縁側の 「逆風って気持ちいい!」

 縁側です、よろしく。首里城周辺をうろついております(^^♪ 言いたい放題させていただくブログです。酒飲みで常識もへったくれもない、常軌を逸した者が綴るブログですから、ムキにならずにお読みください。 ご意見やご批判などはこちら→samy_0363@ezweb.ne.jp

 財務省の福田事務次官が、他愛もない言葉を発したということで辞任に追い込まれた。日本社会の閉塞感を垣間見る出来事ではある。これから裁判という段階ですでに「クロ!」こんな国に地位協定改定しろ~なんて言われても絶対に断るよな。

 セクハラについてですが、これは言うに及ばず、アメリカからの輸入品。何度も拙ブログで言ってますが、アメリカからの輸入品は粗悪なものばかり。その最たるものが憲法。左翼のクソ連中は民主主義もいただいたといってるが、そんなのもらった覚えはない。すくなくとも縁側は。日本には合わないからね。
 さてそのセクハラ輸出国のアメリカですが、ではセクハラはないのか?というと、メチャクチャ多い。社会問題でもある。女性に対する暴力なんかも日本の比じゃないからね。ネットで調べてみると、なんでもアメリカのセクハラ裁判では被害者が少しでも相手の言葉に同調したり、「言葉遊び」をしてるようなら間違いなく加害者は無罪。それに不満をもつリベラルな人たちが多いようだが、そのあたりアメリカは偉い。加害者とされる人の人権にも配慮されている。民主主義国家ということだな。そんなアメリカから輸入したセクハラで財務省の事務次官は辞任に追い込まれた。なぜこんなに気持ち悪い世の中になったのでしょう。おそらく性差を無視した言葉だからですね。
 拙ブログでも言ったことあるけど、昭和の時代、セクハラという言葉がない時代には女性の危機管理は親や周りの同性が教えた。今は「多様性」の名のもとに誰も教えてはくれないよ。ピンクレディという女性のコンビがうたっていた「SOS」という唄の出だしを紹介する。「男は狼なのよ、気をつけなさい。年頃になったなら慎みなさい。羊の顔していても心の中は狼が牙をむくそういうものよ。この人だけは大丈夫だなんてうっかり信じてはダメダメ・・・」というヒット曲があった。おそらく現代女性に聞かせたら「は?うけるんですけど・・」ということになるのだろう。だから被害にあう。昔に比べて強姦は減ったという。当然だ。慎まない女が多いので簡単にセックスできるんだから強姦は減る。そんな中でセクハラという言葉を持ち出して男の側にすべての責任を負わせて言い訳でもしようものならセカンドレイプ!だよ。こんなダブスタというのか二極化というのか知らんが、異常だということだよ。女は痴漢の被害にあうから男女別々の車両を設ける鉄道会社もでてきたんだろ?ちゃんとわかってるじゃねーか。なのになぜ「男は女を手籠めにしたい動物だ」ということを理解しない?実は女の中にも性を売って生活してる者もいるから。それは飲み屋のホステス、風俗、モデル、芸能人などなどで、そのどれかかあるいは全部にお世話になってる男が世の中を動かすんだからな。若い人達の感覚はおじさんとは違ってきてる、なんて寝ぼけたこと言うのがいたが(たしか共同通信の朝鮮系柿崎だったか)、根は同じ。