずにお読みください。 ご意見やご批判などはこちら→samy_0363@ezweb.ne.jp

  
  本日(20日)の琉球新報コラムは笑えました。どーぞ。

    金口木舌 対話の姿勢こそ必要

  「昔はおれもワルだった」と過剰に自慢する人は、心理学的には他者から認められない不満を抱える人が多いそうだが、公人であるこの方々はどうだろうか
▼自民党国会議員のネット上の“悪ガキ自慢”が相次いで問題になった。ある衆院議員は学生時代、「生意気」な若い女性教師をトイレに閉じ込め爆竹を次々に投げ込んだ。涙声になる教師に、「『やった~』と快感だった」と記す
▼別の参院議員は同級生を皆で全裸にして性器にマジックで落書きをした経験を語り、「いじめられる方も弱くなっている側面はないか」と被害者側を責めた。自身の行為ではないと釈明したが、被害者を責める心性自体が問題とは思っていないようだ
▼情報機器の発達により自分の好みに合う情報だけを共有し、同調しない相手を分ける傾向が強まっているという。歴史社会学者の小熊英二氏は最近の政治家について「仲間内で通用する言葉が他集団では怒りを買うことを理解していない」と指摘する
▼安倍政権の言葉がすんなり入ってこない。「粛々と」は強行という意味だし、「地元の協力」は辺野古移設をしないと普天間の運用停止を反故(ほご)にするという脅しだ
▼他集団の言葉を理解し、対話を重ねる姿勢こそ政治家に必要とされる。政権内の「仲間内」の言葉を押し付けているだけで、他者を説得するのは難しい。もちろん沖縄も。(転載おわり)

  
    もうね、ほんとこいつらの家には鏡がねぇのかよwwwwww

  前半は国会議員への批判。それはいい。どーぞ御自由にって感じだな。ところが、次行から猛烈な台風が・・・・。

  >情報機器の発達により自分の好みに合う情報だけを共有し、同調しない相手を分ける傾向が強まっているという。歴史社会学者の小熊英二氏は最近の政治家について「仲間内で通用する言葉が他集団では怒りを買うことを理解していない」と指摘する

   :自己反省してるのか・・(ToT)/~~~ ねっ、そーだよね、猛烈な自己批判と反省と「おわび」だよな?と思いきや

  >安倍政権の言葉がすんなり入ってこない。「粛々と」は強行という意味だし、「地元の協力」は辺野古移設をしないと普天間の運用停止を反故(ほご)にするという脅しだ

   :やっぱ違ったか・・琉球新報が反省するわきゃねぇと思ってはいたよ、いたけど・・・・・・・・・・・
さぁ、めげずに気を取り直していくか。まず「粛々と」をネット辞書で調べると、「厳かな様子」や「静かな様子」を表す言葉、とある。これを安倍さんが言うと、琉球新報には「強行」と聞こえるようだ。う~~ん、県内の病院で治せるとこは・・全国の精神科で琉球新報に関わりたい病院は手を挙げてくれ。頼む<(_ _)>
  それと、「地元の協力」は、音の意味そのまんまでありますので・・。これは今日(20日)の社説にもあったが、いいかい、辺野古に基地機能を移転させることが「条件」で、普天間の5年内運用停止なんだよ。いちおう県民に気を使って「地元の協力」というけれど、本心は「おめーらふざけてる?辺野古に移すのが前提なのはエスキモーだってわかることだろが、ボケ!」でしょう。それと、北部振興策で1000億円もの巨額資金をすでに拠出し、使いまくってから移設反対ってのは、世間じゃ詐欺師というんだけどね。だいたいね、宜野座なんて小さな村が阪神タイガースのキャンプ地として誘致できるわきゃねーじゃねーか。それを莫大な金が政府から出たから球場作れたんだろが。でも辺野古はイヤ!ってやっぱり詐欺だよね。観光で来られる皆さんにはぜひ、東側の金武町から宜野座村、名護市を見てください。ありえないような役所や施設は目につくはずです。

  まぁ、翁長知事閣下のこと、その1000億円の返済方法などすでに「腹案」があるのだろう。でないと詐欺師の親玉のレッテル貼られちゃうもの。

  一番の解決方法を縁側は知ってるんだけど、教えようか。それは、那覇軍港の移設先である浦添市にV字型の滑走路を造り、そこに普天間の機能を移すんだ。翁長閣下、良い案でしょ?(-。-)y-゜゜゜

  浦添に普天間の機能移設すれば、環境影響評価も簡単クリア!なぜなら、那覇軍港の浦添移設は既定路線。それに滑走路足すだけだもの。いやーこりゃ名案ですよ、閣下!
   

 
  普天間飛行場の移設先とされる辺野古の工事をストップして国と沖縄県が集中協議に入っておりますが、まぁ集中しようがしまいが、物別れになるのは目に見えている。翁長さんもここまできたら条件面で折り合いをつけることはないでしょう。

  縁側としては、翁長さんには頑張って粘ってもらって日本全国に安全保障の現場を実況してもらいたい。

  ここで情報をひとつ。三島由紀夫シンパの方の中には、「翁長支持」の意見を持つ人たちがいる。

 「翁長さんのバックグランドを脇に置いて彼の主張だけを聞けば、納得できる。惰眠をむさぼり、ただただ思想も思考もなく米国まかせの安全保障で生きながらえる日本国民を目覚めさせるカンフル剤になる」というもの。

  それについては賛否あるでしょうし、縁側はそれに対する答えを持ち合わせていないのが現状ですので、今はなんとも言えません。三島由紀夫が市谷で演説した内容もそのようなことだったと記憶している。ってそのとき私は幼児ですが・・。

  中谷防衛相は「抑止力として辺野古は重要」という旨のご意見。対する翁長さんは「弾道ミサイルもあるんだから沖縄に基地があっても意味ない」という感じか。

  う~~ん、残念ながら、我が翁長知事閣下の御意見は却下だよな。

  サンデーモーニングという番組がありますが、そこにでてくるコメンテーターに寺島実郎という人がいますね。この御仁がよくいうことに「米国は中国と衝突する気はない。必ずそれを回避する」というもの。

  この人さー、テレビでもラジオでもそればっかり言ってる。そんなことこの人に言われなくてもみんな知ってるよ。世界第一位と二位の経済大国が軍事衝突することがこの惑星にとってどれだけマズイ状況かなんてねー、皆さん。いちおうこの言説は左右の別なく認識されてると思う。

  当然、翁長知事もこれについては同意されるでしょう。それで辺野古移設反対・・・???

  サンデーモーニングの寺島って人さー、かしこぶってるけど、ほんとはBAKAだよね?ね、そー思いませんか?この寺島も翁長さんと同じというのか、ご多分にもれず辺野古は反対ですよね。

  中国は沖縄県を狙ってるというのは周知の事実。それをふまえて

             「米国は中国と軍事衝突しない。必ず回避する」

   この言葉ねー、逆もあるんだよね。そう、

             「中国も米国との軍事衝突はしない。必ず回避する」

  とすれば、中国が狙ってる沖縄県の最善の策は、

             「米軍基地の固定化」でしょ?そしてそれを世間では「抑止力」と呼ぶ。寺島さんと翁長閣下御理解いただけたでしょうか?(ToT)/~~~

  中谷防衛相の言う抑止力は米軍基地の固定化。我が翁長知事はそこ知ってるからミサイル?とか言う。

  中国が米軍基地にミサイル撃つわけねーじゃん。米軍の影響力が低下する中、ヨーロッパの頼りにならない同盟国をしり目に、積極的平和主義を打ち出すアジアの同盟国のなんと光輝いてることか。ですから日米安保は米国にとっても大事な大事な条約です。なにかあったらそれを履行しなきゃならなくなるが、履行するわけにはいかない。このジレンマを解消するには「なんにも起こさせない」ことが重要。よって南沙諸島も警告するし、それの周辺国とも連携する。

  戦争のイロハとして基地が狙われる、というのはそうだけど、戦争させないために基地を置く、もまた真なり。

 三島由紀夫とそのシンパの方々はその基地が米軍であることが気に入らない。自衛隊という国軍で対処しろ、ということみたいね。縁側はそれに共感はする。するが現実は無理筋か・・・。残念

 まぁ、なんにせよ、この抑止力という言葉。沖縄県民がもっとも理解しなきゃならないのですが、その逆になってる現実を中国の工作員はどう見ているのでしょうか・・・・。
 


  「とにかく黙っておとなしくしてろ!」

  これは、多くの日本国民の声ではないだろうか。そう、鳩山由紀夫に対してのね。

  この男またバカなことをしたようだ。

   