違うのは今どきの男は男女で何でも話し合い、いっしょになかよく生活していく。もちろん生活費も折半。家事育児も折半。昔の男は、「家族の生活は俺がみる」家事はたまに、育児は全然というところだろう。でも今より離婚は少ない。というより今どきは既婚者が減ってきてる。その現状の一端に男女の関係性を捻じ曲げたこともあるんじゃねーの?と止めどもない話になりましたが、輸入元のアメリカでさえセクハラは減らないことに早く気づいてこんな言葉は死語にしちゃえばいい。それからセクハラに過剰に反応する女は飲み屋のおねーちゃんとこに客として行って勉強するべきだ。それさえできないなら「永久就職」して専業主婦になったほうがよい。もちろんそれができる収入のある男のとこに嫁ぐしかない。
 実は、このセクハラ疑惑の件ってさ、日本が抱えてる病気みたいなものなんだよ。地上波でよくやってる「すごいですね日本」みたいなの最近多いでしょ?あれも根は同じ。外国人から見た日本とは言うけれど全然日本目線(^.^)/~~~ あんなの見ない方が良い。目と耳が腐る。新手のオナニー番組ということだ。
 この前未成年の警察官が上司を銃で撃ち殺しましたよね。あれも今回のセクハラ疑惑と根は同じ。
キーワードは「甘え」。
 縁側は前から拙ブログでも言ってるように「拳銃持ってるおまわりさんには絶対に逆らわない」。当然でしょ。相手はチャカぶら下げてるんですよ。警察24時とかで暴言吐いてる人でてくるけど、あれなんか甘えの典型。
 例えば皆さん、タイムトラベルで江戸時代に行って道行くお侍さんに喧嘩売れる?大ダンビラ抱えてるよ?と、そーいうことです。ところが現代はさらに強力なチャカを持ってる者に暴言吐けるわけ。甘えでしょ?だから撃ち殺す素振りくらいはしたほうがよい。もちろん米国から輸入された民主主義というものを信じないことが前提です。警察官はおまわりさん。軍人は兵隊さん。役所はお上。それが死語になると日本はさらに住みにくくなる。だいたいね、海外に留学したとかいう連中の話の大半は嘘だと思わなきゃ。って実際に嘘なんだけどね。最近ではセクハラ疑惑の件で「アメリカでは・・・」とかいう連中いるけど、嘘だよ。アメリカの男は日本人以上に女を蔑視してるよ。給料なんか渡さないって。女にはカードを持たせてそれで生活させている。その明細を逐一チェックするのはもちろん男だよ。プロテスタントの家なんか日本の昔の頑固おやじの比じゃねーからな。飯なんかオヤジがテーブルに着く前に食ってみろよ。折檻だよ。大草原の小さな家のオヤジはケツをムチでぶっ叩いてたよな。
 だいぶ脱線しましたが、ようするに「甘えるな!」ということです。てめーの意思で夜な夜な会っておいて、おっぱい触っていい?でセクハラだ?女をホテルに誘う自由も含めてこれらのやりとりは極めて人間的でいいじゃないか。胸のことを「お胸」だぞ!どんだけ上品なんだよ。縁側なんか子供の頃から夜になって壁のあるいわゆる普通の部屋にいるとオナニーするようにオートマチック化されてたからな。福田さんは紳士だよ。
 ということで、日本にはセクハラなどという「言葉遊び」は必要ない。ほんとに性的被害を受けてる者からすれば、こんなもん「言葉遊び」でしかない。