鳩山氏、ひざまずき合掌=植民地時代の刑務所跡で―韓国

  ソウル時事】国際会議出席のため韓国を訪問中の鳩山由紀夫元首相は12日、日本の植民地時代に独立運動家が投獄されたソウルの西大門刑務所の跡地にある歴史館を訪れた。
 聯合ニュースによると、鳩山氏は独立運動家らを追悼するモニュメントの前で靴を脱いで献花した後、ひざまずいて合掌し、頭を下げた。
 鳩山氏は記者会見で「日本が韓国を植民統治していた時代に、独立運動家ら多くが収容され、拷問を受け、命まで失った事実を思い、心から申し訳なく、おわびしたい」と述べた。
 一方、安倍晋三首相が14日発表する戦後70年談話については「韓国への植民統治、中国への侵略などが歴史的事実として入らねばならず、当然、反省と謝罪の気持ちも入らねばならない」と語った。
 歴史館には、当時の刑務所で行われた拷問の様子や独立運動家に関する資料が展示されている。(転載おわり)


   いちおう元総理大臣の肩書きを持つ男ですから、韓国人の溜飲を下げる効果は大きいのだろう。


   「心からの謝罪」はこうするんだぞ!ということなのだろう。ご本人はいいことしたと本気で思いこんでるのだろうからタチが悪いことこの上ない。こいつのおかげでどれだけの日本人が被害を受けているのか、ということに気づかない元総理大臣とは・・。まぁ、70年談話がらみでいけば、村山富市も同罪ではあるがな。


 ちなみに朝鮮日報も報じている。韓国人独立運動家への拷問 「申し訳なく思う」=鳩山元首相


  この件について少し右派系の方と意見の相違があるのですが、この植民地支配云々を韓国側から言われたら、すぐに「日本はインフラ整備し、教育も施した。金も相当入れたし、韓国近代化の礎を築いた。」という話。それはそうなんですよ、そうなんだけど、ここで少し考えてほしいんだな。


  持ち出しの方が多かった植民地ってのはおかしいから、植民地支配ではない。それはそのとおり。ですから、韓国側に植民地支配に対する「おわび」などいらない。しかし、日本は植民地支配などとは比べようもないくらいの「悪」をしでかしたのは間違いない。それは、朝鮮併合という日本国民化政策。これが今も続く反日の根源。


  欧米諸国の植民地化は、とにかく収奪ですね。善政などありえない。まして「同じ人間」なんて発想などないわけです。よって、支配者と被支配者の関係でしかなく、植民地でなくなったら、「未来志向」に舵を切りやすいし、それは時とともにさらに顕著になる。


  ところが、合邦化というのか、同一化というのか、「同じ日本人になれ!」というのは、朝鮮人にとっては屈辱以外の何物でもないのですよ。いくらインフラ整備しようと、それは日本人になることが前提であるから、まったく感謝されないんだな。逆のことを考えればすぐに理解できるはずだよ。


  日本が中国に50年くらい支配されたとして、中国人と日本人の別にまで、政策の手が及ばないケースと、中国に支配されて、中華人民共和国日本省となり、中国人になることを強要されたケースではどちらのほうが抵抗が強くなるでしょう。


  韓国の反日活動家やその支援者が「日本はナチスと同じ」と考えるのは、朝鮮民族を抹殺して、日本民族の仲間になれという政策を国家の意志としてやったからだとすれば、あながち見当違いとはいえないのではないでしょうか。


  日本のおこなった朝鮮併合の最大の間違いは、朝鮮人という外国人を日本人にしようとしたこと。


  これは明治政府の最大のミスだったと思うよ。琉球とは事情が違うからね。琉球は縁側が思うに、近代国家以前の日本の一地域だったと見ている。幕藩体制というもののアウトラインの少し外かライン上に乗った位置とでもいうのかな。そんなところです。しかし朝鮮は違う。完全に外国として認識してきた、古代から。それを富国強兵により国力がついて「日本人になりなさい」はさすがにマズいと思うぞ。今の韓国人が反日なのはそこが大きいと思う。


  ですから、「韓国は太平洋戦争で一緒に戦ってくれた仲間だ。」とかは最悪の言葉。だから怒る。縁側なら、「朝鮮併合時からずっと、日本人だなんて思ってねーよ、だって蛮族だもの」と言ってやる。彼らにとっては、このほうがスッキリすると思う。逆を考えればわかるよな。


  とはいえ、鳩山由紀夫のようなアンポンタンが自由気ままに動けるんだからやはり日本は自由のある良い国だということがわかる。


  できれば安倍総理には、談話の中で、「朝鮮人は日本人ではありえない。日本人と朝鮮人とではその国民性も民族性もまるで違うわけで、当時の政府の政策は間違いだった」ということを強調し、それについての「おわび」なら賛成する。朝鮮人に日本は「普通の外国」ということを周知徹底させる狙いだな。それなら「良いおわび」になるんじゃねーのかな、なんて思う。

 
  暦の上ではもう秋になってるようですが、あいも変わらず暑い毎日です。ただ、少しずつですが、クーラーをかける時間が短縮してきました。そんな中、琉球新報がやっちゃいましたよ。去る7日のコラム「金口木舌」がそれです。

  なんにしろ、とりあえず読んでください。でもあまり反響なかったね。これほどの暴言を・・・・。

  8月7日付 琉球新報コラム

  政治家の問題発言が止まらない。首相の側近中の側近、礒崎陽輔首相補佐官(参院議員)は集団的自衛権行使に絡んで「法的安定性は関係ない」と述べた。謝罪はしたが本心なのだろう
▼3年前には立憲主義という言葉を「聴いたことがない」とのたまった。このお方、東大法学部卒である。昨年の県知事選開票番組では、辺野古を「ベノコ」「ベノコ」と3度も連発した。安全保障担当の首相補佐官である
▼36歳の武藤貴也衆院議員(自民)の発言はヘイトスピーチに類する。安保法案に反対する若者の団体を「『戦争に行きたくない』という極端な利己的考え」と中傷した
▼武藤氏は3年前にブログで憲法の三大原則を「日本精神を破壊するものであり、大きな問題を孕(はら)んだ思想だ」と書いている。今回も「戦後教育のせいだ」と決め付けたが、自身は戦争を正当化する思考をどこで学んだのだろうか
▼伊江島のガンジー、阿波根昌鴻さんはこんな言葉を残した。「戦争は支配者、権力者、財閥とその手先によって準備されます。これらの階級の人々は戦争が起きても、戦場に行って殺したり殺されたりすることはありません」
▼2氏とも前線に送られる心配がないから、若者や母親の不安に共感できず、高みから物を言うのだろう。“安倍チルドレン”にはこうした輩(やから)が多いのか。異論に耳を貸さない親分にも責任はないか。(転載おわり)


   これのどこが問題かといえば、最後の二行ですね。これはもう皆さんすぐにわかったと思います。抜粋する。

  >▼2氏とも前線に送られる心配がないから、若者や母親の不安に共感できず、高みから物を言うのだろう。“安倍チルドレン”にはこうした輩(やから)が多いのか。異論に耳を貸さない親分にも責任はないか。

  縁側はその日の朝、これを職場で読んでビックリしましたよ。いくらなんでもこれほどの暴言を恥もなく載せるんだから。このブログはおろか、ネットの掲示板以下でしょう。

  まず、「輩」という語。これは、新聞社が通常使用する語句の中で、禁句のひとつ。いちおう、他の新聞社の言質とっとこうと、あの沖縄タイムスの社会部に電話して聞いたよ。そしたらね、この「輩」は、特定の人物を挙げたうえでは絶対に使用しないとのこと。おおざっぱに例えば、「オレオレ詐欺をするようなやから」というように、特定の人物名を挙げずに、「そのような人々」の設定でなら「ひらがな表記」でOKらしい。

 ところが、この琉球新報のコラムでは、明らかに特定の「2氏」に対して漢字表記の「輩」を使用している。実は、数年前に縁側が琉球新報の「論壇」というやつに寄稿した際、この「輩」を使用したのを当時のオピニオン欄担当の部長は、ハッキリとダメ出ししてきた。そのときも、「新聞は週刊誌ではありません。品位の問題でもあり、この言葉は使用できない」とね。おいおい、ダブスタかよ(ToT)/~~~