 来年二月に韓国(南朝鮮)で開催される平昌五輪ですが、ネット上では様々な問題点があると指摘されております。されど、そこは韓国。急ピッチで開催に向けて準備が進められているようです。

  そんな韓国で世論調査がありました。

 朝鮮日報日本語電子版2017年6月20付より引用 

「平昌冬季五輪は成功する」 韓国国民63%=前回調査より上昇

 

【ソウル聯合ニュース】2018年2月に韓国で開催される平昌冬季五輪に対し、成功を見込む韓国国民が増えていることが分かった。新政権発足がプラスの影響を及ぼすと期待する人が多い。

 文化体育観光部が20日、世論調査会社を通じ5月26~27日に全国の15~79歳、1000人を対象に実施した平昌冬季五輪・パラリンピックに関する世論調査の結果を発表した。平昌五輪の開催を知っていると回答した人は973人で、このうち62.9%が「成功するだろう」と予想した。4月に実施した前回調査の55.1%を大きく上回った。成功するかどうか懸念されるとの回答は7.2%で、前回調査(14.2%)の約半分に下がった。

 回答者の69.7%が「新政権発足が開催成功に肯定的な影響を及ぼす」と見込んだ。政権発足初期は熱意に満ちていることや、大統領に対する信頼、業務処理への信頼・満足、スポーツ界のイメージアップなどを理由に挙げた。

 成功させるために最も重要な要素を問うと、61.8%が「国民の広い関心」と答えた。競技インフラ(17.9%)や訪問客の利便性(10.9%)などの回答も多かった。

 ただ、平昌五輪に関心がある人は40.3%で、4月の調査(35.6%)より高いものの、いまだに50%にも届かない。会場まで観戦しに行くとの回答も8.9%にとどまった。

 また、五輪開催を認識する人のうち、五輪に続きパラリンピックが開催されることを知っている人は65.9%で、関心があるとの回答は25.7%にとどまった。

 文化体育観光部は12月までこうした世論調査を重ね、結果を政策に反映させる計画だ。(引用おわり)



   「成功するだろう」・・・・・62.9%ですか。成功するかしないかを調査するあたり朝鮮人らしいですね。「成功」の定義は何?(-_-)/~~~ピシー!ピシー! どーせ銭だろ。


 この記事で最高なとこは、「会場まで観戦しに行く・・・8.9%」 それを世界では失敗と呼ぶんですよ、朝鮮の方々!


 だってね、朝鮮まで冬季五輪見に行く外国人って、メチャクチャマニアックな人でしょよ。K-POP好きも微少にはいるかもしれんが、何しに行くよ、韓国に?あっ、犬が食いたい人は行くよな。


  関係者と選手とその家族以外で、外国からの客をあてにできるのか?疑問だな。


 あと、五輪に関心ある人が40.3%って、おいおい、自国開催ですよ~~朝鮮の皆さん。


  ソウル五輪でも問題あったし、サッカーW杯でも大問題。IOCの連中は、朝鮮人が五輪を開催するレベルだと本気で信じてるのでしょうか・・。笑っちゃいます。


 こいつら朝鮮人は二言目には「朝鮮民族が団結して先進国に!」なんて言ってるくせに、五輪に関心あるのが4割ですからね。まぁ、こいつら国民のほとんどが認知バイアス患ってるらしいからな。準備不足でも「成功する」と断言できちゃう優秀な頭脳をお持ちなのです。


 それとね、朝鮮人は世界でも有数なレイシストの国ですからね。それと身体に障害を持つ人への差別がすごいと聞いたな。こんな開催国ですから、パラリンピックに出場する選手が気の毒に思えるよ。


 それと、日本選手団に対するイヤガラセは確実にあるだろうから、そのあたりのことは事前にメンタルケアしてたほうがいいな。朝鮮人は日本人には何をやっても許されると思ってるだろうからな。飯なんか、ビュッフェ形式以外は食っちゃダメですよ。それは絶対にダメ。そこは朝鮮の地だということを自覚して行動しなくちゃいけない。


 朝鮮人のことですから、日本人が食うとわかると、筋肉増強剤かなんか一服盛ることも考えられる。ドーピングだな。身に覚えがなくても検査で出りゃアウトだからな。細心の注意が必要だ。


 まぁ、朝鮮人が成功すると思い込んでるんだから、世界が「最低だった」と言っても、聞く耳はないだろう。


  実に恐ろしきは認知バイアスということだ。ちなみに認知バイアスの発作を火病というんだろうな(-。-)y-゜゜゜


 六月に入り、最近遅ればせながら梅雨らしくなりました。そろそろ梅雨明けだと思った矢先でしたね。「なんで今頃?」などと皆さんもそう感じたんじゃないですか。

  六月といえば、沖縄の学校では恒例の「平和学習」なるものが行われております。これは、昭和二十年六月二十三日に牛島司令長官(陸軍大将)が自決されたのではないかとされていることから「慰霊の日」として県内の学校・官公庁が休みとなり、多くの戦没者に対し慰霊の気持ちを表す日と定められており、それに合わせる格好で行われているんですね。

 まぁ、縁側は、個人的には殊更強調しての「平和学習」というものは無意味だと思っているので、それには否定的なんです。

  例えば、オーソドックスな「平和学習」といえば、近所で沖縄戦を「体験」したじーさん、ばーさんを学校に呼んで、子供たちの前で、悲惨な話をするというもの。当時の苦労話なら許せますが、悲惨な出来事を今を生きる子供たちに強制性をもって教え込むことが「平和教育」となっている。まったく無意味だし、というより逆効果ではないか?

  「平和学習」イコール「戦争絶対反対」となる。これでは逆効果でしかない。もちろん縁側のように出来の悪いガキは先生のいうこと聞きゃしないので洗脳されずにすみますが、マジメに取り組む子は辺野古に行き、翁長知事閣下に投票するバカになってしまうのです。そう、バカになったのが今現在の沖縄県民です。バカが多いから翁長閣下は当選できたのですからね。世代間の差はあるものの、ノータリンが多いことには変わりない。

 前にもエントリーしたけど、小学生の子に人が殺しあうことを言って聞かせることは正しいことなのか?という問いを誰もしない。多くの一般住民を巻き込んでの陸上戦は国内では唯一ですから、何か伝えたいという気持ちは、わからんでもないが、年端もいかない子供に「顔を突き合わせての殺し合い」の話をしていいのか・・・大いに疑問だな。というより縁側は否定します。

 あとね、「戦争体験」ということですが、戦時中の事実関係がはっきりしている年齢が例えば十五~六歳くらいとすると、現在の年齢は、八十代の後半ということになる。これ最低ライン。いちおう暇な人が多いでしょうし、必要とされているという喜びは何物にもかえがたいでしょう。ですから中には七十代で幼児だった方でも呼ばれれば行く。話す。そして、沖縄人の特徴のひとつである大袈裟な物言いをするでしょう。子供たちが恐怖におののくくらいのことを話す。意味あるんか? 辺野古に行く一般のじーさん、ばーさんも活動家の連中に必要とされている気がして足しげく通ってるんだろう。「孤独」に連帯感は、真夏のビールより美味なのだろう。

 縁側は、じーさん、ばーさんらから話を聞くことを否定はしない。ですが、それを学校でやることに違和感があるということ。教職員組合はこの時期はとにかく子供たちを洗脳しようと躍起になります。話す内容も殺し殺される話よりも、いかに生き延びたか、食糧はどうしていたのか、戦前はどうだったのか、戦後はどう変わったのか、という内容ならば全然いい。悲惨過ぎる話は逆効果です。お願いだからやめてください。

 ちなみに、米軍に原爆を投下された広島市と長崎市でも「平和学習」はやってるようです。

 ただ、沖縄と違うのが、広島市などは、通年学習なんですね。「この時期」に限定しておりません。被爆者の方を呼んで話を聞くというスタイルは同じようです。長崎市も広島とだいたい同じような取組をしていて、もちろん教職員組合などがネガティブにネガティブに見る子の育成に余念がないのは沖縄と同じでしょう。

  沖縄と広島・長崎の「平和」についての決定的な違いは、沖縄は「慰霊の日」を祭日にして、官公庁や学校が休み。広島市・長崎市もたしか同様に官公庁が休みだったと記憶してる(あやふやです)が、学校に関しては違います。そう八月は夏休み期間中ですので、もともと休みですが、「登校日」となっている。もちろん教師も登校します。この違いがわかりますか?沖縄の慰霊の日は、一部の人を除いて、「単なる祭日」。子供たちも大人も行楽地にGO!「戦争終結の日?ああ、そんな感じの日だよな」・・・。休みにする必要はないはずだ!!!

 ちなみに縁側は、毎年早朝に、護国神社にお参りしてきます。誰もいないほうが落ち着いてていいですからね。

 辺野古の乞食どもはどうしてるのでしょうか・・。彼らは唯物論者でしょうから、神社仏閣へ足を運ぶということはしないんでしょうね。

 「平和学習」をする側の連中が、ノータリン沖縄県民ですから、とにかく無駄な学習であり、逆効果しか生まないということだ。そんなものやめておけ!