  ということで、縁側は琉球新報のコラム書いてる論説室に直で電話したわけだ。内容は以下のとおり。

  縁側     :「今朝の金口木舌ですが、最後のほうで「輩」を使ってるんですが、いーの?」
  論説委員氏:「えっ?・・・・・・・」
  縁側     :「いちおう、他の新聞社に電話して聞いたけど、使用できない語句が載ってるハンドブック(共同通信社発行)に「輩」が載ってるようですね。どうしても載せたいならひらがな表記にしろとあるようですが。さらに、特定の人物名を挙げての「輩」使用はNGだとも聞きましたが。」
  論説委員氏:「特定の人物を指してこの表現を使ってるわけではない」
  縁側     :「いやいや、全体を読めば、礒崎氏と武藤氏のことだとわかる。ご丁寧に「2氏」と                   ちゃんと書いてるじゃないですか」
  論説委員氏:「そのように誤解して解釈されましたか・・」
  縁側     :「これを読んで誤解できるとこないですよね。読んだままの意味合いしかないですよね。フツーの国語力を駆使して読めば読者の皆さんが私と同じ解釈になると思いますが」
  論説委員氏:「いやですから、特定の人物に対してこの表現をしたわけではない」
  縁側     :「まぁ、言い訳はいいです。これは2氏ともに安倍チルドレンですから子分ですね、その親分は安倍晋三です。つまり自民党に対しての暴言ですから、私がとやかく言うより、これから自民党県連に電話してこのコラムの内容で文句ないか聞いてみます。」
  論説委員氏:「あ、いや、ちょっと・・。」
  縁側     :「ついでに聞きますが、安倍チルドレンですから安倍の子分。とその親分と言ってますが、その際、あなたのアタマの中にある組織というか団体はヤクザ組織ですよね?我が国の第一党に対して、我々有権者が選んだ総理大臣と国会議員に対してヤクザ組織か愚連隊かなんかを想像して書いてますよね?」
  論説委員氏:「いや、そんなことはありません。」
  縁側     :「私の中では、親分子分というのは、ヤクザ組織以外では考えられませんが、ではどのような団体等を想像して書かれたのですか?教えてください。」
  論説委員氏:「え~~・・・・・・・・・・・」
  縁側     :「まぁ、いいや、とりあえず自民党県連に電話します。じゃあありがとうございました」

   とまぁ、このようなクレーマーと化したわけですが、こんなコラム載せても縁側以外の者からの抗議がないってことは、読者はそれでいいとしてるんか?う~~~ん、困った・・・。

  いちおう自民党県連に電話したら、「沖縄タイムスというより、琉球新報はとにかくひどい。何度も訴訟に持ち込もうとしたくらい嘘が多い。その論説室に電話してみます」といった感じでした。結果どうなったかは知らんが、訂正記事がないのなら何事もなく済んだのだろう。根性ねーな(ToT)/~~~

  

 
  安保法制が参議院で審議入りしました。マスコミもちゃんと説明してくれなきゃ困るのですが、「平和法制」というものと、「戦争法案」というものが実は同じものであることを、どのマスコミも説明しないんだもの。こりゃ困る。

 「この番組でご紹介している戦争法案というのは、政府がいうところの平和法制のことです。」ということをちゃんと言ってくれなきゃ、縁側みたいなアホはまったく違う法案のことだと理解してしまうだろが。サービス悪すぎ。

 そーいえば、我が沖縄県の翁長知事閣下は、近く国連で演説するとのこと。おそらく米軍基地について不満をぶちまけるのだろう。それは翁長さんとそのゆかいな仲間が企画してるんだろうから、とやかく言うつもりはないのですが、沖縄の二つの新聞はたしか、集団的自衛権の行使容認に大反対してたよな?でもそれって、国連での見解ではどの国にも普通に持ち合わせてる安全保障の権利といちおうこの惑星では認識されてるわけで・・。国連を持ち上げたり、下げたりとお忙しい方たちですこと(ToT)/~~~

 従来の憲法解釈を変更する・・。それでサヨクは大発狂。う~~~ん、こうなったら100年後の解釈を先取りします!と言うしかないか(ToT)/~~~

  憲法を解釈するのは学者ではありません。もちろん慶応の小林節ではありえない。「憲法の番人」は最高裁ということになってますが、国民の皆さんはそこで「民主主義」を脳裏に浮かべなければいけないですよね。そうです、たしかに最高裁が判断ということになってますが、では彼らを任命してるのはだれか?ということ。そうです、我々国民です。簡単にいうと、「へんちくりんな解釈」をすれば、ベルリンの壁みたく、最高裁を大ハンマーでたたき壊してもいいのですよ。国民の総意に反していれば。

 中国がガス田開発を活発化してるという。それじゃあ日本は火星に油田探しに行くか。ってことができればいいのにね。というか、火星に移住できるのであれば日本だけ移住という手もある。早く住めるようにしてくれ。

  ということで、我が国は地球から逃げることはできません。なので、ってなのでかどうかは別として、町内会の夜の見回りも交代制でこなさなきゃならないし、見回りの最中に、同行してる者が襲われたら助けてやらねばならない。もっといえば、持ってるメリケンサックで暴漢の顔面に右フックをお見舞いさせなければならない。なぜメリケンサックかといえば、攻守に最適なアイテムだから。もちろん左手には高圧のスタンガンを持たねばならない。これは冥王星あたりでは常識でしょう。

 国内で、共通語を話し、文化的な価値もおおむね共有してるものでさえ、殺人やらの凶悪事件は頻発している。これが国外となると、もう常識そのものが違うわけです。共通してるのは「国益」。当然衝突することもある。それを、一国で対処するよりも、多国で対処したほうがいいに決まってる。個別的自衛権で対処しろ~、とか声高に叫ぶ野蛮人多いよね。少し前まで個別的自衛権の拡大解釈ってたしか公明党も言ってたけど、これほど恐ろしいことはないと思うよ。個別の拡大解釈のほうが、より大日本帝国に近くなるんだけど、野党の皆さん、それでい~~~の?(ToT)/~~~

  そもそも、憲法で自衛権云々はおかしい。だったら、日本国憲法の前文で一等最初に書く内容はこうだ。

  「我が国の憲法は、日本語で書く。それは、ひらがなとカタカナそれと外来語である漢字とする。」これを入れとく必要がある。あるよな。

  要するに、自衛権については憲法の解釈云々から解放してあげなければならない。軍隊の設置等についての文言があればよい。どうしても自衛権について憲法に入れたいのであればこう書け。

  「我が国は、我が国以外の軍事力を保有する国家およびそれに類する団体等を自衛のため滅亡させる権利を有する」(ToT)/~~~

  憲法は国内法です。人民解放軍は憲法の範囲外の存在です。その存在に対して憲法の解釈で右往左往してみても何の意味もない。だから憲法には軍隊の行動内容まで入れる必要はないし、それを違憲だなんだは太陽系の外で議論してもらいたい。

 ユーチューブ見てたら、富士山でコンサートしてカリスマの称号をほしいままにしてる歌手が安保法制について言いたい放題してたな。あんなの黙らせろよ。なにが餅は餅屋だボケ。だったら余計なことは言わずに、富士山で歌ってろよ、この勘違い野郎!

  いっときますが、自衛官が紛争等で命を落とす危険はあるでしょう。不幸なことですが仕方のないことです。それは警察官も、消防隊員も同じでしょう。「自衛隊の皆さんを死なせていいんですか?」なんて心にもないことを叫ぶババアが国会の前にいたが、おめーの命と「車社会」を天秤にかけたら、「車社会」のほうが重いんですよ(ToT)/~~~意味わかる?もちろん、縁側も同じだ。縁側が暴走する車に轢かれて死んだからといっても、車社会は明日も明後日も続いてく。

  安保法制のような問題について議論するとき「遠慮」は大敵でしょう。誰に何と言われてもという覚悟がなければね。「お国」を守る法律なんでしょ?遠慮がちじゃダメですよ。仮想敵国の名称なんかじゃんじゃん使い倒しましょう。近い将来、「専守防衛」なんて死語になりますように。

 そーいえば、ウルトラシリーズに出てくる「地球防衛軍」ですが、宇宙に出て他の惑星を侵略する意図はないので防衛軍なのですね。よって、常に怪獣が襲ってきてはウルトラマン等に守ってもらってる。3分で地球防衛軍以上の働きができるウルトラマンがいれば核保有の夢想をかき消してくれるだろう。ウルトラ兄弟全員集合で自衛隊もいらない。

  ちなみに縁側は、安保法制の中身をよく知りません。ですが、朝日新聞が反対してるというので賛成することにしてます。朝日新聞に乗っかると戦争で痛い目みますからね。70年前記事見るとそりゃひどいもんです。
 

  

↑このページのトップヘ