  

 


 昨日のプライムニュースに憲法学者の百地章氏と、東大井上達夫氏、東大憲法学者の石川健治氏が議論(と呼べるのか疑問だが)したのが、憲法9条問題。安倍総理が3項加憲というからめ手を言い出したことでの議論だが、縁側は、先のエントリーでも述べたが、井上達夫が嫌いだ。落ち着いたらケジメを取りに行きたいと思ってるのですが、今回の議論では、井上の完全勝利でしょう。百地は何が何でも安倍シンパの立場から、石川は何が何でも日本国憲法アンタッチャブルの立場。底が見えてるから井上に太刀打ちできない。

  縁側も、基本的には、9条完全削除がいいと思う。が、徴兵制に関しては無理。兵役の義務までが限界でしょう。もちろん、スイスのように永世中立の立場に国の立場を変えるのなら話は別。井上の議論は中立国の立場でしかなりえない。そうでなければ、無残な結果になるでしょう。つまり戦争犠牲が大きいというリスク。

 保守派も、左翼の理解を得ようと思うのなら、「永世中立」を議論の俎上に載せることはあっていい。もちろん、国会議員のレベルは無理。保守の論客がメディアで議論することが大事。永世中立のリスクが経済に波及することは避けられないので、そのあたりのリスクなどを議論してもいいと思います。

  9条削除はいいと言いましたが、縁側はもっといえば、成文法たる憲法自体不要だと思っておりますので、9条削除も本音でいえば些末な話。

  天皇の皇位継承に関しても、時代の変遷による人々の考え方に皇位が委ねられるなど論外。よって、皇室をお守りするには、不文のほうがよいと考えます。成分は国民が変えることが可能。不文(慣習・伝統)は、変えられない。なぜなら過去に戻り改革することは不可能ですからね。

  山田宏議員が素晴らしいという話もありますが、憲法は変えられます。このような議論が出ること自体が危機なのです。ですから、教育現場での御皇室の在り方を議論ではなく、押しつけるのです。こういうものだと押し付けることが最も大事なことです。この件に関しては徹底的に押し付け教育でよい。へたに学のある連中に議論させたらロクなことにならない。

  つまり、天皇は神聖にして侵すべからず、なのです。それを憲法に明記などしてはいけません。改憲の憂き目にあいます。

  例えば、我が国は「日本」という名称だと憲法に明記されてる?「にっぽん」、「にほん」どっちが正しいとか明記されてるか?ないよな。それと天皇は同じだという感性が我が国の国民教育に必要不可欠だということです。

 クソ左翼たる我が日本共産党が手を出せないようにしなければいけません。不文でいいんだ。

    上のプライムニュースはこちら

 まぁ、井上達夫の評価が上がってしまったことは確かだ。でも許さんけどね(-。-)y-゜゜゜


 アジアチャンピオンズリーグで済州とかい蛮族と浦和レッズがいちおうサッカーの試合をしたのですが、途中から、「あれ?俺らの真骨頂はサッカーじゃないよね?」ということに気づいた済州は蛮族としても本領を遺憾なく発揮しました。これにより、アジアサッカー連盟から処分されたわけですが、なんかとんでもないことを言い出しているようです。さすが朝鮮人というところでしょう。


    「我々もリスペクトされる権利がある」 済州が韓国紙で衝撃の主張 CASに控訴の強硬姿勢

       AFCの処分に不服の済州、「最後の最後まで諦めないという立場」と韓国紙

 済州ユナイテッド(韓国)は、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の浦和レッズ戦で、数々の蛮行を起こしアジアサッカー連盟(AFC)から選手やクラブへの処分が下された。納得のいかない韓国チームは暴力事件の一方的な加害者となったが、海外メディアからの批判にも関わらず、「我々もリスペクトされる権利がある」と驚きの主張を展開。スイス・ローザンヌのスポーツ仲裁裁判所(CAS)に処分軽減を求めて控訴するという強硬姿勢を打ち出している。韓国紙「東亜日報」が報じた。

 5月31日に行われたACLラウンド16の浦和との第2戦で、済州は3失点を喫して2戦合計2-3と逆転負け。数々の暴力行為を働き3人の退場者を出すなど、その蛮行により世界各国のメディアからの非難を浴びた。

 AFCから最も重い処分を受けることになったのは、後半36分に2枚目のイエローカードを受けて退場となりながら、試合後にピッチに戻って乱闘騒ぎに加わり主審に危害を加えたチョ・ヨンヒョンで、6カ月間の資格停止と制裁金2万ドル(約220万円)。浦和MF阿部勇樹に対してジャンピングエルボーを見舞い、騒動の発端となった控えDFペク・ドンギュは3カ月間の資格停止と制裁金1万5000ドル(約165万円)、浦和DF槙野智章を追いかけ回すなどしたDFクォン・ハンジンには、2試合出場停止と制裁金1000ドル(約11万円)の処分となった。また済州に対しては、4万ドル(約440万円)の制裁金が科されることになった。

 だが、済州はこのAFCによる処分を不服とし、処分軽減に必死だという。記事では「済州FCは最後の最後まで諦めないという立場だ。クラブと選手に対する処分を命じる正式文書が届いた直後、AFCに調査書類を送付している。処分は仕方ないが、その(処罰の)水準があまりに高すぎるというものだ」と報じている。

無罪の主張こそ控えているものの…

 世界中に衝撃的な蛮行は伝わった挙句、AFC側は処分を下した際に済州選手の主審や他の選手に対する新たな暴行の事実をつまびらかにしたが、この期に及んでも「処分が重すぎる」と主張しているという。

 記事によると、済州はAFCと国際サッカー連盟(FIFA)の規約確認を進めているが、AFCが異議申し立てを受け入れない場合、さらなる減刑措置に打って出るという。

「済州のチームは処分自体を撤回させるよりも、処分を軽減することに集中している」と指摘。欧州各国メディアやアフリカでも批判を浴びた済州は、さすがに無罪の主張こそ控えているものの、「もしも控訴がAFCに認められなくても、スポーツ仲裁裁判所に控訴することを検討するだろう」として、国際オリンピック委員会が設立した世界最高の仲裁機関に減刑を求める方針だという。

 アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、フランス、イタリア、南アフリカメディアで断罪された済州だが、クラブ幹部の衝撃発言が紹介されている。

反省より尊厳の回復を求める済州

「我々はベストを尽くすつもりだ。浦和と審判だけではなく、我々もリスペクトされる権利がある。選手の尊厳を見出さなければいけない」

 主審と浦和の選手、スタッフに一方的な暴力に出た済州だが、反省よりも加害者となった自分たちの尊厳の回復を求めるという主張に出ている。AFCの処分決定で一度は収束を見ようとした韓国チームのスキャンダルは拡大の一途をたどっている。(引用元:ライブドア)



    どうですか、やはり朝鮮人はやっちゃう民族なのです。誰ですか?「ちゃんとした人もいる」なんて言ってるボケは。いませんよ、一人も。


  そもそも、朝鮮人が、国際試合をなんてこと自体が問題なんです。イラクも近々サッカーの親善試合するそうですが、やめたほうがよい。ケガするだけですよ。彼ら蛮族は、地球上の国々のルールなんて屁としか思ってないですしね。いざとなったら、蛮族の本領を発揮してきます。


  もしかしたら、試合途中で腹が減ったら食われるかもしれませんよ。フクラハギあたりを・・・。


  この朝鮮人という連中を、国際舞台から締め出さねば、秩序というものが不安定になります。政治然り、スポーツ然り、芸能然り、文化然り・・・・。


  どこをどうみても、劣等民族なんてものじゃなく、蛮族でしょう。未開人に文明を見せるからこうなる。


  日本はACLから脱退したほうがいいと思います。でなきゃ、蛮族を締め出したほうがよい。


  こいつらに文明は千年早い。

↑このページのトップヘ